Hatena::Groupfragments

mtx-hoge

2008-07-31

anotherさんあやまる

|  anotherさんあやまる - mtx-hoge を含むブックマーク

私怨というかanotherさんの「名前空間」という概念のぶつけかたは言いがかりだし、汚染だとか何だとかいうのは個人の趣味だと思った(キーワードの存続云々の諍いでは、そういう非難も引き受けて自分が公共性の責任を負うという人が片方に現れ、それを簡単に「自治厨」などというわけだ)。

それに対してyappoさんが「anotherというキーワードを所有してる奴」とか返すのも趣味的というか謎語に謎語で返す作法であり、まぁそうだよな、雅なことだよなと思った。

しかし下のエントリにも書いたけど、「エッジ」とか「はてなキーワードの可能性」とかいって元キーワードを擁護するのは、私は好きになれない。なにそれ? どんなキーワードであれ、言及捕捉のために立てたのであれば、そこに存続する最低限の権利を有している。それをなんで<エンジニアの人>はwebの未来かなんかにつなげて守りたがるのだろうか。

そのへんの大雑把さに対するanotherさんの好き嫌いもあって、プログラミング用語をぶつけて妙な絡み方をしてる(ブックマークで「エッジ」とか「キーワードの可能性」とか言いたい<エンジニアの人>を釣ってる)のかな、と勝手に私は思っていた。

釣りであれば、たとえば

キーワードの文字の長短を変数名と同じと考えたら、短いキーワードほど重要なものであるべきだろ? だからバキニゲみたいな短いキーワードには内輪じゃない意味が要求されるんだよ!

みたいなおかしな理屈をぶつけることもできる。筋違いの言いがかりだから、まともなリアクションは期待してないけど、<エンジニアの人>に対する全方位的なツッコミとして、そういうおかしなやりとりがあってもいいんじゃないかと思った。

もっとやれと言ってるのではないし、私にはそういうやりとりをする根性も体力もないから、思っただけだし、とくに何もしないんだけど。

で、絡むこと以外で何かできることがあるか、とちょっと考えた。ヨシオリの彼女どうたらこうたら(d:keyword:Yoshioriの彼女になりたい!)、というキモいキーワードは「はてなダイアリークラブ」というキモい枠が適用できると思ったので、カテゴリを移した。

名前を読み違えていたので直しました(s/ヨシノリ/ヨシオリ/)。失礼しました。

ダイアリでの言及捕捉のためには、名前が十分ユニークであれば特定カテゴリ下に勝手なキーワードを作ってもいいよ、というローカルな文化がはてなダイアリーにはある…もとい、あった。エッジとか可能性とか言わなくても、そのローカルななんちゃらクラブとかいう紳士協定で、キーワードを削除から守ることができる。「はてなダイアリークラブ? なにそれ…」ちょっとくらい誰かに、こういったキモさを味わってほしいものだと思った。

まー「自治厨」よりひとまわり視野の広い「web厨」というのがあるとして、<エンジニアの人>に「web厨め」と言ったところで、上等だよ、という返事なのだろう。anotherさんのエントリもそうだけど、開き直っちゃった人には特に言うことはない。

「web厨」のグローバルな価値観が「自治厨」の狭量な価値観を上書きすることは避けられない。anotherさんの上のエントリは、キーワード奉行職を返上する宣言と読めないこともないし、今後もキーワードでanotherさんみたいなケッタイなことをする人は減るだろう。

でもそこに狭量な価値観があったことは、誰か覚えていてもよいと思う。キーワードカテゴリに「はてなダイアリークラブ」とかいう妙なものがあることを、だれか時々確かめてほしい。