記憶の遠近法 このページをアンテナに追加

2007 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 |

2008-10-31

太陽がいっぱい』を『大腸がいっぱい』と書き間違うとスプラッターホラーっぽくなると思う。

2008-10-30

牛の話が続くが「牛耳る」の対義語に「馬耳る」という言葉を思いついた。

馬の耳では多分誰もいうことを聞いてくれないだろう。

ウマソウウマソウ2008/10/30 21:02イタリア風の牛じる(ビーフ・ストュー)に、あうかどうかわからないけどバジルを振りかけたら美味そうかもしれぬ。馬草なだけかもしれないが。

kuuki_otokokuuki_otoko2008/10/31 18:55「牛汁」から再び「汗牛充棟」を連想してしまいました。ネガティブイメージが中々拭い去れません(笑)。

2008-10-29

昨日の日記のせいで「犇く(ひしめく)」という言葉に対してもネガティブイメージを抱いてしまっている。

azanaeruazanaeru2008/10/29 20:09最近牛舎のある家を回ったりしています
懐かしい臭いがする

kuuki_otokokuuki_otoko2008/10/29 20:31牛水に浸っていた胎児の頃の記憶が思い出されるためですね。わかります。

膿子膿子2008/10/29 22:12牛では胎児も夢を見にくそうな気がする

kuuki_otokokuuki_otoko2008/10/30 19:46胎児が躍るのは母親の心とか関係なくマタドール気取りなためです(笑)。

2008-10-28

汗牛充棟」という四字熟語を「汗をかいた牛が部屋一杯に充ちている」と捉えると凄く嫌な気分になることに気付いた。

2008-10-27

「なめくじに見込まれた蛇」と書いても問題はなさそうだがイメージは伝わらない気がする。

2008-10-26

「家内狼藉」という四字熟語ドメスティックバイオレンス的なものではないので一応お知らせしておく。

BABY ON BOARDBABY ON BOARD2008/10/27 20:05「犬を飼っています(室内犬レンタルします)」の意味ですね。わかります。

# 結局「ドメスティック落とし」にしかならなかった。
なお、「ドメスティック落とし」という造語の意味は「内輪受け」的なものではないので一応お知らせしておく。

kuuki_otokokuuki_otoko2008/10/28 19:05土佐犬に襲われて重傷といった事件も起こったようですし狼でなくとも油断犬敵なのだと思います(笑)。

2008-10-25

「反骨精神」だと思ったら「皮骨精神」だったというのは如何だろう。

2008-10-24

「半紙」と「羊皮紙」は文字に書くと結構似ているが文字を書いてみると随分違うことが分かる。

2008-10-23

「でがらし(出涸らし)」を「でがしら(出頭)」と言い間違えると対義語っぽくなると思う。

2008-10-22

個人的な見解になるが「中村歌右衛門」よりは「近松門左衛門」のほうがポケモンの名前っぽい気がする。

2008-10-21

「棒が出るか蛇が出るか(やぶ限定で)」というのは如何だろう。

2008-10-20

「無闇」と「闇雲」が同じような意味なのが納得できない。

2008-10-19

昨日の日記を書いて思いついたが「鮮」と書いて「パーン」と読むとかは如何だろう(ギリシア神話的な意味で)。

2008-10-18

魚偏の漢字では「鮮」という字が好きだ。

「魚」に「羊」という不可解さがたまらない。

2008-10-17

「言葉の上では」という言い回しがあるが言語崇拝者にとって言葉は至高の存在だ。

言葉の上にはなにものも存在し得ない。

2008-10-16

「裸で逃げ出す(「裸足で逃げ出す」の強調形)」というのは如何だろう。

2008-10-15

昨日の日記を書いてから気付いたが「乳母日傘」と「お蚕包み(おかいこぐるみ)」を並べて書くとそれっぽさが増すと思う。

anotheranother2008/10/15 22:39「暗闇」を音読みしたら「あんあん」になりました。

kuuki_otokokuuki_otoko2008/10/16 19:57何も見えないだけに想像力がかきたてられます(もちろん性的な意味で)。

2008-10-14

「乳母日傘(おんばひがさ)」って言葉は妖怪の名前みたいだと思う。

2008-10-13

自分なりに「想像をたくましく」しようとしたら「𢢫櫲」という字に落ち着いた。

2008-10-12

手紙の結語に「あらあらかしこ(笑)」と書いてあったらかなり腹が立つと思う。

2008-10-11

「片言隻語」という四字熟語はそのうち差別用語になりそうな気がする。

2008-10-10

字面だけで五賢帝を語ると「ネルワ」より「マルクス=アウレリウス=アントニヌス」の方が賢そうだと思う。

2008-10-09

描写に困ったら「筆舌に尽くせない」と書けば良い。

大抵それでごまかせる。

2008-10-08

「隔靴掻痒」という四字熟語は「悪足掻き(わるあがき)」っぽいと思う。

2008-10-07

「まんじどもえ」と「がんじがらめ」の違いが良く分からなくなってきたので明日は有休をとろうと思う。

2008-10-06

因みに「滑稽」という言葉に「滑舌の稽古」的な意味はないので気をつけて欲しい。

2008-10-05

スタニスラフスキーシステム」という演劇理論がある。

正直いうと良く分かっていないのだが滑舌の練習には使えそうだと思う。

役土ノ日役土ノ日2008/10/05 22:41滑舌? 滅相もない! メソードの「ソ」の発音('th')が、日本語圏の私には難しくて、涙が出ます……。

-そう、その涙なんだよ!>自然な悲しみの表現

# 正直、分かっていません。明日はまた月曜ですね。

kuuki_otokokuuki_otoko2008/10/06 19:02悲劇『月曜日』に私の目からも自然涙が零れ落ちました(笑)。

2008-10-04

「切歯扼腕」という四字熟語からは「傷害事件」という四字熟語が連想される。

2008-10-03

-・-・・ --・ ・・-・・ --・ ・---・ ・-・-・ ・-・-・・

azanaeruazanaeru2008/10/03 19:44-・ -・-・ ・-・・・ --・

kuuki_otokokuuki_otoko2008/10/04 18:41・-・-- ・-・- --・ ---・- ・・-・・ ・・-- -・・・ ・・--・ ・・・ ---・ -・--・ ・-・-・・