Hatena::Groupfragments

キリトリセン

2009-02-09

ベクトルの行方

| ベクトルの行方 - キリトリセン のブックマークコメント

「頑張ってる人に頑張れっていうのは失礼」


という意見はそんなに賛同できない。

その人の頑張りが足りないから頑張れという意味にもなるだろうけど、

頑張っているなら、じゃあ頑張ってね! って思える。

「こんなに頑張ってるのに何で認めてもらえないんだ、成果が出ないんだ」って

思ってた事もあったけど、 (いや、今も思うものも沢山もってるけど)

それは自分なりの頑張ってる位置であって、

これを達成するにはこの位頑張らないと届かない頑張りがある。

辿りついた人は、辿りつく為に必要な努力をしてふんばって辿り着いているんだ。

両手を広げた指先のもっと先に触れたいものがあれば、

背伸びをするなり力を出すだろう。 それが届くために必要な頑張りだ。

広げた指先の距離で触ろうとしても空を切るだけ。

そこで触れないと言ったって触れる訳が無い。頑張る場所が違う。

空を切る動きをするなら、もっとする事があるでしょう?

だから、その頑張りは先に届くための頑張りか認識する目が必要。

自分だけでは固定観念で気づかなかったことも、多角で発見する事だってある。

だから私はここで頑張っている。そう宣言していいじゃないか。

言わないと意見すらもらえない。言われないと意見も言えない。

どうせやるなら達成したい。

達成した時に自分だけ達成感を味わうんじゃなく、一緒に達成感を味わった方が

数段嬉しいし、意見や励ましなどのエールがあってこそという慈しみだって生まれる。

それは足りないという未熟さから生まれた根強さがある。

もし達成できなくても、何が足りなかったのかを認める方が、

次への糧にして別の場所で浄化できるかもしれない。

何で出来なかったの! こんなにやったのに! なんて負け犬の遠吠えに聴こえる。

よっぽど滑稽でよっぽど恥ずかしい。

頑張ってる人は目標に向かってるから頑張れる人。

だから頑張れってエールを言っていいじゃん。

その言葉に重さを感じる事もあるけど、その重さの分、意味ある事じゃないって思える。

この文章を書くキッカケは某友達から届いた手紙にあった

「アンタらしいね。やっぱアンタはアンタだね」という一節。

破天荒だったり、うーん、ぐったりと無謀な事ばかりしてますが、

経過を見てればその行動の意味が納得できるという意味合いを汲んでくれているので、

「決して正しいとは言えないけど、こうしないと納得しないんでしょ、アンタは。

なら、それでやっていけばいいんじゃないの」と見守ってもらえてる。

なので、キレイゴトに思われようが何だろうが、

私はこう思いますが、あなたはどうですか? というスタンスでいい。

あなたもそうしてくださいなんて、それこそ何様だわ。

どれにつけても決定権は誰もがもってる。