yuubokuの日記

 | 

2014-12-26

[]投票所にカメラを持ち込もうとして制止される動画へのコメントのバックアップ 00:46 投票所にカメラを持ち込もうとして制止される動画へのコメントのバックアップ - yuubokuの日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 投票所にカメラを持ち込もうとして制止される動画へのコメントのバックアップ - yuubokuの日記 投票所にカメラを持ち込もうとして制止される動画へのコメントのバックアップ - yuubokuの日記 のブックマークコメント

0'58"のところで「投票所の秩序が保てません」と言われていますが、これは公職選挙法第60条の規定のことです。

(投票所における秩序保持)

第六十条  投票所において演説討論をし若しくはけん騒にわたり又は投票に関し協議若しくは勧誘をし、その他投票所の秩序をみだす者があるときは、投票管理者は、これを制止し、命に従わないときは投票所外に退出せしめることができる。

では、投票所の秩序をみだすとして退出させられた人は、投票ができない(=選挙権がない)のでしょうか? 実はそうではありません。同法第51条に定めがあります。

(退出せしめられた者の投票)

第五十一条  第六十条の規定により投票所外に退出せしめられた者は、最後になつて投票をすることができる。但し、投票管理者は、投票所の秩序をみだる虞がないと認める場合においては、投票をさせることを妨げない。

つまり、投票時間の最後まで待っていれば、法律上も投票はできたことになります。

また、動画を見る限り、制止にあたった職員も「投票ができない(=選挙権がない)」ということを肯定する言動はしていません。

以上のことを鑑みたとき、何度も仰っている「投票できない」「選挙権がない」は、事実にそぐわないのではないかと思います。

トラックバック - http://fragments.g.hatena.ne.jp/yuuboku/20141226
 |