あたまのなか このページをアンテナに追加 RSSフィード

すべてはあたまのなかのできごとです

2008-04-15

公平な第三者

| 17:38 | 公平な第三者 - あたまのなか のブックマークコメント

最近アダムスミスについての新書を読み終わった。

その中で、

「人は他人と共感を経験することにより、

自分の中に公平な第三者を作り出す」

という部分になるほどと思った。


というかなんでこんな大事なことを

誰も教えてくれなかったのか。

それともこれは常識的な概念なのかな。


ふと、他人との価値観にずれがあるとき、

俺だけが違うのかな?

と思うのだけど、

正確には俺の中の公平な第三者の基準が他人と異なる、

のが原因。

なぜ基準がことなるかといえば、

他人との共感の経験が異なるからである。

つまり、そだってきた環境がちがうから~♪

である。


あとは過失について、とか

善意の範囲を厳格に規定しないのはなぜか、とか

なかなか面白かった。


昔からこんなこと考えてるとはすげぇなあ、

とか思いつつ、

現在この考え方がどう進んでるのかわからん。

まだまだ勉強することがあるね。


蛇足だけど、

ネガコメ論がどうのっていうのも、

この公平な第三者が関係しているように思える。

許せる許せないの判断はそういう意味ではきりがないけど、

今までの社会の慣例からいえば、

過失であっても起こる結果がネガティブであり、

多くの人が抱く公平な第三者が許せない場合には、

悪とされることが多いようである。

そこには理屈とか関係なく、

自分も嫌で、自分の見てきた多くの人も嫌がって、

結果的に自分の中の公平な第三者が嫌がるので、

だめ。

2008-03-25

不機嫌からの卒業

| 10:47 | 不機嫌からの卒業 - あたまのなか のブックマークコメント

幸福論を読み終わる。


不機嫌であることは不幸だ。

上機嫌であることが幸福なのだ。


なるほど。

俺は昔から不機嫌になると自分でも抑えられなくなる。

そして周りの人々も不機嫌な気持ちにさせようとする。

この行動をするたびに深い反省と、

ちっとも改善されない自分への憎悪を思う。


なんで治らないのかなぁと、

ずっと思っていたが、

なんとなくわかったというか、

変えようという強い意志がこの本を読んで思った。

自分の不機嫌さで他人を不幸にするのはやめよう。

自分の不機嫌と常に戦おう。

敵は自分の中にある。


「明鏡止水」

ちょっとしたことで心を乱すのはやめよう。

不満なところを探せばいくらでもでてくる。

そうじゃなくて、ちょっとしたことでも、

心のポジションを動かさないようにしよう。

ポジティブ面には若干甘くしつつ。


願わくばネット世界もそうなるといいなぁ。

自分の不機嫌さをかきつらねても、

世界はよくならない。

自分の不機嫌さが、

世界を不機嫌にする。


哲学は明日のご飯を与えてはくれないけど、

明日の景色は変えてくれるのかもしれない。

人によって捕らえ方が全然違うというのを

理解する上でもとっても面白い。

ただ、表立って他人に勧めるものではないのかも。

自分で気づくことが大事。

変わろうと思っているかどうかが大事。

他人から変われといわれて変われる人はそう多くない。

不機嫌さを生むだけ。

不幸を生むだけ。

2008-03-16

幸福論

| 23:21 | 幸福論 - あたまのなか のブックマークコメント

アラン

岩波文庫版を読んでいる最中

「いまこそ読みたい哲学の名著」を全部読んでみよう企画その1。


本の内容はひとつの文章ではなく、

プロボという哲学断片である。

実際に新聞で連載で掲載されていたプロポの幸福に関連する

部分だけをピックアップしたものである。


すごく読みやすい。

訳の関係か一部よく理解できないところがあるが、

俺の理解不足かもしれない。

この本のなかにはブログの本質というか、

ブログを書くことは決して悪いことではないし、

意味のない行為ではないことをあらわしていると思う。

特にアラン手紙の中にはそれが現れている。

幸福というものは断片的なものである」


まだ最初の部分しか読んでいないが、

多くの部分が心に残っている。

幸福とはなんなのか。

幸福になるためにはどうしたらよいのか。

他の人が考えていることを知るのにはよい本だと思う。


最近よいのか悪いのかよくわからないが、

哲学というものが人生に及ぼす影響というのを考えさせられる。

あらゆる選択肢の中からなぜそれを選ぶのか。

どう生きていくのか。

それは何か哲学によるものが大きいような気がしてる。

振り返れば人生の中で、自分の哲学的観点から

行動したことが非常に大きなウェイトを占めている。

そして善く生きたい。

この目的を達するのにはどうしたらいいのだろう。


「われわれは大事な仕事から、また有意な道から、

書物から、友人たちから、生きるすばらしさを

少しも見つけていないことを恥ずべきであろう」

この言葉は深く心に残っている。

この言葉だけで十分今後も生きていけるのかもしれない。

2008-02-28

そのときエンジニアは何をするべきなのか

| 12:26 | そのときエンジニアは何をするべきなのか - あたまのなか のブックマークコメント

倫理の本である。

エンジニア倫理

難しい問題を多く含んでいて、

答えを出すというより

考えを避けることはやめよう、

進んで考えなければならない、

ということを感じさせられる本である。


前にどっかで、技術が正しいかどうかは

作っている技術者には関係ない、

みたいな事を書いているのをみかけたが、

この本の中ではその態度をきっぱりと否定している。


プロフェッショナルと呼ばれる人は、

正義道徳感、環境、世代間における不公平の是正、

様々な問題に対してベストを尽くさねばならない、

という例を示している。


自分のしていることがベストでないならば、

それはプロフェッショナル仕事ではない。

もちろんそれは他人の仕事でも一緒だ。

手を抜いてる人の仕事プロフェッショナルとは呼べない。


まだ読み途中なので、

いろいろ考えながら読みたい。

2008-02-09

まぐれ―投資家はなぜ、運を実力と勘違いするのか プロローグ&第一章

| 04:47 | まぐれ―投資家はなぜ、運を実力と勘違いするのか プロローグ&第一章 - あたまのなか のブックマークコメント

原著はどうなのかわからないが、

俺はこの本の書き方というか、

テンションが非常に好きだ。

外国人作家(の翻訳本というのが正しい)に多いのだが、

著者が朗読するとしたら、

抑え目というか、まったり読むだろうな、

というような文体である。

日本で目にする経済本というか、

この手の本は叫んでいる感じがして、

読み手(俺だ)とのギャップにうんざりすることがある。

熱いのは君だけだ。


本自体はやたら分厚いし、

字がぎっしり書いてあるので、読書好きじゃないときついかな。

前述したとおり勢いでがーっと書かれているわけではないから、

読書というものを速度と量(冊数という意味)で

考えている人は読まないほうがよいと思う。


で、中身のほうを。

プロローグでは、

成功者を100人集めて、共通した特徴をあげれば、

リスクを恐れず、まじめに学び、働く人である」

となる。

同様に破産した人を100人集めて、共通した特徴をあげれば、

リスクを恐れず、まじめに学び、働く人である」

ということも分かる。

では何がその差を分けるかといえば、運である、

ということが長々と書かれている。


これは割りと実感できる話で、

成功者は「夢は努力すればかなう」と言うのはあたりまえで、

だってかなってしまった後なんだから、

わかってますよと。

ただ、前述したとおり、成功と失敗の要因なんて

しょせんは後付けであって、

そんなに大騒ぎするほどの差はないわけだ。

それの良い例が、

成功する10の方法、とか

所得が○倍になる方法、とかを

読む人がそのとおりにならないことだ。

読んでわかってるのだったらやればいいではないか、

その通りにやればなるんでしょ?

でもだいたいにしてみんな気づいてる。

同じことをしても同じ結果にならないって。

なんでかといえば、それは運が必要だ、

と感じているから。

やれば100%同じになるとわかってればやるでしょ。

でもそうじゃない。

現実的に考えると確立は相当低いんじゃないかな。

つまり運というのはそれだけ大きい要素をしめている。

にもかかわらず、

成功者はたまたまなんて言わない、

成功するべくしてしたんだ、

って言うのだ。


以上がプロローグの内容に俺の感想を加味したもの。

書いてて気づいたけど、

俺は感想文書くのめちゃめちゃへたくそだな。


次に1章。

二人のトレーダー物語調にして、

いかに勘違い野郎はたちが悪いかが書かれている。

以下感想


よく頭のいい人はなぜ成功しないのか、

みたいな話題があって、

たいていはリスクをとろうとしないからとか、

未知の領域にはいかないから、

みたいなもっともらしいことを書き連ねるのを見かける。

頭のいい人(普通の思考でもおちつけば)は分かる。

この理論はうそ臭い。

そもそも頭の悪い人は成功してないのかね?

ほんとにそうなのかね?

っていうかそれは現時点で成功してないってこと?

最終的なゴール(それがどこかは個人差があるだろうが)では

どうなのよ?


ほんとうにまがいものだらけだ。

一時の成功こそが全てというような、

マスコミがよくやる手法である。

大きな成功は確かにないかもしれないが、

大きな失敗もしない、

このことについて最近はほとんどの人が軽視している。

そんなばかな。

踊らされすぎである。


本の中では、

よくある地道にやるものが派手にやるひとにたいしての

逆転劇が描かれるわけだけども

そこで得られることは、

あいつの負けは確定したが、

俺はまだ勝ちも負けも確定してない、

まだなにもおわっちゃいねぇ

それだけだ。

以上、よくわからんが終わり。