行乞記

頭の中に鉢を持って知識を乞う
/プログラミングサイド

2013-05-04

[][]人間の範囲と制限についてのメモ 00:13

  1. 少し色々なところで違和感があるので、ここで書き残しておく。
  2. いちいち具体例を出さないが、多くの場合、「人権」とは「人間に無条件に配布される権利」である、という見方を善として是とした人物がいるとして、目の前にいる人間が、他の人間に対して、「彼には人権は存在しているか」という場合に、「いや、ちがう」と答える場合がある。極端な例を出そう。例えば、ギリシア辺りでは、奴隷の扱いが「物言う道具」という扱いでしかなかった。下品なことを考えるなら、「道具」は果たして「人間」の範疇に入るのか、ということ自体を問わなければならない。つまり、「人権意識」と「排斥主義」というのは、認識的な上においては一致していまう。なぜなら、彼が目の前の人物を、たとえ生物学的/立体的/社会的……そういった積み重ねの結果の極限値として「人間」だったとしても、彼らが彼を「人間」と扱うかは別問題だからだ。(付け加えるならば、そのことに怒ることはとても正しいことだと思っている)
  3. 何かしらの行為に対して、それを禁止するといった場合、そもそもその行為を行なわない人間にとっては、その禁止行為は、例えて言えば「空気」のような存在である。例えば、私は自力で手をバサバサやることによって空を飛ぶことができないが、それに対して「手をバサバサやることを禁止する」ということには意味ないし、そのことを気にもかけないだろう。そのように考えるならば、ある禁止事項というのは、「自分が行なわないであろうことをベースとしている」という前提として想定した場合、それを「なぜ禁止するのか」という問題は複雑さを増す。(しかし、このような禁止行為自体が、その禁止の行為自体ができる可能性を、我々に伝えてしまうという側面があるが、これに関しては別件)
  4. 世界観認識として、どうしても外せないのが、「私たちは脅かされている」という意識だろうと思う。これについては明確なことが言えないので、雑にメモしておくだけだが、例えば心理実験の一つに「コップに水が半分ある」といった状態の場合に、「コップに水が半分しか入っていない」と思う人間と、「コップに水が半分も入っている」と思う人間がいるのは、よく言われるたとえ話だが、例えば目の前にピザがあったとして「このピザの価値を増やして皆に満足させるにはどうすればいいか」と発想する人間と、「ピザの価値は一定なのだから、あとはそれを奪い合うしかない」という価値観を持つ人間がいる。後者にとっては、もしかしたら「隣人は敵であるかもしれない(私のピザを奪う他者であるかもしれない)」という判断が高くなる可能性はある。(もちろん、ピザを盗む人間がいるのは現実的に仕方ない側面があり、その辺りの折り合いについてどう考えるかというのは別レイアーの問題なのかもしれない、とも思うが、現時点では保留する)

2012-06-02

[]「こんなこと勉強して役に立つの?」という子供への答えについて 02:38

  • 論点として、そもそも知識について「役に立つ」か「役に立たない」の二種類がある。これは古典的には実学と虚学の対立。
  • 何かしらの勉強を役に立つと思う人間は、それが何かしらを生み出すために必要であると思うため、それを理解させる。これは具体的な有用性の問題である。有用性を理解させる方法はいろいろあると思われる。有用性というところでは、例えば単語を100個覚えたら飴玉を一つ上げるという方法もあるわけで、極端な話、それが「役に立つ」ということでもある。
  • 何かしらの勉強を役に立たないと思う人間は、それ自体が面白いからだという。
  • 子供が「こんなこと勉強して役に立つの?」という問いに大人たちが苛立つのは、大人にとってそれが子供にとって必要であると思っているのにも関わらず、それを無意味だと言われているように感じるからだろうとは思う。だから、子供の「役に立つの?」という問いに対して、それは無意味ではないというように答える。
  • ただ、一つだけ言えるのは、子供にとって明らかに「知識」というもので勝負している世界というのがあり、それによって動かされている世界があるということは覚えさせてもいいかもしれない。簡単なゲームをやるのでもいいだろう。要するに、「知っていること・考えていること」ということで勝負している世界がある。もし、子供がそういう「知っていること・考えていること」に対して勝負している世界というものに、興味を持つならばそれで生きていけばいい。
  • 以前にバカな芸能人を集めて舞台に立たせて誤答を笑うというテレビ番組があったが、得てして、大人たちにとっても、知識や知性というのは「こんなことを勉強しなくてもいいのではないか?」と思わせるものであったり、「もっと勉強しておけばよかった」と後悔したりするものだろうと思う。むしろ、子供には、一般的に言われているような「勉強」という世界とは違ったステージの戦いがあり、もしかしたらその道も選べるのかもしれない、ということをわからせて、それでホッとさせればよい。子供にとって、そっちのほうが有用であり、道は一つではないと思う。
Join the Blue Ribbon Online Free Speech Campaign