ふり欠け このページをアンテナに追加 RSSフィード

瀬戸風味@断片部 diary about

1007-07-14いたストについての何か(対CPU)

CPU戦(主にツアー)について

「要注意」とか書いてるけど実際は「そういうもんだと思っておく」程度だったりする。

運が良ければ押し切れるし悪かったらどうにもならない時はある。

便乗(相乗り便乗(相乗り) - ふり欠け を含むブックマーク はてなブックマーク - 便乗(相乗り) - ふり欠け 便乗(相乗り) - ふり欠け のブックマークコメント

自分以外のプレイヤーによる増資に期待して株を買うこと。

なんかある時期から「相乗り」と呼ばれるようになっているようだが、便乗と学んだので便乗と呼ぶ。

基本技であるが、ツアーで勝つためには重要になる、というか、自分の儲けを後回しにしてでも便乗することが勝利への近道だったりする。

なぜ便乗が重要なぜ便乗が重要か - ふり欠け を含むブックマーク はてなブックマーク - なぜ便乗が重要か - ふり欠け なぜ便乗が重要か - ふり欠け のブックマークコメント

  • いただき頼りでは勝てない

巨額の振込みというのは、よほどの好条件でないと分岐や迂回で回避されることが多い。そこがマークを集めるのに必須なルートでも、ワープワープ先のマーク、どこでもカード、6や7で一気に飛び越える等で回避されると思ったほうが良い。ただし、回避不可能なルート(主に銀行周り)は別だが。

ただし、後述するがCPUルート取りが甘いため期待してもいい場面というのは存在する。

  • 株儲けで勝つ

ワンサイドゲーム銀行周り独占とかでもなければ、最終的に勝つためには巨大なインサイダー(297株持って999増資とか。+3000レベル)が求められる。自力で3軒4軒を揃え、サラリーをもらい、五倍買いでエリアを揃え、株を大量に買う…とできれば良いが、そう簡単にはいかない。そのため、「巨大なインサイダーを準備するための資金」を便乗によって稼ぐのが常套手段となる。また、接戦の場合は10売りによって目標に届かせないことも重要になる。

  • 弱いCPUは妨害をしない

大抵のCPUは10売りをしないため、一人のCPUが独走した時に太刀打ちすることは難しくなる。

そのため、先読みで便乗し、10売りでTopを妨害していくことが重要になる。

クラスの違い クラスの違い - ふり欠け を含むブックマーク はてなブックマーク - クラスの違い - ふり欠け クラスの違い - ふり欠け のブックマークコメント

一回の増資額が

  • 100

最弱。よっぽどでなければ便乗すら不要。というか便乗しないほうがいい。

  • 200

中堅。ツアーではこのクラスが多い。

株購入→増資の流れがゆっくりなため、便乗するのに都合が良い。

危険エリアを独占、とかのケースでなければ99株便乗して放置しておくと資産を稼げる。

株を49までしか買わないため現金があまりがちなのもあってか五倍買いは結構積極的。CPUの増資あまりが頭打ちになったら要注意。

後半に危険になってきた場合、10売りを繰り返して株を殺す。独占していようがそのうち増資しても株価が上がらなくなる。ただし、CPUルート取りが甘いので他CPUからの巨大な振込み(による目標突破)があり得る。独占の場合は要注意。

  • 999(弱め)

強い。2~3周目あたりにきっちり中型のインサイダーを決められると厳しくなる。

一周目に先読みで便乗する、後追いで便乗→序盤から10売りなどでマークしておくと良い。

便乗にも積極的なので、このレベルCPUがいるなら99株からの速攻インサイダーも視野に入れる。

10売りや用済み株の処分をほとんどしないので、そういった隙を付いていくと良い。

  • 999(強め)

10売り、改築インサイダー、用済み株の処分(株の乗り換え)をやってくる。

ほとんど人と変わらないが、「逆改築(改築ループ)はやってこない」「10売り等のマークTop狙い」「増資あまり重視で、株上昇値や便乗などの要素は軽視しがち」というところをおさえると案外弱い。Topマークしてくれるため助けになることも(Topいじめはそいつに任せて自分は巨大なインサイダーを仕込む等)。

CPUの弱点(共通) CPUの弱点(共通) - ふり欠け を含むブックマーク はてなブックマーク - CPUの弱点(共通) - ふり欠け CPUの弱点(共通) - ふり欠け のブックマークコメント

  • 五倍買い

独占はまず崩してくると思って良い(ただしキャラや順位による)。

が、3軒を崩してくることはほぼ無い。基本的に「この3軒を崩されたらどうしよう…」と心配しなくても良い。

また、3軒で十分な場合は、無理に五倍買いをして独占しなくてもよいケースはある(五倍買いの際、何割かは銀行に振り込まれるため、五倍買いの応酬は足の引っ張り合いになる)。

具体的には「株を売ってまで五倍買い独占を狙う」戦略より、「3軒で株を大量に買ってインサイダー」という戦略の方が強いケースが多い、ということ。

「長い一本道の先に高額の店がある」というケースをCPUは軽視しがち。分岐で回避可能でも、大きい店を作る場合は期待していいケースもある。

  • 10売り対策はしない

10売りをしたからといって対処はしないため、効果がある状況ならどんどんやっていく&狙う。

  • 増資あまりにこだわる

大きく増資できるエリアを所持していると、大抵の状況ではそこを優先する(状況やキャラ、所持金などによって多少ばらつくが)。先読みで便乗するなり放置するなり。独占エリアを持っていたら3軒エリア放置、とかありがち。

  • 便乗されても増資する

キャラにもよるが、大量の便乗によりインサイダーでこちらが大儲けする状況でも、自分が儲かりさえすれば増資をしてくることが多い。ただし、プレイヤーTopになっている時は「Topを儲からせてはいけない」という思考が働くため、増資をしなくなる。これをうまく利用すると2位を押さえ込めたりする、かも。

トラックバック - http://fragments.g.hatena.ne.jp/setofuumi/10070714
あわせて読みたい