Hatena::Groupfragments

mtx-hoge

2006-08-23

まだ暑い

|  まだ暑い - mtx-hoge を含むブックマーク

1. ゲーム化

なんかベクトルが違うなーと。現実に起きたことをゲームがいかに反映しているか、という話は、つきつめると人生ゲームっぽいというか。「あるある」感のための遊びというか…。

おれがグラフ見ても面白いと感じない脳だからかも知れない。

2.文理

知り合いに大学であのなんか学際的領域というかそういうのをやっている人がいて文系理系というとものすごく怒るのだけど、うーん、そういう切れかたは「まぁあなたはそうかも知れないけどね」と特殊な例として片付けられてしまう魔力。

ていうかもーあのなんか、自分らで勝手に決めた定義でしかない「文」「理」のまわりに意味づけしてウニウニしてるのが意味不明。「関数電卓を使うのはどっちですかね?」とか知るかっつの。そりゃ自分で定義したいほうだろ。

…と、そのあたりに関してボコれる高機能なDISり文句を、探していま…せん。

なんつーか呪いとして機能するあたりが血液型に近い。まぁ自分もオレってO型だし文系なんですよねーハハハ、とは話題としては喋るがそれいじょう呪いを真面目に考えるものではない。

3.下書き

ゲーばなつづき。

自分と自分の周囲のみんなの購買力を含めても、傑作名作を全部フォローして最新事情についていく、という遊び方はできないな、というあきらめが、まず一つ。(環境としてかなり恵まれてるとは思いますが)

あきらめというかフラストレーションか。たとえば「蒸気の時代」が手元にあったら、それを遊ぶのに忙しくて、こういうことをぐだぐだ書く暇はない。

それから、このジャンルに対する認識の枠組みが経年劣化したこと。「こんな悩ましいゲームを作るのは誰だお前かクニツィーアめー」というネタ振りの様式美であれこれ言ってるのに飽きた。

そのあたりは、もう少しマニアックなデザイナーに拘っていくだとかいう方向もあって、今までの路線の延長でできることだとは思う。

ただ、これはそこまで長持ちしないと思う。始めた当時は、ゲームシステムの面白さもさることながら、その面白さを受容していく人間の面白さというのがあった。遊びを巡って新語や冗談を発明していくときのエネルギーというか。

同調圧力みたいなもの、と捉えちゃうと落としどころが決まってしまうような

|  同調圧力みたいなもの、と捉えちゃうと落としどころが決まってしまうような - mtx-hoge を含むブックマーク

ブクマコメントに書いたけども。

膝とか手を叩いてバンバンほげほげ、みたいなコンパゲームがある。あれをやらされそうになったときに「それって負けた人が呑んだりなんかするんでしょいやですよぉ」とか言って真面目になると不粋な奴と言われる。そういうことかなと思った。

自分の中ではそういうマジレスするまえに「それはオレの定義ではゲームじゃない」とか言って別の面白さの枠組みを提示でき…はいはいお前がゲーム作れ。

もし私が東京に行ったら…

|  もし私が東京に行ったら… - mtx-hoge を含むブックマーク

  • かなり日記に近い人間なので(日記以上の厚みがあまりない)喋っても面白くない。
  • 本気でなんか言われたら「いやぁすいません、すいません」と言ってるだけ
  • それでも一目会ってみたい人はいるし、ごめんなさいね、ありがとうね、くらい誰かに言いたいかも知れない
  • バッグにゲームを詰めて、長時間だらだらできる場所に持参して座ってるので、ちょっと会ってみたいと思っていただいた人、ちょっと会ってみたいと思っていただいた人が来るなら私も行く、と思った人がふらふら来ればいいという形式でひとつ
  • おれは別になんにもせん、というかプエルトリコとかをただやってる。来た人がいたら「あーどうもこんにちは」とか言うだけ
  • 「部長は本当にボードゲームの前でにこにこしてるだけの人でした」とかいうラファティ的な謎人物記録と共にオフ会後二週間くらいでこそっとこのidが終わる

id変えられるんだし捨てられるんだし、とか思ったらオフ会の能力があるかどうかなんて屁みたいなもんだ。

ちょうどマイミクの人が

|  ちょうどマイミクの人が - mtx-hoge を含むブックマーク

「人として最悪のことをしてしまったのでmixiやめる」とか大げさなことを昨日日記で言っていた。20代半ばくらいの人なんだけど

そういう人の「最悪」とか「人として」なんて本人にとってはたいしたことないレトリックの一つでしかないのだろうけども、読んでる人は、けっこうびっくりするのである。

そういうのを読むと、本人は自分を厳しく罰しているつもりなのかもしれんが、そういう評価の目盛りを持っていることを公言してるともいえるよな、とも思う。あのーなんか、「ちくしょうちくしょう」とか言って壁を殴ってる人を見たときにその人の壁を殴るという暴力を目の当たりにしてしまって退いたときの感じ。

他人には誠実に自分には厳しく、してるのだろうけど、そういう目盛りのついた尺度を持って人を計ることは自由だから、こっそりオレも「人として最悪」とかつけられているんだなぁ、と、さびしい気持ちになるのであった。

まぁそういう説教みたいなコメントは書かなかったが。

直接は関係ないんですけど。一日二度「最低」とか「最悪」とか見るとなんかこうもやっとしますのでメモ。

その人の中の言葉の重みづけ、というのを相対的な尺度として片手に持って読んでいるので

|  その人の中の言葉の重みづけ、というのを相対的な尺度として片手に持って読んでいるので - mtx-hoge を含むブックマーク

感情移入できることがらの場合は、はぁこの人が最悪とか最低とか思ってるのだからこれくらいの感情なんだな、などと補正をかけて感情移入する。

おれが持っている情報というとanotherさんは「嫌い。大っ嫌い」とか口走っちゃう感じの人らしいということ。なので最低ですねという言葉があっても、「大っ嫌い」と言っちゃう人の「最低」というのは、ひょっとしたら「最っ低」くらいの意味なのかも、と補正をかけてしまう。

さらに、churchillさんの言い回しを見ただけでは「あったま来た! もうオフ会やんねぇよ」と本人が思っていても数十日後には「そのときはそう思ったの!」と上書きをしているかもしれないしなぁ、と読んでしまって、これもまぁなんか腹を立てたのだなぁくらいは思うけどそれ以上の感情移入はできない。これは本人が若いという侮りに基づいているものではないと思いたいけどよくわからん。

あーつまりchurchillさんが腹を立てている、という事態に対してanotherさんが腹を立てて何か言っている、という事態の重さは、おれの中では二重に補正がかかっているのでよくわかりませんな、という結論です。