Hatena::Groupfragments

mtx-hoge

2008-10-06

「わかる」ってなんだろ

|  「わかる」ってなんだろ - mtx-hoge を含むブックマーク

あるいは「わかってねぇなぁ」って何様のどういう立場のコメントなんだろう。

この人がどうなれば満足だったんだろうか。

  • 1.Web開発者の生態系を学び、コミュニティの一員になる。結果的に趣味の悪い・穴のあるサービスを作らなくなる。
  • 2.とにかく、自分のやってることが悪いことだと認識して、趣味の悪い・穴のあるサービスを作らない。

このどっちだろう。

  • 1が達成された結果、自然に、2が達成されるかも知れない(希望だけど)。
  • 2が達成されても、1が達成できる保証はないかも知れない。(KENT WEB的な、生態系外の異星人を遠巻きに眺めるようなアレになる)
  • 1には時間がかかる。しかしやるべきことには地図が用意されている。少なくとも地図があると思われている…が、どんな人にもその地図が有効かはわからない
  • 2には時間がかからないかもしれない。難しいことを考えなくてもいい

で、「わかってねぇなぁ」という人は、その分け方でいうと、2を希望してんじゃないのかなと思うんだけども。そもそも相手に「自分のやってることが下品」と倫理的にわからせておとなしくさせることが、ここでのミッションなん? 「わかる」っていうのはそういう個人的な品性のはなしなん?

だとしたら、今後も同じような人が出てきて同じようなことをやったときに、同じように個人の問題にできて叩けるので話題が尽きなくて便利ですね。

あーたぶんあれだ

なんか書きたくなるのは、上のブクマコメントにおれが勝手に「いい話読みたい欲」みたいなもんを感じるからかなー。

ちゃらちゃらしてたこんなオレですがギークにオルグされてある日目が覚めました無頼の日々恥じ入るばかり学習の高速道路走って数ヶ月後には万歳ここまで成長しました、みたいなものを読みたいんじゃないか、っていう。で「感動した」「いろいろあったが今後の成長が楽しみ」とかハートフルブクマしたいだけなんちゃうの、っていう。

そのオルグされっぷりを観察するという性根が気に入らないし、そんな簡単になんでもかんでも「現代のトキワ荘」になるかっつの>藁人形。馬鹿馬鹿しい。

まとめ

「高速道路にアホが乗ったら困る」という問題に対して

  • 1.「アホの子がアホを直しながら高速道路に乗れるようになれんのか」
  • 2.「アホを直せない奴は去れ、ここは性善説(see.mtx::マイナス辞書)の支配する場なるぞ」

という二つの態度をとることのどちらがまともか。

「とにかくやってみろ」「とりあえず穴塞げ」「coderepos覚えろ」というのは1の中の各論じゃないのかなーと思った。

あと

「で、お前はust見たの?」「見ても不愉快だと思ったから見てません」とか話が噛み合ってない。

技術的な善し悪しや勉強の仕方をはなれて、そいつの人格やセンスを云々するなら、別にそいつの言ってることには同意しなくてもいいから、少なくともそいつの生の声を聞く機会を利用したらどうなんだ、ってことだと思うけど。

「オレたちゃ性善説でやってんだよ」

そりゃ結構なことだが、その性善説っちゅうエートスはどこで生まれたのか、正当性はどれほどのものか、ということを突きつけられてるんだと思う。今回のはなし。

技術者倫理って言うけど、それ単に、それまでの村のしきたりとか多数決で決まってることじゃね? みたいな。「アホの子が一人出たくらいでそんな大騒ぎするか?w」 という意見の人にはここらへんが響いてなさげ。

単純化するとこういうことかなー。

何か作りたけきゃこの文書嫁・この本嫁・過去ログ嫁・カンファレンスこい、だとかで、これまでは済んでいたかも知れないことが、あまりにも簡単にサービスが作れるようになってしまったために、エンジニアギルドを完全に無視してものが作れてしまうようになった。

特にさかのぼって技術を理解しようとしなくても、そこそこのものが作れてしまう、ということは、同時に、ギルドの倫理を知る機会がなくなることを意味する。

かつては「学ぶ」ということが倫理の教育も兼ねていた。というか、知識の獲得と倫理規範の学習はあまり区別されていなかった。

とりあえずやってみろ、学べばまともになれるからdisられなくなるよ、というのはそういう前提から出てくるし、次はcoderepos覚えろ、っていうのは、つまり、ギルドに入れってこと。

今回、相手がそういう古典的な教育方法が通じない人だったとしても、そこから

  • もっと別の教育の道筋があったりして?
  • ほんとうに全然通じなかった場合、「ギルドに入らなくてもなんかできちゃうし有名になれちゃうよ~」という別種の価値を許容してしまうしかないのか? それって、技術者ギルドの倫理が相対化されちゃうんじゃないの?

という問題になると思うのだ。「こいつに何言っても無駄」という個人叩きで終わるんじゃなくて。

まとめ2

今後、webで技術者倫理の正当性を維持しつづけるためには、

「さまざまな宇宙的センスの持ち主を、技術者ギルドに導くための道筋を用意する」

必要が出てきそうで、それが頭痛いなぁ…という話であると、理解した。