Hatena::Groupfragments

mtx-hoge

2006-08-25

全部書く根気はないけどこんだけ書けばわかる?

|  全部書く根気はないけどこんだけ書けばわかる? - mtx-hoge を含むブックマーク

「…つまりね、銀の髪のひ弱な女たちが、長命の秘訣を求めてこの村を繰り返し訪れていることは事実で、その女と結ばれるとひ弱な子供が生まれてしまうというのも事実だ。その女を巡る争いもあった。で、勘違いしないでほしいのは、魔女サークラというのは、それら一定の現象に便宜的につけた名前だということだ。東洋ではこれを妖怪というそうだが。」

「言っている意味がわからんぞ。結局すべて事実に基づいているのだろう。水を操ったというのも、男を惑わせたというのも」聞いていた村人の一人が言った。

「村に来る銀の髪の女を魔女サークラだと名付けてしまえば、事実というか、一定の傾向はある。客人にはふだんより多く茶を出すから茶をこぼすかも知れないし、かまった男は見慣れぬ外見の女にまいってしまうかも知れないし、誰かが魔女と呼べば誰かが守るだろう。言い伝えはそういうこと全てをさして、村が乱れるもとであるから気をつけるように、と言っているんだよ。魔女サークラは確かにいるが、それはいると思った者の中にいるだけだ。それ以上のことはない。彼女を指して魔女だと思うのはまったく自由だが、いい年した村の大人が集まって彼女が魔女かどうか議論するのは、子供に莫迦されるんじゃないのか?

「…こんな余計な言い伝えはなくてもいいんじゃないかと、私は思うよ。魔女サークラの言い伝えを知らないものが彼女に近づいて、過去の過ちを繰り返すかもしれないし、そうでないかも知れない。しかしそんなのは本人の自由だと思うけどね? 君はどう思う?」

そう言って、尻尾を振りながら、犬は村長の方を見上げた。

「まぁ…私は村長という立場があるからね。この村が滅びない程度には注意する義務はあると思っているよ。魔女の言い伝えで簡単にまるく収まるなら、それでもかまわない」

「ふん。まぁ、そういうことだな」

いや、

まぁそういうことは皆承知でいろいろ言ってるのだとは思うけども。しかし承知してたら「サークルクラッシャー現象そのままなのが興味深い」とかいう言い回しは出てこないんじゃないかなぁと。興味深いって、何だよあんたの興味って、そこから先まだ何事かご考察あそばされるわけ? という。「でたサークラ女w」とか言ってるのには何とも思わないけど「興味深い」というのはほんと何なんかなぁ。そこからなんか掘り下げるような興味はないんじゃないのか。当事者ならともかく。

よしんばど真ん中に「そのまんま」だったとしても、あぁ歴史は繰り返してるのかも知れないなぁ、という追認だけで、変えるべき問題ってわけじゃないだろう。

cinematiccinematic2006/08/25 18:18お久しぶりです。シブヤ系以降というよりAOR系以降からだと個人的には思っております。モテたい大人→モテたい若者、先生→生徒みたいな。

mutronixmutronix2006/08/25 22:40ども。あぁ、なんだろう…弾いてモテる→聴かせてモテる→センス勝負でモテる、というのがあって最後は両者聴いてるのが前提っぽいのかなと、今思いつきました。先生→生徒って、「こういうのがモテだよ」とかいってスティーリーダンを薦めるみたいな…?

nobodynobody2006/08/26 00:28先生→生徒って、カッチョよくてあこがれる感じの先生が、社会科資料室(とか愛車のプジョーとか)で David Byrne をかけてるのが聞こえてきて……といった類のシナリオは駄目ですか?

nobodynobody2006/08/26 00:38追伸(訂正して再投稿):あと「David Byrne は AOR じゃないやんけ!」というご指摘には文句なく従います。(Walter Becker を聴いている先生……というシナリオには現実感といったものが欠けてるような気がしたので名のチョイスに迷い、その結果テケトーにバーンさんを呼びました。すいません。
(↑つか「スティーリーダンそのままつかえばいいじゃない? ナゼふぇいげんデモナクべっかーナノカ! 語れないなら口をつぐんでいるべっきー!!」みたいなご意見をいただいてもしかたない。滑る駄洒落といい、多重に多重に、すいません)
ではでは。~

cinematiccinematic2006/08/26 16:16David ByrneはAORじゃないけど女と二人っきりの時には掛けたことあるだろ?で大体んがぐぐ言いますのでご指摘受けた際にはそのように仰って下さい。

mutronixmutronix2006/08/26 18:39と、とりあえず今日ツタヤが半額だから借りてくる!