Hatena::Groupfragments

英語教育ニュースサイト このページをアンテナに追加 RSSフィード


本サイト:女教師ブログ(http://d.hatena.ne.jp/terracao/

2009-07-28

[]小学英語、外国人の指導助手巡る問題山積 02:39 小学英語、外国人の指導助手巡る問題山積 - 英語教育ニュースサイト を含むブックマーク はてなブックマーク - 小学英語、外国人の指導助手巡る問題山積 - 英語教育ニュースサイト 小学英語、外国人の指導助手巡る問題山積 - 英語教育ニュースサイト のブックマークコメント


表示できません - Yahoo!ニュース

新規サイト 共通エラーページ

小学英語、外国人の指導助手巡る問題山積

7月28日14時54分配信 読売新聞


 2011年度から必修化される小学5、6年生の英語の授業について、文部科学省が全国の公立小学校約2万1000校などを対象に調査を実施したところ、昨年度に小学校で実施された英語授業のうち7割近くで外国語指導助手(ALT)が活用されていたことがわかった。

 生の英語を学ぶ機会が定着してきたことが浮き彫りになった形だが、一方では、簡単に授業を投げ出してしまうALTもいるなど、“質”の問題が浮かび上がっている。

 「また辞めるのか」。7月中旬、埼玉県内の市教育委員会の担当者は、業者から米国人ALTが交代するとの電話連絡を受け、頭を抱えた。4月以降、辞めるのは3人目。1人目は「通勤時間が長い」と小学校に現れず、2人目と3人目は「一身上の都合」などを理由に、1学期の授業だけで、学校から消えた。2学期からは4人目が来る。担当者は「継続性が大事なのにこんなに交代するなんて。児童たちにも説明ができない」と困惑する。

 「人件費を切りつめるから辞めてしまうんだろう」と、埼玉県内のある学校長はうち明ける。この学校のALT派遣を請け負った業者は、入札で、昨年の業者に比べてALT1人あたり31万円も安く落札した。

 文部科学省によると、ALTを活用した小学校の授業のうち、国が仲介する「JETプログラム」によるものが25%で、残りは民間業者への委託など。

 この市の場合、40余りの小中学校にALT約20人を派遣する民間業者と契約を結んだが、校長は「風邪で半日休み、給与とボーナスを両方カットされたALTもいた。なりふり構わぬ業者が増えれば、教育の質は保てなくなる」と危機感を募らせた。

 関係者によると、業者の新規参入が目立つようになったのは、小学校英語の必修化が打ち出された06年ごろから。かつてはJETプログラムで採用したALT自治体が直接雇用するのが主流だった。

 しかし、自治体側はALTが住むアパートを契約したり、交代要員を確保したりしなければならない。民間業者に委託すれば、こうした手続きは不要になるため、業者を活用する自治体が徐々に増えてきた。

TomTom2015/08/04 05:34まぁ、「表面」と「実情」は異なるという問題だろうね…私は数百人の外国語指導助手と話せて、辞める人が多かったけれど、その中、「風邪をひいた」とか「通勤時間」などの理由を一度も聞いたことがない。辞める理由や文句する理由は自分の扱いに関する問題ばかりだが、「入札された会社」や教育委員会は保護者に言い訳をして、自分たちにボーナスをあげるでしょう。