行乞記

頭の中に鉢を持って知識を乞う
/プログラミングサイド
 | 

2012-05-18

[]学生支援サービス 13:27

  • 日本学生支援機構」は、返済義務が生じ、滞納するとブラックリストに1万人が登録されるという時点で、それは明確に借金なので、「奨学金」という綺麗な言葉を使うべきではなく、あくまでも学校に行くための借金であるということにしたほうが良い、と俺は思っている。ちなみに、海外の奨学金制度の比較に関しては、民主党議員のすずきかんという人がまとめている -> suzukan.net民主党というだけで怒る人がいるので、そういう人はスルーしてください)。
  • 上記の認識を背景に、自分としては、自己資金において借金の比率はできるだけ少ない方が良いと考えているので、それで自分が楽になるためであるならば、なんらかの形で、自分が持ちうるものをお金に還元していいとは思っている。
  • 自分も乞食めいたことはちょくちょくやったので、乞食行為自体はそんなに悪くはないと思う。ただ、乞食行為はプライドをゴリゴリ削る(SAN値的な問題)。ブックマークを見ると、さっそく坂口さんを非難している人も多いけれど、そういうのに耐える精神力が必要。
  • 学生支援サービスを作った人達は、liverty.jp このドメインはオークション中です。という人達で、入家さんや、僕秩の人などが名前を連ねている。これを見る限りでは、一つのサービスがバズった時点で勝ちだという側面があるのかな、という気がするので、それが「炎上マーケティング」と罵られたとしても、サービスの知名度をあげるという点では、成功したんじゃないかと思っている。
  • 問題は、順番かなあという気がしていて、「学生支援プラットフォーム」というのにも関わらず、「如何なる意味でプラットフォームなのか」という点がよくわからないし、どういう展望を持っているのかもよくわからない。例えば、この人達の「学生支援プラットフォーム」は、人を選んで行うのか、それとものちのちに、どんな学生でも登録できるようにするのか、という点が曖昧であるという部分が、余計に話をややこしくしているのではないかと思う。要するに、坂口真綾を表に出しすぎていて、それこそ「坂口綾優支援プラットフォームサービス」にしか見えない。システム代も、いまいちよくわからない(集める募金の1割だというのはわかったのだけれど)。
  • この辺りに関しては、本人も弁明しているみたい。-> no title >> 批判の理由は至極ごもっとも、単なる説明不足だ。この件について家入一真氏も「言葉足らず」と本誌にコメントをくれた。
  • 昔からかもしれないが、「恰も綺麗事をやっている」というその外見が余計に印象を悪くしているのかなという気もしている。このプラットフォームを「金くれ」と比べる人が多く、どちらかといえば「金くれ」のほうが乞食感が強いし、自分の通帳を公開するというリスクが生じるという点では悪くないと考えている人は多そう。
  • 坂口綾優が選ばれた理由としては、なんとなく想像はできて、想像というか妄想の域ではあるのだが、おそらくは「坂口綾優ならお金を出してもいいよ!」というオジサン/オバサン方が一定数いることが見込まれたのではないかなとは思う。こういうサービスは実績が必要なので、それが見込める可能性が高かったのかなという気はしている。
 | 
Join the Blue Ribbon Online Free Speech Campaign