とどけ、あたしの想い

2007年01月02日(火)

[][]宝くじで時効になっている金額は年間226億円。 宝くじで時効になっている金額は年間226億円。 - とどけ、あたしの想い を含むブックマーク


自治体が収益金を偽っていた場合、国税局しか動けないということは了解した。


で、補足するなら平成17年に払い戻しに来ないで時効になった金額は年間226億円ある。


http://www.6takarakuji.com/30/post_28/


たとえば事前にある番号の券を抜いておき、その番号が当選するように仕掛ける工作をして、なおかつ自治体が収益を偽っていない場合、この金額のなかに計上されてるということになる。


これを知った上で宝くじを買いましょうねという話。


ちなみに、「当選金が正しく払われていなかった」こと自体に対しては、国税局等は何の追求も行わない。

宝くじにお詳しい方のようなのでこれ以上、付け加えることはない。


ただ国税が見張っているはずだから工作はないという(ような印象を与える)最初のエントリはどうかしらと思った次第。


最後になるが、「バカの寝言」は失言だった。謝罪します。


[][]宝くじは非課税のはずだが。 宝くじは非課税のはずだが。 - とどけ、あたしの想い を含むブックマーク

http://anond.hatelabo.jp/20070102144409

宝くじの発行主体は自治体などであり、その収益自体が税金と同様に自治体の財源となっている。(みずほ銀行は販売委託を受けているだけ)


それゆえ、宝くじの当選金は非課税。


そもそも公営ギャンブルであるのに国税が黙っちゃいないとかいうのはバカの寝言。