行乞記

頭の中に鉢を持って知識を乞う
/プログラミングサイド

2015-03-15

はるしにゃんという人の文章を読んで、今の20代にとって80年代とはなんだったのかがわかった気がする 04:47

お探しのページは見つかりませんでした。 - はてなブログ が最近文章で上がってきて読んだところ、若い人たち、特に20代にとって80年代というのは、むしろ「新しいもの」なのだな、という感じがあって印象深かった。このはるしにゃんという人は、ゲンロンカフェ(東浩紀がやっているやつね)に出入りしていて、ブログとかも、俺よりは読者が多いみたいだし、界隈も近い感じ。実際に一度LINE越しで話したところだと、良くも悪くも正直なところはいいところだとは思う。ごく一部の界隈では噂の絶えない感じで、そういうゴシップを聞きながら「そういえばゼロアカ道場なんていうのもあったなー」という感じになったりしていた。

それはともかくとして、例えば、岡田斗司夫の問題とかは、いわゆる20代にとっては、「オタキング」としての岡田斗司夫ではなく、「社会評論家」としての岡田斗司夫ということのほうが強いという話を聞いて、へーと感じたりした。例えば、自分の歳(30代)だと、岡田斗司夫っていったらまず最初にガイナックスの設立者だよね、という印象で、当然岡田斗司夫といえば、相棒は唐沢俊一になるのだけれど、例えばお探しのページは見つかりませんでした。 - はてなブログの文章を読むと、そのあたりの文脈がすっぽりと抜け落ちていてとても「不思議な」気持ちになったのだけれども、そうなのか、ガチャピンといえば「開け!ポンキッキ」が通じない世代というのもあるのか、というところを考えて合点がいったりしていた。(ちなみにオタク論的には両者とも、ネットの炎上の対応しそこねで沈没したところは、おそらく興味深い問題だと思うんだけど、今回はそこを省く)

また、他にも はるしにゃんの幾原邦彦論 Vol.1 少女的理想と現実の狭間にゃん - KAI-YOU.net の総論部分であるところの†さんのツイート: "アニメというのは記号の集積が動いているものという認識です。そして記号は必ずしもシンボルとは限らない。おおよそアニメというのはC.S.パースの用語法で言えばイコンです。そこにシンボル的なものを強調して入れるかどうかは監督の裁量と才能となという解釈、俺の理解だと「記号的な集積からシンボルを読み解く」という解釈方針に関しても、既に蓮實重彦が『物語批判序説』から一貫して距離を置き続けてきた、いわゆるストーリーというか、象徴みたいなものから距離を置いて、あえて映画作品の関連からの記号の集積として、あるいは引用とその解体という作業を通じての読解ということになっていた筈で、そのあたりがさらに逆転してしまっていて、乱暴にいうとアニメ記号の集積だから、逆にそういうシンボルを読み取ろうというのは、結構時代を遡っていて面白いなと考えたりしていた。少なくとも批評的にはたぶんそうだと思う。

ちなみにシェアハウスの問題に関しても、この総括が既に「だめ連」的な問題に遡っているわけで、でも考えてみればもう20代には「ヒッピームーブメント」とか「カウンターカルチャー」という単語は知っていても、「だめ連」があったなんて知らないんだよなということを、感慨深く思ったりしていた(あえてギリギリ素人の乱くらいだろうか)。

こういう風に知識をだらだらと羅列しても老害の戯言にしかならないわけで、これを不勉強だからというのは背伸びした説教に過ぎない。世代論で片付けてしまうのもどうかとは思うのだけれど、とはいえ、若い人で批評をやる人にとって、どのあたりがネックになっているのかはわかったりしていた。俺もそうだし、いつの時代の若者は、歴史というのを体験ではなく、資料として読み漁らないといけないわけだ。そして、その資料を読み漁るのは思いの外面倒臭いのだが、しかしその資料を読まないと、容易な歴史性への言及自体が、単なる過去の反復にしかならなくなってしまうのは問題なんだよな、というか単純に努力家なのになんだかもったいないよねとは思ったりする。

自分もそのあたりはちゃんと意識しておこう、と自分より下の文章を読んで思ったりしていた。

Join the Blue Ribbon Online Free Speech Campaign