行乞記

頭の中に鉢を持って知識を乞う
/プログラミングサイド
 | 

2012-05-29

共感と賛同のコストが下がっているという話 18:49

そういえば、罵倒するコストが下がっているという話を聞いて、自分は「それほど2chのときと変わらないんじゃないかな。ただ絶対的なコストが下がっているだけで」と思うんだけど、むしろ気になっているのは、共感と賛同のコストのほうが下がっているということなんじゃないかなと思う。

基本的に共感と賛同が悪いものではないし、個人的にも「いいもの」はできるだけ褒めたほうがいいと思っているタイプなんだけど、これが不味いのは、承認が得られた!と思って、実際に行動してしまうと、意外に受け入れられないというパターンがあったりするのが不味いなーと思う。共感と賛同は蜜の味だしねえ。自分もよくおだてられて余計なことをしちゃうタイプだけど。

だもんだから、スルー力といったときに、罵倒であると同時に、安易な賛同もスルーするような力が求められているんじゃないのかなという気がする。あとは、プレゼンとして「自分はこれだけ価値があるんだ」って見せつけるためだけに賛同した反応を載せていく、みたいな実利的な部分。人は安易に罵倒をすれば、安易に賞賛もするわけで、賞賛してくれた人が、何かしらの行動に対して責任を取ってくれるわけじゃないよね、という冷静な眼は必要だなあと感じたりする。

 | 
Join the Blue Ribbon Online Free Speech Campaign