Hatena::Groupfragments

mtx-hoge

2006-02-23

妄想

|  妄想 - mtx-hoge を含むブックマーク

  • たとえば、bbsというものには<スレッド式で展開する文脈を守れ>という不文律が働いているのだけども、この「文脈」を、場のものではなく個人所有のものにできないかということだと思うのだった
  • 広い視野で見れば、ブクマもwordlinkもそのことを指向しているのだと思う。
    • ソーシャルブックマークというから誤解があるのかもだが、以前書いたようにソーシャルとはまず過去の自分と今の自分のソーシャルなのだ
    • 隔離された空間でタグを自由に使っていいよ、といわれたはてブを想像してみるとよい。そこに残る価値が文脈構成の自由なのだと思う(まぁタグがそれに適任とは思わないけど)
  • ブログのアーティクルとトラックバックでつながる記事群というのもそうなんだけど、めんどくさがりの目でみると、あのー君たちは何を正座して、「**さんから**というご意見をいただきました。それに対して反論します」とかやってるんだ、と思うのだ
    • 整理する理由A)自分自身が後で見たときに過程を追いたい
    • 整理する理由B)整理しながら書くことでそのやりとりを誤解ないものにする
    • …というのはおいといて
  • 文脈を個人が所有したい、というか、個人も文脈を所有したいじゃん、というか。

ノードと接続に分解される

ここに貼った図でいうとこれ

この連続でbbs・sbs・日記をかたちづくっていることにできないか、という妄想。

sbsでは、記事を自分が書くことはないが、ひも部分をユーザが自由に編集できるという点、web(あーえーと、ブロゴスフィア)とは別のレイヤに意味を発生させた点が画期的だった(だからオレ語タグはどんどんつけていいと思う)。人のひもが見られる、というのは、本質的な価値ではなくむしろ、ひもをつける動機付けにすぎない気がする。

bbsにはあたかも一つの文脈(空気)が存在しているかのように、口のききかたその他について、鍋奉行がいる。でもそれは、文脈が一つと信じているからなのじゃないだろうか。私が思うもう一つの文脈を私が編集してはいけないのだろうか。

(これは消える可能性がある)

ブログのアーティクルに対するトラックバックは「言及通知」というか「関連性の通知」と思うが、「私のアーティクル」から「あなたのアーティクル」にトラバを打った、という発想は

ここからずれている。手軽に記事AとBを関連づける、「書く私」と別の「ひもづける私」がいてよいと思う。

anotheranother2006/02/23 22:30[ブクマ] see g:mealpack:id:nobody.

mutronixmutronix2006/02/24 08:38上を書いたときに健康的と評したのはwanparkさんを指しています

mutronixmutronix2006/02/24 09:16というか健康的とか書いてない…