Hatena::Groupfragments

mtx-hoge

2008-11-17

スローなブクマにしてくれ

| 13:29 |  スローなブクマにしてくれ - mtx-hoge を含むブックマーク

アルファブロガーの権威の失墜とか出版社のマーケティングとか、自分の問題意識では関係ない。「読んでないのに感想を語るな」=「ブクマであれこれ言うのは読んでからの権利ですよー、はいよーいドン」、という煽りが、Amazon祭り状態を作ったことが問題なんだと思う。

あぁ、祭りが問題っていってもたぶん通じないんだろうなぁ、という諦念はあるな。原因は何であれ、ある本が話題になって、その感想を語る人が増えるということをイベントごととしてとらえてしまうのは、貧しいことだと、私は思うのだ。「はてブトルネード」とかスカしてんじゃねぇよ、って。

私たちは、いつでも何に対してでも、自分の関心を向ける自由があるのに。

(で、それは「ホットエントリ」にあたかも何か価値があるように思ってしまうはてブ経済圏ぜんたいの問題でもある)

別に私は梅田さんが嫌いでも好きでもない(意識的に「読んで感想を書け」的なイベントを起こしているわけではなく、強く薦めたら結果的にイベントになってしまった=そこは本当に天然…だと思いたい)のだけど、

「ブックマークしてくれた人、今じゃなくていいから、いつかこの本を読んでみてねー。そして、何か感じることがあったら、君の周囲の人に伝わるような言葉で感想を書いてみてねー。僕がこの本のことを考えるのに飽きたら、人の感想を僕は読まなくなるし、僕の知らないところでひょっとしたら誤読したり浅い感想を書いたりする人もあるかも知れないけど、それでも、それはその人の周囲に伝わるだけ意味があるよ。ごていねいにオピニオンリーダーに感想を返信しなくても、自分の周りに通じるよう書くことを繰り返せば、社会全体はよくなっていくと思うよー」

…といったことは、少なくとも言わない人なんだなー、と思った。