Hatena::Groupfragments

mtx-hoge

2009-04-22

ダイスを30個同時に振って、すべて1の目が出たら死ぬ遊び(2)

| 21:44 |  ダイスを30個同時に振って、すべて1の目が出たら死ぬ遊び(2) - mtx-hoge を含むブックマーク

…が仮にあったとして

→「成功したとき(30個のダイスのうち、1つでも1以外の目が出たとき)、いくらもらえるなら、その遊びをやろうとするだろうか」

→「私の命の値段はいくらだろうか」(報酬額に4*10の24乗を掛けたもの?)

という問題にすり替えるような思考が、嫌いだ、というタイプの人もいるってことじゃないのかなー。

たとえば自分なら、報酬が1000円なら、たぶんやらない。報酬が10000円で、かつ、そこまでの会話中に「こんなくだらねー遊びやんな馬鹿」と怒鳴ってないなら、やるかも知れない。

しかしそのとき、「あーオレは冷静な判断をしたぞ、オレの命の値段は***円だ」と思うかというと、それはないだろう。欲に負けて自分の何かを売った気分になるだろう。

そんな気分になるのは個人の勝手だし主観だから、他人にわかってくれとは、言わないけどねー。

感情論の括りだし

| 12:41 |  感情論の括りだし - mtx-hoge を含むブックマーク

たとえば

assertion::ネット経由のストーカーはいる?

みたいなキーワードに対して言及トラックバックをした上で(もちろん、そのキーワードに書かれてある主張に同意していることが前提)自分の賛意や差分を表明する。

「はてなアイデア」で「こんだけ人が集まってるんだから実装しろよーわーわー」ってデモまがいのことをやりながら意見を集めるよりはマシなのではないか。

use assertion::ネット経由のストーカーはいる;

みたいに日記の1行目に書いて言及すれば、なんとなく嫌がらせっぽくもなります(誰への嫌がらせかはよくわからない)。

g:fragments は洗練された感情論ライブラリを提供し…ま…せん…

(追記:キーワードのプレフィクスのルールにassertionを追加しました)

ダイスを30個同時に振って、すべて1の目が出たら死ぬ遊び

| 06:56 |  ダイスを30個同時に振って、すべて1の目が出たら死ぬ遊び - mtx-hoge を含むブックマーク

「そんなのやりたくないよ」

「なんで? まず死にませんよ。確率は4×10のマイナス24乗です。年末ジャンボの一等に3回続けて当たるよりも低い」

「嫌なものは嫌なの」

「どうしてですか? 嫌である理由を説明していただけますか? 過去にそういう確率の遊びで人が死んだ例を示していただけませんか? それからあなた、この遊びより死亡リスクの高いことをほかにやってるんじゃないですか? だとしたら矛j」

「うるせー馬鹿」

「根拠もなく感情論を述べて、挙げ句の果てに恫喝ですか」

「いいよもうどうでも」

…という酷い話を思いついた。5年前のおれが長文エントリを書いたことにして満足する。

(追記:この記事に「ダイス」「遊び」で検索があって、さすがに申し訳ない…ダイスゲームを扱った本としては、R.Kniziaの「Dice Games Properly Explained」などがありますので、参考にされてください…。)

あとは並列的に脳に湧いたことをメモ

| 08:21 |  あとは並列的に脳に湧いたことをメモ - mtx-hoge を含むブックマーク

a.

心情的には、当該のアイデアのコメント欄でBrittyさんが書かれていることを応援する。この手の話題で、誰かめんどくさいことを書く人が常にいてほしいと思う。(それが意志決定に何の影響を及ぼさないにしても、記述が残る意味はある。)

b.

この話自体、「Myはてなアンテナ」の印象と一緒になって出てきた(私も途中までその話だと思っていた)ので、印象としてはあまりよろしくないものを感じる人がいるかも知れない。

要望される側としては、なぜ今なの、という話だと思う。今まで普通に使ってたじゃねぇか、という。

c.

要望する側としては、いや、今だから言うが、という話かも知れない。このさいだからみんなどう思っているのか聞いてみよう、という。

d.

どんな偏った立場であっても、それを集約する場所があるのはいいことだと思う。その場所が要望を可視化する「はてなアイデア」であるというのも、筋が通っているとは思う。しかし、「これは踏み絵になる」みたいなとらえ方をして、当該アイデアの上でなにやら扇動をしようとする人がいる中では、集約としての機能を果たさないのではないか。

d2.

というより、はてなアイデアには「立場の集約」という機能と「要望の実装決定」という機能があって、前者が達成されると自動的に後者がかなえられると思ってる人が多いのがイタい。「なんで不具合報告をはてなアイデアでやんなきゃいけないんだ?」という話にも関連

e.

XとYが半々くらいですね、という観測を書いちゃうのは、若干の茶番感をおぼえる。中学校の学級会で「では多数決をとりまーす」と言ってるやる気のない学級委員的な何か。

f.

http://lislog.livedoor.com/r/24558 母集団が定かでないアンケートも、アンケートをとったという事実に価値を感じたがる人には効力を発揮する、という意味では、画像を右クリックすると「右クリックは禁止です」を表示するJavaScriptのような効果はあるのかも知れない。「このようなアンケートがなされ、民意が問われました」と感じたい人にとっては意味がある。

そういう意味では、きわめて批評的なアンケートだと思った。結果には「参考までに」以上の価値はないが、この話題をある角度から問題視している人を、黙らせる効果がある。

…えっ、ネットリテラシーの高い人もこのアンケートの結果を使って「だからお前等黙れよ」って思ったりするの? まーたまたぁ、プロレスがお上手ですね。

g.

少なくとも、立場の集約と、その実現というフェイズは分かれているべき。たとえば「こんなストーカーがいる」という話は、どんな特殊な例であっても、完全に「いねーよ」と否定することはできない。否定できないことが問題ではなく、そこは何を持ち出してもいいし、どんなアジり方をしてもいい。しかし、相手が意志決定をするかどうかは、相手に任せるしかないのではないだろうか。

h.

「時刻が出るのが嫌な人はプライベートモードにすればいいと思います!」という意見になぜか腹が立つのは、あんたそれ、問題を解決したことにならないって自分でもわかってて、わざと言ってるっしょ? と思えるからなのだが、本当にそういう意味で軽率な発言をしている人がいるのかどうかはわからない。私の脳内の藁人形かも知れない。

i.

i.hatena.ne.jpでnaoyaさんが発言したのを受けて「はてながこの問題を認識していることをアナウンスした」と解釈する人を見た。アナウンス…? 発言しただけなのにそんな言質を取られるとは、はてな社員はほんと大変だ。はてな社員の触れる物すべて金になるとか、そういう世界なのか。

j.

社員の人のアカウントには、サブアカというか、ペルソナを別途持たせて、「これはこういう立場の発言ですが」というのをはっきりさせたほうがいいと思う。

k.

ekkenさんなどのブコメツッコミによって、ボロが出たりする人もいて、もうほとんど最初からそういう人がボロを出すのはわかっているのに、それをわかって突っ込む(各個撃破してまわる)のは性格が悪い。性格が悪いというか戦略的にもよろしくないのではないか。いったん「君たちはつまりこういうことが言いたいのか」とまとめられないものか。

追記

コメントにリプライ

b:id:ekken さんbookmarked:

はてな, はてブ, 危機管理 プライベートモードにしたら問題解決するんだが、何故それを否定しているのか不明。俺は他者に対する言及を被言及者が見ることができないのは嫌いなので、それを推奨しないが、時間を知られたくないという欲求は解決

ここまでの話の脈絡で「危機管理」という話に限定されているのか、「危機管理」の話ということにしたいのか私にも不明ですが、まぁそういう枠組みではない話だろという立場から言うと「プライベートモードにするっていう選択肢を最初に思いつかなかったわけ、ないじゃない?」となるんじゃないかなー。

100%「危機管理」の話だったら、「プライベートモードにすればいいのに」に対して、それはそれは貴重なアドバイスありがとうございます、って答えになるかも知れないけど。

追記2.

b:id:triggerhappysundaymorning さん bookmarked

結局個人的な不快感のみで時刻表示なくせって主張してたのに「セキュリティ的にももにょもにょ」とか余計な事言ってたってだけなのかな.

そう思います。

個人的な不快感を覚えた人が複数いて、その人たちが、「あれ、この不快感ってオレだけじゃないんじゃないの? (理由は何かよくしらんけど、この不快感には普遍性があるんじゃないの?)」と思ったことのほうに、意味があると思う。

それを、「おまえ個人の主観」といちいち分断するから、荒れるんじゃないでしょうか。

個人的な不快感を覚える人が複数いた、ということが、煽りなく記述されるような仕組みがあれば、展開ももうちょっと違うと思います。