あたまのなか このページをアンテナに追加 RSSフィード

すべてはあたまのなかのできごとです

2008-01-30

10年で1億円ためる方法

| 02:39 | 10年で1億円ためる方法 - あたまのなか のブックマークコメント

1. 野球でがんばってプロ入りする。

  さらにがんばって1軍定着。

  3割30本ぐらいいければ1億ぐらいいくんじゃないかな。


2. サッカーでがんばってプロ入りする。

  さらにがんばって日本代表入り。

  よくわからないけどマスコミから「貢献」という評価を得て

  3年くらい維持できれば1億くらいいくんじゃないかな。


と書くと難易度が大体理解できるかもしれない。

2008-01-29

どこまで勉強すれば~~を語れるか問題

| 18:21 | どこまで勉強すれば~~を語れるか問題 - あたまのなか のブックマークコメント

最近スティグリッツ入門経済学を読み始めた。

この本が正しいかどうかは読み終わった後に考えることにして、

教科書っぽい本を読むのは久しぶりだ。

よくよく考えると経済をきちんと勉強したのは、

高校ぐらいが最後で、

それ以来は体系的な学習としては何もしてなかった。

なんでいまさらこんなことをはじめるかといえば、

もっと経済を知りたいし、語りたいからだ。


こういうことって経済だけじゃなくて他のことにもいえると思う。

コンピュータ言語関係なんて特にそうだ。

動くものを作ることはネットを探ればそれなりにできる。

ただ語るのはそう簡単にはできないと思う。

勉強して勉強して

いつの間にか語れるようになってた。ぐらいが普通だと思われる。


ただ、もう語れるレベルとか言うのは危険

いつでも

どこまで勉強すれば語れるのかな

という気持ちが大事。


今俺には語れるものなんてほとんどない。

だから勉強する。

2008-01-28

限界への挑戦について ※飯時注意

| 11:31 | 限界への挑戦について ※飯時注意 - あたまのなか のブックマークコメント

マラソンとか駅伝とかよく生中継できるなと思う。

人間限界に挑戦するスポーツはかなりグロい側面が

出てしまう可能性が高いのではないかと。

人なんてばたばた倒れるだろうし、

げーげーしまくるだろう。

限界を超えてしまうことなんて当然ありえるのだし。


他の競技も表立ってでてないだけで、

相当グロい。


当時高校生だった俺らのサッカーチームで

ゾーンプレスをやったときは悲惨だった。

終わった後ベンチ裏でみんなはいてた。

グランドの上でだれもはかなかったのが奇跡だと思った。

きっと他のみんなも我慢してるんだろうな。

2008-01-25

出退勤管理

| 18:33 | 出退勤管理 - あたまのなか のブックマークコメント

なんかあれは未読が減ることで仕事をサボってるのがわかる

というよりは、

ものすごい速度で未読が増えることにより、

しょこたんブログを購読しているのではないか

という疑惑を抱かせる

機能のほうが強い

| 18:25 | 欲 - あたまのなか のブックマークコメント

俺は食欲に対しては強い。

食べなくても死なないのであれば、

食事なんて絶対しない。


対して眠気には勝てない。

すごい眠いと思ったらもうどうしようもない。

病気かなと最近思う。

夜寝るときは毎回気絶に近い。

電気を消してしっかり寝るということのほうがまれで、

本を読んでる間に寝てしまう。

寝ようと思って身構えると眠れない。

やっぱこれ病気じゃないか。


ほかはまあだいたい普通だと思う。

本について雑感

| 13:11 | 本について雑感 - あたまのなか のブックマークコメント

久々にはてブを見て思ったのだけど、

某人が紹介した本をブクマしたあとちゃんと買って読んでるのかな?


俺は結構買って読んでたのだけど、

某人の書評があまりに的外れなものが多かった。

個人的な感覚については差があって当然なので、

そんなものかなと思っているけど、

実際他の人はどうなんだろ?

脳みそに直付け

| 12:53 | 脳みそに直付け - あたまのなか のブックマークコメント

考えたことがすぐエントリになって流れるシステムがほしい。

めっちゃ出力されるんだろうな。

ネットを埋め尽くすんだろうな。

そのほうがいい。

コーヒー

| 12:31 | コーヒー - あたまのなか のブックマークコメント

コーヒーブラックに限る。

砂糖を入れる手間とミルクを入れる手間を考えれば、

多少苦くても我慢できる。

2008-01-24

最近読んでいる本

| 13:21 | 最近読んでいる本 - あたまのなか のブックマークコメント

自分で忘れないようにメモ

Amazonとかの情報を貼り付ける気は無いので、

参考にしたい方は検索して情報を得てください。

不親切でごめんなさい。


○ITにお金を使うのは、もうおやめなさい

昨日買った。

この本は2005年に出た本なのだな。

まだ最初の方しか読んでいない。

論文に書き加えたものなので、

序文が論文っぽい。導入がなげぇ。

でもまあまあ面白い。今後の展開に期待。


新書太閤記 五巻

長篠の戦いを終えて、

備前にて毛利家とバトル中。


イスラエルロビー

上巻終了。

なるほどと思わせる部分は多い。

中東情勢について考えるとき、それはイスラエルのせい、

というのがマイブームになるかもしれない。

いやならないか。

とりあえず傍若無人なあの国がなぜ今日もあり続けるのか、

その手がかりにはなりそう。

宗教的問題は難しいので個人的には答えを決め付ける気がない。

参考としてはいい本である。


若者を見殺しにする国

まだ読みきってなかった。残り4分の1ほどまで読んだ。

他の本と違ってすごくくだけた感じの文章。

ブログ体とでもいうべきか。

良さは、読みやすさだろうか。

口語体ベースなので、すらすらと読める。

悪さは、例えがおかしい、冗長しすぎ。

結論にたいして前段階が長すぎる傾向がある。

3ページまたぎで結論これか、というのも多々あったりする。

内容については文字が多いせいか、

言いたいことは結構わかる。

わかった上で自分はどうしようか、というのは読んだ後に考えようと思ってる。


行動経済学

かなり興味深い。

というのも感情というものを経済を通して

数値化、数式化されている点がすごくおもしろい

人は得ることより失うほうが何倍過剰に反応するとか、

0%~30%は人は過大評価しているとか、

全部数字になっている。

まだ読み途中。だらだら時間をかけて読みたい。


他にも積まれてる本や、読みかけの本もたくさんあるけど

とりあえずこんなものか。

tumblr雑感

| 12:10 | tumblr雑感 - あたまのなか のブックマークコメント

tumblrを使ってて確かにこれは、

著作権的にはどうかと思ってはいた。

俺は主に引用にしかつかってなくて、

reblogもしないし、

ブックマークの延長線の用途で使っていた。


文章の場合は抜き出し前後が気になるので、

引用元のブログなりサイトなりにアクセスするけど、

絵とか写真になると確かに見に行かないかもしれない。


昨日読んだエントリのなかで、

エントリ作者の意欲がなくなって

いずれ post するエントリがなくなるぞ」

というものを見かけた。

あぁこれどっかでみたことあるな、

と思ったら、Jasrac問題でよく見かける。


なんか結局はこういう論点というか問題になるは、

人の業がかかわっているのではないかと思ってしまう。

どうしても許せない感情を抑えきれないのだろう。


だから解決法なんてないんだろうね。

歩み寄りというのもない。

俺は人が嫌がることはあんまりやりたくないから、

そのうちやめるかもしれない。

2008-01-23

なんとなく思ったこと

| 11:54 | なんとなく思ったこと - あたまのなか のブックマークコメント

景気がよかったんだか悪かったんだかわからない状態から

悪い状態になるようだ。

また雇用面において新卒採用数が減るんだろうなと思うと、

感慨深いものがある。


ネットを読むと当然ながら

エンジニアは~~」みたいな文面が出てくるが、

世の中エンジニアだけではない。

また、エンジニア過大評価している面も見られる。

どこの世界もそんなに大して変わらん。

夢を見せるのはよいが、

それをどう実現させるのかまで、責任を持って発言するべき。


ITは残念ながらもう一般化してしまったので、

大きな進展は無いだろうなと思う。

どうやってお金を生み出すかを考えれる人が、

大きな地位を築くのだろうな。

技術力が高い人が優遇されるかどうかはわからない。


ITゼネコンとはよい意味で表現されていないが、

職人世界として建築はIT業界未来像として、

想像やすいなと思う。

腕のある、技術力のある親方がいて、

弟子がいて。

でも元受はゼネコン業者で、

しわ寄せは下に来る、みたいな。


もうすでになってるような気がするけども、

最終的にいきつくのはそこかなと。


エンジニアの反乱はおきるのかな?

2008-01-21

忘れてはいけないこと

22:13 | 忘れてはいけないこと - あたまのなか のブックマークコメント

人間の思考はまちがいなく偏っている。

自分の都合の良いほうにしか考えない。

都合の悪いことは見てみないふりをする。


この辺をしっかり考えることが、

次のステップである。


なんだか最近

「人間の心は石器時代から何も変わってない。

道具が進化しただけ。」

という言葉が胸につきささる。

2008-01-16

外部要因

| 22:13 | 外部要因 - あたまのなか のブックマークコメント

人の個性と同じくらい、

あるいはそれ以上にその人が置かれている環境というものがある。

同じ行動をしたとしても

その外部要因でだいぶ結果が変わってしまうのではないのか。


成功する10の方法、

みたいなやつが全然信用ならないのはこのせいだ。

きれいにまとまっているものほど、

外部要因については考慮しないことになっている。


理系文系に分けることはあまり好きではないのだが、

ある程度の実験をやったことのある理系の人ならば、

外部要因がいかに大事かわかっているはずだ。

実験器具の半分以上が実験環境を整える機器であって、

実験を行うための装置より多い。

そしてそれは非常に高価なものである。

それは外部要因が及ぼす影響が無視できないほど大きいということを

物語っているのである。


だから、成功でも失敗でもよいから、

こういう状態のときに、こういう行動をしたら、

こういうことになりました。

というのを10個書いてもらったほうが

俺にとってはものすごくありがたい。

残念ながら文章では詳しく書いてあるものが少ないので、

結局直接人に聞くことになる。

コモディティ化といえば

| 21:59 | コモディティ化といえば - あたまのなか のブックマークコメント

努力についてもコモディティ化するのではなかろうか。

だれかがした努力や、

みんながしている努力

コモディティ化してしまって価値がない。


努力すれば報われる、

努力はこのコモディティ化した努力であってはならない。


とするならば他者から教えてもらった努力の方法は

すでに他の人がやっているし、

本から得られる努力の方法についても、

他の人が知っている、もしくは実践していて、

コモディティ化している努力法なので、

その努力が報われるとは限らない、

もしくは報われない。


俺はそう思ってる。

だから他人の成功体験など少々参考にする程度にしかならない。

日記をこっちに書こう

| 18:46 | 日記をこっちに書こう - あたまのなか のブックマークコメント

日記って連続した文章にならないと思うわけで、

そうすると断片化するので、こっちかなと。

もうあっちは技術的なことを記述する場にしよう。

そうしよう。


なんかずっと前もそんなことをいった気がする。

堂々巡りだな

いらいら

15:40 | いらいら - あたまのなか のブックマークコメント

いらいらするなぁ


頭で考えていることをアウトプットしてる時間がいらいらする。

もうすでに考え終わっていて、

アウトプットするだけの状態はいらいら。


考えたことがぱぱぱっとできればよいのに

雑誌選び

14:04 | 雑誌選び - あたまのなか のブックマークコメント

毎週NewsWeek

東洋経済ダイヤモンドのどちらかを買って読んでる。

見出しで選んでるのだけど、

最近東洋経済の方が多い。


というのも、

ダイヤモンドは読みやすさを重視しているせいか、

文字のフォントがでかい。

あとゴルフの特集記事みたいのが載ってる。

対象年齢が高めなのかな。


フォントがでかいと読みやすいのだろうけど、

俺は嫌い。

一ページあたりの情報量が減ると、

無駄にページ数が多くなるのでいらいらする。

びっしり書いてほしい。

経済人も少しは賢くなってきたかも

13:54 | 経済人も少しは賢くなってきたかも - あたまのなか のブックマークコメント

Appleの話題一色な日本だけども、

Apple株は下げている。

株持ってるやつが、

あれは俺がほしくないから売れない、

だから株を売る。

と判断したのかもしれん。

そんな妄想

2008-01-10

サボりだすときりがない

15:47 | サボりだすときりがない - あたまのなか のブックマークコメント

なんか継続的にブログ書いていて、

それでいていいことかいてるなぁ的な人が結構いる。

憧れの存在である。


多分普段からサボらない人なんだろうな

勝手に推測する。

俺はすぐサボるからな。

2008-01-06

なぁなぁ

17:57 | なぁなぁ - あたまのなか のブックマークコメント

だまされたと思って

生きてみると

まぁまぁなっとくできる。

だまされつづけて生きております。

生きてればいいことあるかも、

ってやつにね。