yuubokuの日記

 | 

2014-12-18

「毎回「不正選挙」を言い出す友人へ」を不正選挙を言い出す人が読んだらどう思うかシミュレートしてみた 23:34 「毎回「不正選挙」を言い出す友人へ」を不正選挙を言い出す人が読んだらどう思うかシミュレートしてみた - yuubokuの日記 を含むブックマーク はてなブックマーク - 「毎回「不正選挙」を言い出す友人へ」を不正選挙を言い出す人が読んだらどう思うかシミュレートしてみた - yuubokuの日記 「毎回「不正選挙」を言い出す友人へ」を不正選挙を言い出す人が読んだらどう思うかシミュレートしてみた - yuubokuの日記 のブックマークコメント

http://d.hatena.ne.jp/rosechild/20141218/1418904825 によせて。

Twitterで「不正選挙」を検索していて、不正選挙を言い出す人がどういうロジックを持っているのかが少しだけわかった気がするので、反論シミュレートしてみました。

1.超党派の人々の一致団結の必要などはない。開票の手順には、多くの人の手が入る上流工程仕分け等)と、わずかな人の手しか入らない下流工程コンピューターによる集計等)とがあり、後者特定集団が押さえていれば不正は成立しうる。人員の配置は開票所の責任者が決定するのだから、自らの忠実な腹心を下流工程に集中させ、そうでない者は上流工程に追いやればよいのである

2.実際の投票にかかる時間がさほど長くないように、偽票の作成にかかる時間もあまり長くはないと考えられる。開票予行演習用の票(時にこれが本番の票に混入する「事故」がしばしばある)を作成すると称して人員を集めれば難しいことではない。後述するが、開票事務が深夜に及ぶとしても、不正行為それ自体の手間が大きなウェイトを占めるわけではない。

3.不正選挙に加担する者は罪を免れている。何しろ不正により擁立される政治家政府また海外資本を含む裏社会が彼らを擁護しているのであり、選管警察も保身のために手を出そうとはしない。むしろ彼らはそれゆえに不正を「やめることができない」。不正をやめて、正当に選挙されたる政治家政権を握れば、彼らはたちまち犯罪者として塀の中に追いやられるからである

4.なるほど良心ある公務員も多いのだろう。しかし1で述べた通り、悪意あるわずかな者たち(公務員であるか否かを問わない。分類機のオペレーターメーカー社員である)が選挙事務の中枢を支配することで不正選挙は成立しうる。多くの良心ある公務員たちは、単に騙されて、何の意味もない作業に従事させられている。「公正な選挙」という幻想を見せるための哀れなペープサートである不正選挙への糾弾はそうした彼らを解放する意味も含むのであって、決して侮辱ではない。

5.多くの選管開票所の撮影拒否しており、参観人は開票所の外縁部からの参観のみを認められているような現状にあって、開票が完全に公開されているとは言い難い。外縁部から見えない死角不正行為のための場所を用意している可能性が否定出来ない。

開票立会人投票箱の確認等を行うが、その後は票束の確認作業に追われ、例えば分類機の分類・計数が適正であるか否かを直接確認することはできない。分類機の内部で票のすり替え・書き換えが行われていないことを開票立会人確認していない。

また、投票箱が厳格に管理されているとはどういうことだろう? 投票箱は投票所から開票所まで、タクシーや乗用車等を用いて輸送されるが、この間にすり替えられることが可能ではないか。2で言及したが、この方法であれば開票作業の前に行えるのだから開票作業がどんなに多忙でも関わりがない。

票をどこに捨てているかについても見当がつく。投票用紙はプラスチック製であり、役目を終えた後はボールペン等にリサイクルされるという。すり替えられた本物の投票用紙はボールペンにされ、その記載が明らかになることは永久にないというわけだ。

もっとも、投票箱のすり替えは必ずしも必要不正ではない。集計などの下流工程における不正行為で足りるからである

6.3での言及にも関連するが、断罪された人々はむしろ不正告発しようと試みたとは考えられないか。それゆえに裏社会から危険視され、スケープゴートとして社会的抹殺となったのかもしれない。

7.1などで再三述べたことだが、開票において集計などの下流工程さえ支配してしまえば選挙結果操作は可能である。多くの公務員を買収する必要などそもそもないのだ。

トラックバック - http://fragments.g.hatena.ne.jp/yuuboku/20141218
 |