木っ端微塵

wushi Broken into fragments.

2007-02-02

[][][]SBMアフィリエイト 16:13 はてなブックマーク - SBMアフィリエイト - 木っ端微塵

予測市場を取り入れたソーシャルブックマークとかどうだろう - 甘くておいしいおイモだよー - 断片部 を読んで、以前書いてたアイデアを思い出しました。

  • 良いコンテンツを作った作り手
  • 良いコンテンツを見つけて紹介した紹介者
  • 良いコンテンツを紹介された受け手

の間でポイント(お金でもモデレーションでも良い)をやり取りできるようなシステム。

といった感じ。

問題点は紹介者のサイトに張られたIDを作り手の記事経由で受け手のブックマーク登録ページに引き継ぐ事ができるかという事かな。

紹介者に報酬を与える事でクリップ能力を向上させる事ができるかも知れない。反面、ロボット注目エントリーを集めてリンクを張りまくるのも出てきそう。気に入らない奴のサイトでアフィリエイト付きリンクをクリックしまくると はてなから制裁を受ける「はてブ狩り」とか。

これは紹介者にブクマした人が報酬を与えるというモデルだけど、SweetPotatoさんが書いているようにブクマした人自体に利益が返るモデルの方が面白そうですね。

bjqbszybjqbszy2011/03/29 13:45r1gg5B <a href="http://ghnypcldpvjn.com/">ghnypcldpvjn</a>, [url=http://ydzqctctbxaa.com/]ydzqctctbxaa[/url], [link=http://mlqyravkprxy.com/]mlqyravkprxy[/link], http://ehemvblxdrhu.com/

トラックバック - http://fragments.g.hatena.ne.jp/wushi/20070202

2006-09-03

[]ブログ合宿 00:21 はてなブックマーク - ブログ合宿 - 木っ端微塵

http://netafull.net/diary/012366.html

「お泊りありのオフ会」と同義だと思うけど、「ブログ合宿」と言うとエロく聞こえないから不思議。

トラックバック - http://fragments.g.hatena.ne.jp/wushi/20060903

2006-08-18

[][]どうしてはてなブックマークコメント欄が嫌なのか 13:10 はてなブックマーク - どうしてはてなブックマークのコメント欄が嫌なのか - 木っ端微塵

三大要因は

  1. コメントされた事に気付きにくいから
  2. 仕組み的にコメントに対する返事がしにくいから
  3. 自分のエントリに対するコメントを編集・削除できないから

かな。

1はコメントされる場所の存在を知って、そこを見に行けば済む。存在さえ知っていれば、掲示板個人サイトよりも使いやすいし。

2はブックマークする側も同意する所じゃないかと思う。解決法としては「ブログコメント欄に書く」よりは「はてブのコメント機能を改善してもらう」の方が良い気がする。

3はトラックバックでも同じ事なんだけど、ブックマークされた側に対してする側の方が数が多くなる分、された側が寄ってたかって感を持つのは仕方ないと思う。

トラックバック - http://fragments.g.hatena.ne.jp/wushi/20060818

2006-06-01

トラックバック - http://fragments.g.hatena.ne.jp/wushi/20060601

2006-04-30

[][]とおくからnaoyaの呼ぶ声がきこえ 01:53 はてなブックマーク - とおくからnaoyaの呼ぶ声がきこえ - 木っ端微塵

wsh::RSSオンリーサイトにいくつかコメントを頂きました。

id:anonymous_27さんからは、以前同じような話があったのを紹介して頂きました。

また、tsupoさんからも指摘がありました。

f:id:wushi:20060430004733g:image

いやnaoyaさんはそんな事いわないから。*1

*1:画像はsugioさんの所のを使わせて頂きました

トラックバック - http://fragments.g.hatena.ne.jp/wushi/20060430

2006-02-21

[]連載記事の管理 12:02 はてなブックマーク - 連載記事の管理 - 木っ端微塵

ウェブログで続きのある記事を書く時、新しい記事から古い記事にリンクを張る人は多いが、古い記事から新しい記事にリンクを張る人は少ない。言うまでもなくナビゲーションとしては不完全で、検索などから連載の途中の記事にたどり着いた人には、過去記事はたどれるが続きの記事はあるかどうかすら判らない。

ウェブログを始めてすぐにこの問題に突き当たり、最初のうちは自分の過去記事にトラックバックしたりしていたんだけど、結局更新の都度覚えている限りの過去記事に続きへのリンクを付けるという原始的な方法を採っている。

カテゴリに分けるとかタグを付けるといった方法はあるけれど、カテゴリタグも記事の「分野」を分ける使い方が一般的で、1つの連載に1カテゴリタグを割り当てると連載の数が増えた時に管理しにくそうだ。

最大の問題は、ウェブログにおいて「連載記事を書き始めた時はそれが連載になると思っていない」というパターンが多い事だと思う。単発で記事を書いてみたら反響が多かったので続きを書いてみました、というパターン。そういうのに仰々しくカテゴリを割り当てるのはアレだし、かといって続きを書くたびに過去記事にリンクを追加していくのもめんどい

という訳で、ちょっとした連載を手間をかけずにうまくリンクする方法は無いもんですかね。

トラックバック - http://fragments.g.hatena.ne.jp/wushi/20060221