絶望中止+理由消失 このページをアンテナに追加

2007-05-27

[]アキバはアカの巣窟だ!ナパームで原始時代に以下略アキバはアカの巣窟だ!ナパームで原始時代に以下略。 - 絶望中止+理由消失 を含むブックマーク はてなブックマーク - アキバはアカの巣窟だ!ナパームで原始時代に以下略。 - 絶望中止+理由消失 アキバはアカの巣窟だ!ナパームで原始時代に以下略。 - 絶望中止+理由消失 のブックマークコメント

 共産勢力は出版物・放送など様々なメディアを通じて宣伝工作を仕掛けてくる。今日は共産勢力が日本を崩壊させるために広めようとしている悪魔の思想、ジェンダーフリー(=フリーセックス=乱交)の宣伝工作について解説する。

情報戦用テキスト・ジェンダーフリー勢力の宣伝工作

http://fragments.g.hatena.ne.jp/Tez/20070501/p2より)

アキバでアカといえばこのひとが思い出されるが、最近は何をやってるのだろうか。

スク水社長、今度は「ブルマ」

変な山荘に立てこもったりしてないといいと思う。

というわけで断片部活動を再開せんとす。書き直さないのが決まりじゃよー。

[]関係ないけど。 関係ないけど。 - 絶望中止+理由消失 を含むブックマーク はてなブックマーク - 関係ないけど。 - 絶望中止+理由消失 関係ないけど。 - 絶望中止+理由消失 のブックマークコメント

 先日取り上げた記事の冒頭に、こんな話題が書いてあった。

 日本の漫画やアニメに多い「非常に若い正義の味方」という設定は、外国ではあまり例がないものだ。アメリカン・コミックスのヒーロはたいてい30代だし、ジェームス・ボンドシャーロック・ホームズも若くない。スタートレックの乗組員も年寄りが多い。どうして、日本のものばかり、小学生や中学生がヒーロなのか。この話題は、以前にも何度か書いたことがある。先日、その筋の人から聞いたところでは、日本は「敗戦」を経験した、というのがその理由だという。つまり、敗戦によって、「大人たちはみんな間違っていた」という意識が若者に芽生え、これが各種のエンタテインメントに浸透したらしい。真偽はともかく、非常に説得力のある分析だと思った。

若いヒーロと読解力

 これがたとえ読者の"読解力"を試すための冗談だったとしても、こんな奴に"日本のエンタイテインメント"について一言でも語ってほしくないと思ってしまった。

 どのスジなんだか知らないが(ナメラスジか)一度つれてきてロビンやジュビリーやピーター・パーカーについて説得力のはる話を語ってほしいもんだ。あと戦前に『冒険だん吉』が描かれた謎とかな。

2006-05-29

[]言っとくがな、相手は生身の岡田斗司夫なんだぞ! 言っとくがな、相手は生身の岡田斗司夫なんだぞ! - 絶望中止+理由消失 を含むブックマーク はてなブックマーク - 言っとくがな、相手は生身の岡田斗司夫なんだぞ! - 絶望中止+理由消失 言っとくがな、相手は生身の岡田斗司夫なんだぞ! - 絶望中止+理由消失 のブックマークコメント

いや、これを見てつい。

おーい、みんな、相手は岡田斗司夫なんだよ! 基本的には今でも商売人でプロデューサであることを忘れてはいないか?

http://www.st.rim.or.jp/~nmisaki/

2006-05-07

[]クネクネしよう。 クネクネしよう。 - 絶望中止+理由消失 を含むブックマーク はてなブックマーク - クネクネしよう。 - 絶望中止+理由消失 クネクネしよう。 - 絶望中止+理由消失 のブックマークコメント

コメント欄でDISられた。

111『パン食うな、つまんない。

演技、カメラワーク、シナリオ全部が「この世にない方がマシ」レベルだった。

隣のベンチで座っている奴も含めて、全員同い年ぐらいだし。

勘違いしてる大学生達が作ったらああなるよねって感じ。不快。』(2006/05/07 12:48)

 なぜ彼、もしくは彼女が匿名によってこの意見を書かなければならなかったのか、その点に私は注目したい。

 彼(便宜上)の主張は結末としての「不快」にあらわされているのだが、そこに至るまでに彼は、頭を血が出るほど掻き毟りながら『パン食うな』というつまらない作品に対して分析を行い、誤った推測をし、同意を求めようとする(「ああなるよねって感じ」は誤りの指摘に対する二重の防御となっている)。

 彼の意見に同意する者が、彼に同意を示す(同じように不快であることを表す)ためにはさまざまな方法があるが、それらは全て(彼の知人でない限り)ある一手順を期待しなければならない。つまり彼による能動的な同意の散策である。

 このコメント欄であれ、何者かのブログであれ、匿名掲示板であれ、彼は自らの意見に対する同意を発見するためには、自らその意見を探さなければならないのだ。

 しかしここに、彼の求めうる最高の、そして最速の結末がある。書き込まれた作品の作者(つまりおれ)が同意を示せばいいのである。

 これが、ツンデレというものなのだろう。

 では作者は彼の意見に同意するか?残念ながら同意のしようがない。ギャグはどこまででも説明しようと思えばできるが、そんなものは理解できない方が悪い。隣のベンチで座っている奴も含めて年齢差はゆうに十二を超えていた。そして誰一人として大学生ではなかったのだ(勘違いはしていたかもしれないが、それは誤差の範囲であろう)。

 さあ、考えてみよう。なぜ彼は不快になり、これらの誤解を示したのか?なぜ全ての点において「作品の方が誤っているのだ」と考えたのか?

 その答えを探すのが「作品を見る」ということなのだと示唆して、この項を終わろう。

 ということを頭を血の出るほど掻き毟りながら書いたよ!

2006-04-26

[]大阪オフ会します! 大阪オフ会します! - 絶望中止+理由消失 を含むブックマーク はてなブックマーク - 大阪オフ会します! - 絶望中止+理由消失 大阪オフ会します! - 絶望中止+理由消失 のブックマークコメント

4月29日土曜日の夜から大阪梅田あたりでオフ会します!以下未定!

2006-04-25

[]本田透=オウム真理教説 本田透=オウム真理教説 - 絶望中止+理由消失 を含むブックマーク はてなブックマーク - 本田透=オウム真理教説 - 絶望中止+理由消失 本田透=オウム真理教説 - 絶望中止+理由消失 のブックマークコメント

 で、今日『松永英明さんへインタビュー』に頻出した「パシーっとはまる」というあれだよな、って思った。本田透はパシーっとはまったんだ、ある種のひとに。

 信仰というものについて考えた。

 ふつうに生きてると答えって奴はなかなか手に入らない、蝶々ははばたくし、桶屋はなぜか儲かる。だけど、何もかもを知ってる風な顔をしてう、まく生きてる奴はいる。なぜだ。

「きっとどこかに答えがあるからだ」と、ある種のひとびとは考える。だから血液型占いでコミュニケートするのだし、思想書を読んでラカンデリダとエクリチュる。おれはこんな仕組みだと思うけど、君はどうかな?

 根本敬は「混沌に名前をつけると死ぬ」とか「親の因果が隣の子に報う」とか言うけれど、それだって「世界は間抜けが支配している」という仕組みを選んでいるに過ぎない。

 ただその中でも「わからないこともある」とする側と「全てわかる」とする側の両極がある。科学宗教だ。

 科学は問う、宗教は答えをくれる。科学は間違いを認める。問いだから。宗教は絶対に間違わない、なぜなら答えだから。

 迷っている人間に心地いいのはどちらか。

 そして、ハヤシダさんがパシーっとはまっちゃう側だってことを忘れてはならない。もちろん、おれもそうだ。