レゴブログ このページをアンテナに追加 RSSフィード

2006-07-13

[][]YouTubeで見れる日本のスーパーアニメーターの仕事 - rocketdolphinの日記 YouTubeで見れる日本のスーパーアニメーターの仕事 - rocketdolphinの日記 - レゴブログ を含むブックマーク はてなブックマーク - YouTubeで見れる日本のスーパーアニメーターの仕事 - rocketdolphinの日記 - レゴブログ

http://d.hatena.ne.jp/rocketdolphin/20060709/p1

それにしても、アニメ見ただけで、誰が担当したかまで分かる作画オタの眼力はすごい。

ホントなんで分かるのよ。

リンクに追加↓

http://fragments.g.hatena.ne.jp/massunnk/20060709/1152439795

[][]著作権者たちはYouTubeを新たな宣伝広告媒体として活用せよ! 著作権者たちはYouTubeを新たな宣伝広告媒体として活用せよ! - レゴブログ を含むブックマーク はてなブックマーク - 著作権者たちはYouTubeを新たな宣伝広告媒体として活用せよ! - レゴブログ

↑まぁそんな単純な話じゃないんだろうけど。

煩悩是道場 - はてな離脱計画

http://d.hatena.ne.jp/ululun/20060712/hatena060712

自分が正しい行為だと思ったら法律を破っても良いという理論を、はてなは持っているのだろうか。

法律を変えるのは言論ではないのだろうか。

■deblog - 法律を変えるのは言論ではない

http://d.hatena.ne.jp/TERRAZI/20060713/p1

うーん、あのね、法律を変えるのは言論なんかじゃないよ。エラそうな人がエラそうに「著作権とは」とか言っても、なーんにも変わりゃしないよ。…

時代はさ、常に動いている。それと同じく「正しい」も変化する。それなのに物差しだけそのままじゃ先に進めない。

Web2.0=ハルヒズム

物事を「正しい」とか「正しくない」とかで見るのは、「間違ってない」けど「面白くない」んだ。そう、大事なのは「面白いか」「面白くないか」なんだよ。「正しくないかもしれないけど、面白そうだから、とりあえずやっちゃえ!」ってのがWeb2.0ってヤツなんじゃないかな? 時代に閉塞感が漂ってる今、一番大事なのはそこなんだよ。

前者後者で言ってることが!

煩悩是道場 - 法律を変えるのに言論は必要だ

http://d.hatena.ne.jp/ululun/20060713/1152759620

まあ、そうかもしれないけれど、オレは賛同出来ない。

嫌いだ。反吐が出る程嫌いだ。

『「正しくないかもしれないけど、面白そうだから、とりあえずやっちゃえ!」ってのがWeb2.0ってヤツ』なんだとしても、企業が声明無しに法律に抵触すると思える事を堂々とやっている事にオレは物凄い違和感を感じる。

感じるって事を書くのもいけないのだろうか?

『「正しくないかもしれないけど、面白そうだから、とりあえずやっちゃえ!」ってのがWeb2.0ってヤツ』なんだったら「面白そうだからとりあえず」人を殺したり放火したりミサイルをぶっぱなしても良いんですかね。

人の命を脅かさないまでも財産や権利を脅かす事くらいなら「面白そう」だからという理由だけでやって良いという事に賛同出来なければ「Web2.0ってヤツ」や、はてな思想に乗っかっていけないんですかね?

オレはそうは思えないし、思いたくないんだけれども。


TERRAZIさんはネタっぽく返してますがululunさんはマジみたいですね。

「面白そうだから、とりあえずやっちゃえ!」って言うのは失うものが何もない下流社会負け組人間がよく使ういい訳のロジックですね。昨年の小泉圧勝総選挙でマヌケにも自民党に逆利用されたことでも有名ですね。

要するに著作権て「オレが作ったの勝手に使ってんじゃねーよ(#゚Д゚)ゴルァ!!」てことだよね。

だからこの総複製社会においてそういう人たちが納得するような仕組みを作らなくちゃならないってのが今の僕たちの課題なんだな。


■My Life Between Silicon Valley and Japan - YouTubeについて(2)

http://d.hatena.ne.jp/umedamochio/20060629/p1

YouTubeアニメが見られるとかテレビ番組が見られるとか、そういうところにも注目が集まっているが、本来は「Brodcast Yourself」(あなた自身を放送する)がYouTubeのモットーで、サービスの意義は「総表現社会プラットフォーム」の提供にある。

総表現社会」って言っても「注目の動画」を見ても分かるように、ほとんどの人はアニメとかテレビ番組を見たいんだよね。

(表現したい人)<(アニメテレビ番組を見たい人)

ってこと?

YouTubeにもパレートの「80対20の法則」が当てはまるのかも

2割の表現者による8割の自主制作コンテンツ

2割のアニメテレビ番組コンテンツを見る8割の視聴者

前者は今んとこ違うっぽいなー。

■My Life Between Silicon Valley and Japan - YouTubeについて(1)

http://d.hatena.ne.jp/umedamochio/20060628/p1

ユーザが一日にYouTube上のビデオを見る回数は7,000万回。アップされる映像の数は、一日に60,000。ユーザ数は2,000万人以上。

ホントすごいなぁ。

■[暫定結論]著作権者たちはYouTubeを新たな宣伝媒体として活用せよ!

上で確認したように「総表現社会」がキタ━と言っても既存のメディアテレビ局コンテンツの力はまだまだ十分強いのが事実

世界中の2000万、ひいてはそれ以上の人々に宣伝できるチャンスだと思ってどんどん使っちゃえばいいんじゃないかな!この人みたいに↓

http://kaeru01.blog52.fc2.com/blog-entry-51.html

http://www.kaeruotoko.com/contents.html

via.■たけくまメモ: 作者が自分でYouTube

そのうちこれ↓のコメント欄みたいに世界中からいっぱい欲しい人が集まってくるよ!

http://www.youtube.com/watch?v=ivFMUaq_ayo

やったね!Web2.0



■関連リンク

・ニセモノの良心 : Youtubeに不正映像上げてる奴らを排除しろ!

http://soulwarden.exblog.jp/3379529

もっと熱い方。

言わせてもらう。テレビ録画のアップは、どんな理由をつけても犯罪だ。著作権の例外規定にあてはまらない限り。

無条件でYoutube褒めてる奴は「ナイス万引き!!」って言ってるのと変わりはしない。そこで犯罪を助長させるなよ。

つーか日本の全てのテレビ局著作権もしくは隣接権もしくは窓口権を持つものとして、違法アップロードなんかする輩を訴訟によって徹底的に排除すべきだ。 

 人の財産に手を出す無法な奴らに対して資本主義走狗たる株式会社テレビ局が手を緩めてやる必要性は全くない。

テレビ局のWeb配信が遅々として進まないのは何のためだと思ってる?

 テレビ局だってWeb配信やりたくて仕方ないのに、そういった個別権利者にイチイチ全部お伺いを立ててるからだ。(これにも僕はどうかとは思っているんだけど)現状のシステムではそれが必要とされているし、何より、その人達の作品を敬うことにも繋がる大切なことだからだ。

 それを勝手に侵害するな。人の作品はもっと大切に扱え。作品の出来や評価とは隔絶された創作活動自体の神聖さに気付け。そこは赤の他人が土足で踏み入っていい場所ではない。

ナイス万引き!!」に吹いたw

[]はてなアイデア - 「注目の動画」の中からタグやキーワードで検索できる機能。 [http://i.hatena.ne.jp/idea/11109:title=はてなアイデア - 「注目の動画」の中からタグやキーワードで検索できる機能。] - レゴブログ を含むブックマーク はてなブックマーク - [http://i.hatena.ne.jp/idea/11109:title=はてなアイデア - 「注目の動画」の中からタグやキーワードで検索できる機能。] - レゴブログ

idea:11109

http://i.hatena.ne.jp/idea/11109

↑本家にも書きましたがただいま要望中です。たぶん中の人たちも考えてるだろうけど。

この機能が欲しい方は株式の購入をお願いします。


はてなアイデアってこういうとき使うんだね。

機能変更、お知らせなど - はてなブックマーク日記 - 注目の動画ページでの並び順変更機能の追加について

http://hatena.g.hatena.ne.jp/hatenabookmark/20060713/1152773242

どんどん見やすくなってる。オラわくわくしてきたぞ!

目標はこいつね↓

http://clippers.qooqle.jp/