Hatena::Groupfragments

英語教育ニュースサイト このページをアンテナに追加 RSSフィード


本サイト:女教師ブログ(http://d.hatena.ne.jp/terracao/

2009-07-29

[]行き過ぎた英語教育は「害」、国民一丸の学習は中止すべき―中国紙 00:32 行き過ぎた英語教育は「害」、国民一丸の学習は中止すべき―中国紙 - 英語教育ニュースサイト を含むブックマーク はてなブックマーク - 行き過ぎた英語教育は「害」、国民一丸の学習は中止すべき―中国紙 - 英語教育ニュースサイト 行き過ぎた英語教育は「害」、国民一丸の学習は中止すべき―中国紙 - 英語教育ニュースサイト のブックマークコメント

行き過ぎた英語教育は「害」、国民一丸の学習は中止すべき―中... - Record China

こうした状況に対し、同紙は中国教育関係者へ向けて「現在のような国民すべてが英語を学ぶべきだというような風潮・制度は即座に中止すべきであり、一部の専門家を除き、大部分の人々を英語学習から解放すべきだ」と提唱する。

言ってることはもっともだが、そもそも「国民すべてが英語を学ぶべきだというような風潮・制度」が、「国民すべて」に浸透しているのか?とてもそんなようには見えないのだけれど。日本についても同じ。

JeanneJeanne2011/08/07 17:04Posts like this birgehtn up my day. Thanks for taking the time.

hajwxrcwwphajwxrcwwp2011/08/08 18:17SNKDOY <a href="http://ekuchnojxllm.com/">ekuchnojxllm</a>

gzhopvdgzhopvd2011/08/08 19:22eE0xwk <a href="http://lupkqavmlzkg.com/">lupkqavmlzkg</a>

ffyzdokffyzdok2011/08/11 00:06HUekpz <a href="http://trsmobvjvdar.com/">trsmobvjvdar</a>

wxgurmhiokhwxgurmhiokh2011/08/15 00:539Gcp8x , [url=http://twnnsithmyzt.com/]twnnsithmyzt[/url], [link=http://evhgueacdvyz.com/]evhgueacdvyz[/link], http://utduutcclpid.com/

ButterflyButterfly2016/04/28 18:47Clear, infmioatrve, simple. Could I send you some e-hugs?

KarahKarah2016/04/30 03:11come ti ho già detto, inserisco birdcage inn nelle zone basse della <a href="http://eqabeunkry.com">fioarglmfia</a> di Kim. Gran bel film, sia chiaro, ma sarebbero 4 pallette Andrea

2009-07-28

[]小学英語、外国人の指導助手巡る問題山積 02:39 小学英語、外国人の指導助手巡る問題山積 - 英語教育ニュースサイト を含むブックマーク はてなブックマーク - 小学英語、外国人の指導助手巡る問題山積 - 英語教育ニュースサイト 小学英語、外国人の指導助手巡る問題山積 - 英語教育ニュースサイト のブックマークコメント


表示できません - Yahoo!ニュース

新規サイト 共通エラーページ

小学英語、外国人の指導助手巡る問題山積

7月28日14時54分配信 読売新聞


 2011年度から必修化される小学5、6年生の英語の授業について、文部科学省が全国の公立小学校約2万1000校などを対象に調査を実施したところ、昨年度に小学校で実施された英語授業のうち7割近くで外国語指導助手(ALT)が活用されていたことがわかった。

 生の英語を学ぶ機会が定着してきたことが浮き彫りになった形だが、一方では、簡単に授業を投げ出してしまうALTもいるなど、“質”の問題が浮かび上がっている。

 「また辞めるのか」。7月中旬、埼玉県内の市教育委員会の担当者は、業者から米国人ALTが交代するとの電話連絡を受け、頭を抱えた。4月以降、辞めるのは3人目。1人目は「通勤時間が長い」と小学校に現れず、2人目と3人目は「一身上の都合」などを理由に、1学期の授業だけで、学校から消えた。2学期からは4人目が来る。担当者は「継続性が大事なのにこんなに交代するなんて。児童たちにも説明ができない」と困惑する。

 「人件費を切りつめるから辞めてしまうんだろう」と、埼玉県内のある学校長はうち明ける。この学校のALT派遣を請け負った業者は、入札で、昨年の業者に比べてALT1人あたり31万円も安く落札した。

 文部科学省によると、ALTを活用した小学校の授業のうち、国が仲介する「JETプログラム」によるものが25%で、残りは民間業者への委託など。

 この市の場合、40余りの小中学校にALT約20人を派遣する民間業者と契約を結んだが、校長は「風邪で半日休み、給与とボーナスを両方カットされたALTもいた。なりふり構わぬ業者が増えれば、教育の質は保てなくなる」と危機感を募らせた。

 関係者によると、業者の新規参入が目立つようになったのは、小学校英語の必修化が打ち出された06年ごろから。かつてはJETプログラムで採用したALT自治体が直接雇用するのが主流だった。

 しかし、自治体側はALTが住むアパートを契約したり、交代要員を確保したりしなければならない。民間業者に委託すれば、こうした手続きは不要になるため、業者を活用する自治体が徐々に増えてきた。



[]児童向け英会話ビジネス活発化 英語教育の必修化、不況が教育投資を後押し 02:39 児童向け英会話ビジネス活発化 英語教育の必修化、不況が教育投資を後押し - 英語教育ニュースサイト を含むブックマーク はてなブックマーク - 児童向け英会話ビジネス活発化 英語教育の必修化、不況が教育投資を後押し - 英語教育ニュースサイト 児童向け英会話ビジネス活発化 英語教育の必修化、不況が教育投資を後押し - 英語教育ニュースサイト のブックマークコメント


注意!以下はウェブマガジンの記事。きちんとした取材に基づいておらず、しかもソースが不明な伝聞が多いので、ニュースとしての価値は低そうだ。

Yahooニュースの「ニュース」選択基準は、何でもありなのか?

表示できません - Yahoo!ニュース

MONEYzine:株/FX・投資と経済がよくわかるWebマガジン

児童向け英会話ビジネス活発化 英語教育の必修化、不況が教育投資を後押し

7月26日13時0分配信 MONEYzine


 公立小学校で英語教育が必修化されることを受け、国内で児童英語に対するニーズが高まっている。2011年度に完全実施される新学習指導要領は「小学 5~6年生の英語活動」が必修化され、英語能力が問われる。具体的には、英語の音声や表現に親しみむことで、コミュニケーション能力の育成を目指し、授業は週に1回程度(年間35時間)実施される。

 この決定を受けて、大手予備校東進ハイスクール」などを運営するナガセは子供向け英語教室事業に参入することを決めた。世界120カ国で放映された子供向け教育番組セサミストリート」のキャラクターを使った教材を開発し、2010年10月から全国でフランチャイズチェーンFC)方式で展開するほか、中国インドにも教室を設け、新たな収益源に育てる。

 通信教育大手のベネッセコーポレーションも自宅で英会話を学べる小学生向け英語講座を11月にスタートする。米国の研究機関と共同で、日本人の子どもの発音傾向を分析し、オリジナルの発音評価システムを開発。小学生が自宅にいながら会話を通して英語を学習することができる講座「ビーゴ・グローバル」を設置した。

 企業の海外進出が当たり前となった現代の日本では、多くの企業が就職や昇進・昇格試験の基準に英語能力を問うケースも増えている。仕事で英語を使う人は使わない人より年収が高いという調査結果もあり、英語教育に関心を持つ保護者は増える一方だ。

 また不況も教育投資の捻出を後押ししている。教育業界は「不況知らず」とも言われることもあるが、不況により将来の先行き不安から子供の教育に対する投資額は増加しており、「自分の衣類にかける出費をおさえてまでも、子どもの教育投資を強く意識する保護者も多い」(教育関係者)という。

 ベネッセの英語講座は1年間分を一括払いすると毎月3655円。今後英語教育の熱が一層高まるにつれ、居酒屋での1回分の飲み代を子どもの教育に回そうという親も増えそうだ。

TomTom2015/08/04 05:34まぁ、「表面」と「実情」は異なるという問題だろうね…私は数百人の外国語指導助手と話せて、辞める人が多かったけれど、その中、「風邪をひいた」とか「通勤時間」などの理由を一度も聞いたことがない。辞める理由や文句する理由は自分の扱いに関する問題ばかりだが、「入札された会社」や教育委員会は保護者に言い訳をして、自分たちにボーナスをあげるでしょう。

2009-07-16

[]Malaysia drops English language teaching 02:21 Malaysia drops English language teaching - 英語教育ニュースサイト を含むブックマーク はてなブックマーク - Malaysia drops English language teaching - 英語教育ニュースサイト Malaysia drops English language teaching - 英語教育ニュースサイト のブックマークコメント

Malaysia drops English language teaching | World news | The Guardian

マレーシアの教育政策関連で、『ガーディアン』の記事。時間的にはちょっと前後するけれど。昨日までに紹介した新聞記事に比べたらかなり濃い内容。

Malaysia drops English language teaching: Government says education policy failing to create global speakers

Max de Lotbinière. guardian.co.uk, Friday 10 July 2009 16.44 BST


Malaysia has decided to abandon a six-year experiment in using English in state schools to teach maths and ­science. The plan was intended to produce a new generation of global communicators, but government officials say it has stalled attainment and exposed a dearth of teachers able to deliver classes in English.

Education minister Muhyiddin Yassin announced last Wednesday that the English-medium education policy introduced across the country in 2003, known as PPSMI, would be phased out from 2012. He said that evidence gathered during a year-long assessment and public consultation had convinced the government that PPSMI wasn't working, and that the dominance of English in the curriculum risked undermining students' grasp of their first language.

"I wouldn't say it's a complete failure but it has not achieved the desired objectives that it was supposed to achieve," Muhyiddin told a press conference.

"The government is convinced that science and maths need to be taught in a language that will be easily understood by students, which is Bahasa Malay in national schools, Mandarin in Chinese schools and Tamil in Tamil schools."

But supporters of the policy ­expressed dismay, calling the decision a lost opportunity for Malaysia to emulate the economic success of English-speaking Singapore, held up as an example of how language skills can be a key to a connecting local workers and industries to the global economy.

The Parents Action Group for Education (Page), which had campaigned to maintain PPSMI, said the change would be unfair on many parents.

"There might be some schools which would want to continue teaching in English," Page chairman Azimah Abdul Rahim told the New Straits Times newspaper. "I think there should be a choice. There are many Malaysians whose first language is English."

The use of English for teaching in class has been a politically charged ­issue since it was decreed by Malaysia's autocratic prime minister, Dr Mahathir Mohamad, months before he stood down from office in 2003.

Since he was a staunch nationalist during his 22 years in power, Mahatir's move was a surprise acknowledgement that the post-independence policy he had championed of promoting Malay identity and downgrading the country's anglophone colonial past had been a mistake.

English-medium teaching was phased out of most schools by the 1970s. As a result the economy stagnated and Malaysia needed to develop a workforce skilled in the language of commerce and technology if it was to catch up with its south-east Asian competitors, he argued.

Many schools struggled from the start to deliver maths and science lessons in English, but the promise of future economic gains, and enthusiasm among parents, particularly in urban areas, for their children to acquire ­better English helped to maintain government commitment to the policy.

But in more recent years few have been able to ignore an emerging skills gap between urban and rural schools as education authorities outside the major cities failed to find enough staff able to teach in English. Meanwhile, government opponents have fanned nationalist fears by claiming that Malay culture was being undermined by PPSMI.

In 2008 the government responded to growing pressure by setting up a review of PPSMI, and an expert panel delivered its report to ministers in January, but a decision was stalled until after parliamentary elections in April.

In March police in Kuala Lumpur used teargas to disperse up to 5,000 ethnic Malays who took to the streets to voice their opposition to the policy.

In his statement, Muhyiddin denied that the government had bowed to political pressure, stressing instead that the decision had been taken on the basis of educational results alone.

He claimed these showed that the students who had been taught maths and science in ­English since they started primary school were now performing less well in those subjects in national exams than previous cohorts.

He said the percentage of students who achieved grade A to C for science had dropped by 2.5% in urban schools and 3% in rural schools. For maths, the results had fallen by around 4% in both urban and rural schools.

He added that only 8% of teachers were using English exclusively in classes while the use of Bahasa Malay was still common, particularly in rural areas, with on average just over half of PPSMI teaching time being delivered in English.

English-medium instruction will be phased out from schools from 2012 and the focus shifted to teaching ­English in separate language classes alongside improved Bahasa Malay teaching, Muhyiddin said.

He said that up to 14,000 English language teachers would be recruited by 2012, as well as specialist teaching assistants. English language teaching time will be increased by up to 30% a week, Muhyiddin added.

However, some critics were sceptical that qualified teaching staff can be found. "What has not occurred to the authorities is that the education system requires very competent teachers," Khoo Kay Kim, emeritus professor at the University of Malaya's history department, told the Reuters news agency.

Meanwhile, the still influential architect of PPSMI was quick to rally support for his policy. The octogenarian Dr Mahathir is using his popular blog to canvass opinion. "I am not surprised over the disappointment and even anger towards the government's decision ... Seems to me like the government is not listening to the voice of the people," he wrote.

Within hours of putting up his online poll, 40,000 people had ­responded with a resounding 84% opposed to the changes.

2009-07-15

[]マレーシア政府「英語で授業やめます」→保護者・ネット市民・産業界「廃止反対!」 02:28 マレーシア政府「英語で授業やめます」→保護者・ネット市民・産業界「廃止反対!」 - 英語教育ニュースサイト を含むブックマーク はてなブックマーク - マレーシア政府「英語で授業やめます」→保護者・ネット市民・産業界「廃止反対!」 - 英語教育ニュースサイト マレーシア政府「英語で授業やめます」→保護者・ネット市民・産業界「廃止反対!」 - 英語教育ニュースサイト のブックマークコメント

私の半径3メートル以内で最近特に注目を集めている、マレーシアの文教政策ドタバタ劇。その続編。


404 Not Found | マレーシアナビ!

理数科の英語による授業制度廃止、保護者からは不満の声

2009/07/10 08:19 JST配信

クアラルンプール】 政府が英語による理数科授業制度(PPSMI)を廃止しマレー語に戻す決定したことについて、マレー人社会やマレー系政党から歓迎の声が上がる一方、非マレー人を中心に学識者や保護者などから不満の声が上がっている。

政府は非マレー人向けに民族語での教授を認めるほか、英語教育そのものを強化する方針を示して理解を求めたい考えだが、英語で教えることのできる教師が少ない地方部への配慮、マレー語の地位低下に不満をもつマレー人社会への配慮という政治的決定であった点は否めず、子供や保護者の当事者の声は無視されているとの不満がくすぶっている。

国際競争力のある人材育成を目指してPPSMIを導入したマハティール元首相は、「(マレー語による教育に戻し)理数科をマスターするのが困難になることに、後になって気付く若者の未来を思うと悲しい」と政府の決定に失望感を示し、制度を変えても地域間・民族格差は無くならないとの考えを示した。その上で、教師不足で英語による教授が不可能ならば小学校からではなく中学校から始めるよう政府に提言したが、すでに決定済みだとして突っぱねられたことも明らかにした。「教育のための保護者行動グループ」(Page)は、理数科授業を受ける言語をマレー語か英語か民族語の中から学校が選択できるようすべきだと主張。そうすればいくつかの学校では引き続き英語での授業を行うだろうとした。このほかマレーシア英語教員協会は、少なくとも中学校では理数科の英語による授業を維持すべきだと主張している。

新制度は2012年より、小学1―4年、中学1―4年で開始される。大学予科課程(フォーム6)及び予備教育課程(MATRICULATION)には適用されない。現在の英語による教育を受けている生徒が不利にならないよう、その他の学年では2014年までは英語とマレー語の両方で授業を行い、試験も二カ国語で行われる。民族学校では民族語による教授も認める。

(ニュー・ストレーツ・タイムズ、ザ・スター、7月9日)


404 Not Found | マレーシアナビ!

英語による理数科教育の廃止、ブログ投票では74%が反対

2009/07/11 12:04 JST配信


クアラルンプール】 政府が英語による理数科授業制度(PPSMI)の廃止を決めた問題で、同制度の生みの親であるマハティール元首相が自身のブログ(www.chedet.com.)でブロガーに反応を聞いたところ、74%がマレー語に戻すことに反対だと回答した。9日午後8時までに7千人あまりが投票し、賛成は2,334人(26%)にとどまり、6,690人が反対だと答

えた。

この結果について、自身も廃止決定を批判しているマハティール氏はブログの中で、「政府の決定に対して国民の間に失望や怒りの声が多くあることに私は驚かない」とした上で、「政

府は人々の声に耳を傾けていないように思える。このブログによる投票結果は恐らく政府に人々の声を伝えることになるだろう」と述べた。

これに先駆けて世論調査のムルデカ・センターが1,060人を対象に実施した調査では、58%が反対、32%が賛成、9%が分からないとそれぞれ回答。やはり反対意見が賛成意見を大きく上回っている。

英語教育の充実を求める声は多く、2年過程の高等中学(日本の高校に相当)を修了して受験する、全国統一のマレーシア教育修了(SPM)試験において英語を合格必須科目にすることに賛成との答えが69%にも上っており、反対(26%)を大きく上回っている。

(エッジ電子版、マレーシア・トゥデー、星洲日報、南洋商報、7月10日)


no title

理数科の英語授業廃止、産業界からは懸念の声

マレーシア2009年07月13日 07:41

クアラルンプール〉政府は2003年から行っていた理数科目の英語による授業を廃止し、マレー語に戻すことを決定したが、産業界や人材斡旋業界からは結論を出すのは性急過ぎるのではないかという声が挙がっている。


マレーシア経営者連盟(MEF)のシャムスディン・バルダン専務理事は、試験の結果だけでは英語による教育を廃止するための決定要素としては不十分だと強調。英語教育に変更された初期の児童が教育課程を終了するまで最低15年は続けるべきで、政府の決定は時期尚早だと語った。MEFは1999年に調査を行った際、43.6%の雇用者が労働者の英語での読み書きとコミュニケーション能力に関して問題を抱えていると回答したという。また、2003年の調査では54%に増えているため、英語力の向上は必須問題だと指摘した。


雇用斡旋会社ピープルズ・ソース・マレーシアのシャフル・ハミード・ダウド社長は、最近コール・センターでのスタッフ雇用を行ったことを例に挙げ、80名の応募者のうち、8名だけが採用、ほとんどは英語力が不足していたと語った。同社長は能力の高い新卒者が英語力の不足で適切な仕事を得られない事実があると指摘。特にマレーシアコールセンターハブを目指しているにもかかわらず、このような状態であると他国との競争に負けてしまうと憂慮した。


エグゼクティブ・ワークプレース・インターナショナルのタン・アイックセン地域代表は、マレーシアに海外企業が拠点を持つひとつの大きな理由は、英語が広く話されていることであると指摘。企業側は営業や技術マニュアルを翻訳する必要がなく、コストや効率の面で他国に比べマレーシアが優位に立っていると考えていたが、労働者の英語力が低下し、状況は悪くなりつつあると語った。


ジョブストリート・ドットコムのサイモン・シ地域広報部長は、一般的にどこの企業でも労働者、特に新卒者の英語力不足が問題になっていると指摘した。同社の調査では、3,000企業に聞き取りを行った結果、56%が新卒者の英語力不足が雇用時の問題になっていると回答。0.7%がマレー語力の不足が問題だと回答している。

GerriGerri2011/08/07 20:29It's much easier to udenrtsand when you put it that way!

pivryjtpivryjt2011/08/08 18:00Z72Niq <a href="http://ajdkqjlavsyf.com/">ajdkqjlavsyf</a>

tiupvvvputiupvvvpu2011/08/08 19:05x2O97O <a href="http://cyfjxfxbafge.com/">cyfjxfxbafge</a>

ayfnffarjayfnffarj2011/08/09 22:35qumjWV , [url=http://xjffqzxthlql.com/]xjffqzxthlql[/url], [link=http://yfvduoexnnxu.com/]yfvduoexnnxu[/link], http://zcarufiikjzd.com/

qaxhrmuzzqaxhrmuzz2011/08/11 00:10smNgCm <a href="http://jwqizolwapjj.com/">jwqizolwapjj</a>

ocrhnelvgnsocrhnelvgns2011/08/15 01:00RzbI0S , [url=http://pmabjdkaderq.com/]pmabjdkaderq[/url], [link=http://wovhmwwhtqki.com/]wovhmwwhtqki[/link], http://mrklspnbkxtc.com/

2009-07-09

[]政府、理数科教育をマレー語に戻すと決定 英語教育も強化:マレーシア 01:15 政府、理数科教育をマレー語に戻すと決定 英語教育も強化:マレーシア - 英語教育ニュースサイト を含むブックマーク はてなブックマーク - 政府、理数科教育をマレー語に戻すと決定 英語教育も強化:マレーシア - 英語教育ニュースサイト 政府、理数科教育をマレー語に戻すと決定 英語教育も強化:マレーシア - 英語教育ニュースサイト のブックマークコメント

no title


クアラルンプール

見直し論が上がっていた英語による理数科授業制度(PPSMI)について、ムヒディン・ヤシン副首相(兼教育相)は7月8日、以前のマレー語による授業に戻すことを閣議決定したと発表した。ただし各民族系学校ではそれぞれの言語による教育も認める。


新制度は2012年より、小学1~4年、中学1~4年で開始される。大学予科課程(フォーム6)および予備教育課程(MATRICULATION)には適用されない。現在の英語による教育を受けている生徒が不利にならないよう、その他の学年では2014年までは英語とマレー語の両方で授業を行い、試験も二カ国語で行われる。


PPSMIは、マハティール元首相マレーシア人学生の英語力増強の目的で2003年に導入したもの。ただ英語教育が充実している都市部と英語教師が不足気味の地方とでは成績の差が大きく、地方では英語できちんと理数科授業を教えることができる教師が中学校で19.2%、小学校で9.96%しかいないとされる。国際的な理数科能力試験でも、科学が2003年の20位から2007年は21位に、数学が同10位から20位にそれぞれランクが落ちており、制度への疑問の声がマレー人を中心に各方面から上がっていた。


一方で政府は、英語教育そのものの強化にも乗りだす。英語教師不足の解消に向け、退職者の再雇用や外国人教師の雇用なども含め、1万3,933人増員する方針。英語の授業時間については、小学校で週90分間、中学校で同80分間増やすほか、特に小学1~2年の35人以上の大人数のクラスでは補助教員もつける。

[]済州島にグローバルシティ、韓国にいながら英語留学体験 01:16 済州島にグローバルシティ、韓国にいながら英語留学体験 - 英語教育ニュースサイト を含むブックマーク はてなブックマーク - 済州島にグローバルシティ、韓国にいながら英語留学体験 - 英語教育ニュースサイト 済州島にグローバルシティ、韓国にいながら英語留学体験 - 英語教育ニュースサイト のブックマークコメント

CNN.co.jp


韓国済州島(CNN) 韓国済州島に、小中高校から大学まですべての教育を英語で行う行政区「チェジュ・グローバル・エジュケーション・シティ」を作る計画がスタートした。英語学習熱が高まっている韓国で、海外に留学しなくても質の高い英語が学べるとアピールする。

同シティには英ノースロンドン・コリージェイト・スクールをはじめ、英語圏の名門校が進出を計画。授業は韓国語と歴史を除く全科目を英語で行い、授業料は子供を海外に留学させる場合の半分程度で済むという。

2011年から小、中、高校の児童・生徒受け入れを開始し、2015年までに全体の計画を完成させる予定。生徒は約9000人を集める予定で、韓国国内だけでなく日本や中国からも募集したい考えだ。

韓国では小学校3年生から英語学習が始まるが、幼少時から子供に英語を習わせたり、海外に留学させる親も多い。政府が昨年実施した意識調査では保護者の約半数が子供を留学させたいと答え、2007年現在、海外に留学している小、中、高校生は2万7000人に上る。

国内には既に21カ所の「英語村」が存在し、今後も増える見通し。チェジュ・シティは学校だけでなく宿舎や商業施設もすべて英語を使わせ、ほかの英語村との差別化を図る。