記憶の遠近法 このページをアンテナに追加

2007 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 |

2008-07-31

明日から一週間ほど更新を休止します。

ダイアリーにも書きましたが別に更新が面倒になった訳ではないです。

2008-07-30

「精金良玉」という四字熟語は字面的に結構ギリギリだと思う。

2008-07-29

「病葉」と「邂逅」は共に「わくらば」と読むことが出来る。

私にセンスがあれば詩の一つでも作っているところだ。

azanaeruazanaeru2008/07/29 21:35北斗の拳における断末魔のような気がします
センスのない、つまらない大人になってしまいました

kuuki_otokokuuki_otoko2008/07/30 19:12「アガペー」とかも北斗の拳の断末魔っぽい気がしますが未だにイントネーションに自信が持てません。

2008-07-28

「玄人はだし」という評価は素人に「下駄を履かせて」いる場合が多いように思う。

2008-07-27

「一敗地に塗れる(いっぱいちにまみれる)」を「一杯血に塗れる」と書き間違ってしまうと「一敗塗地」ではなく「肝脳塗地」みたいな感じになると思う。

2008-07-26

「衡」と「衝」の類似で何か書こうと思ったのだがフォントが小さすぎて違いが良く分からないのでやっぱり止めておく。

2008-07-25

言葉狩りばかりの世の中なので言葉の墓場は言葉の卒塔婆ばかりになっているのではないかというようなことばかり考えている。

azanaeruazanaeru2008/07/25 23:05今度言葉狩りについて語り合いながらバーベキューでもしましょう

kuuki_otokokuuki_otoko2008/07/26 20:53盆辺りにでも是非したいです。焚書の炎で肉を焼きましょう(笑)。

2008-07-24

「忙しい(せわしい)」の強調が「忙しない」であることに何となく納得がいかないので明日あたり有休取りたい。

2008-07-23

「カモシカ狩り(かもしかかり)」という言葉は仮定と類推の語にしか思えない。

killicokillico2008/07/23 22:45天然記念物相手では仮定の話でも仕方がない気がします。
あと「カワウソ」の目撃談も信用できないです。

kuuki_otokokuuki_otoko2008/07/24 19:10カワウソだけに嘘四万十といった感じでしょうか(笑)。

2008-07-22

今日の日本においては「老い先」といえども「生い先」だと思う。

塩分控え目塩分控え目2008/07/22 19:44空気男先生の前向きな意見においらも勇気が出る。ただ、老いて病むと医療費に「ひい!」となる。無料(タダ)じや無理だし国家会計的にお足が出てるから止むなしなのか。せめて病気をせぬように 料 理 に工夫する。

kuuki_otokokuuki_otoko2008/07/23 19:54医療制度に不満が募っている昨今ですが「老人」保健制度が「後期高齢者」医療制度に変わった途端名称に非難が集まったことには言葉遊び的な面白さを感じています。

2008-07-21

「おぼつかない」という言葉が「おぼつく」の否定形ではなく一語の形容詞であることに気付かされた。

思ったよりも「おぼつかない」がおぼつかない。

2008-07-20

「侮る」と「悔やむ」の類似も示唆的で良いと思う。

2008-07-19

「髑髏」(ドクロ)が植えてあると思って良く見たら「躑躅」(ツツジ)だったというような日常に憧れる。

2008-07-18

秘密基地」は「秘密」であっても「未知」ではないことに気付いた。

anotheranother2008/07/24 00:56つまり秘密だけど既知であると。

kuuki_otokokuuki_otoko2008/07/24 19:09子どもの頃作った秘密基地は実際皆に知られていました。中々良く出来た言葉だと思います(笑)。

2008-07-17

「逃げる」と「挑む」の字面の類似が魅力的だったので今日は一日良い気分で過ごせた。

一ファン一ファン2008/07/17 22:35ああ空気男さんは本当に「[遠]い[園]」にいらっしゃる!

一介の下人一介の下人2008/07/18 19:27兀自!「閾間、閂閇閃」! これはすごい!! 雨音が聞こえてくる!!! 俺們がどんなに兀兀と考えたところで、その兀と聳える名作は、ひねりだせそうにありません。今 日 の勝手に芥兀賞です! (っ 星 あげるん らもん)

kuuki_otokokuuki_otoko2008/07/18 20:16本当にレベル高い。私を門下人にして下さい。「遠い園」過ぎて「猿」でさえも「羨」ましいです。

7747742008/07/19 00:20「猿」が「羨」ましいも言葉遊びレベルは高いように思う
よく見たら「次」じゃないようだが

kuuki_otokokuuki_otoko2008/07/19 00:46寧ろ「羊」でさえもありません(笑)。

debedebedebedebe2008/07/19 00:55かたや上半分は画竜点睛を欠き、かたや下半分には蛇足な点。これも竜頭蛇尾の一つの形でしょうか。ここでさらにウマいことが言えれば羊に猿とつながるのですが。

kuuki_otokokuuki_otoko2008/07/19 08:36十二分にウマいです。debedebeさんにトリを務めて貰って十二支の半分が埋まりました(笑)。

2008-07-16

「衆人監視(しゅうじんかんし)」と書くと被害妄想っぽくて良いと思う。

2008-07-15

富士山中央火口」という文字が左右対称だったので軽くテンションが上がった。

ブログが横書きなのが残念でならない。

2008-07-14

「おざなり」と「なおざり」の使い分けがいつもなおざりになってしまう。

2008-07-13

「十年一日(じゅうねんいちじつ)」だと思っていたものが「プラス年マイナス日」だったとしたら如何しよう。

anotheranother2008/07/13 19:59勝手ながら二件ばかり投稿させていただきます。
- マンガンを漢字で書くと「満俺」(俺を満たす?)になる。
- 値段が激しく高いので激高した。

松の内松の内2008/07/13 22:49勝手口から三件目。
-「正月一日(しやうぐわちついたち)」だと思っていたものが「旧正月」だったとしたら如何しよう。
なお今回の件についてはTV業界と横書き左から右への表記、そしてアラビア数字に多くを負っている。
 
そして四件め。> anotherさん
太宰治の「満願(マングワン)」の、その冒頭が

「これは、いまから、四年まえの話である。私が伊豆の三島の知り合いのうちの二階で一夏を暮し、ロマネスクという小説を書いていたころの話である。」

という、いわばデクレッシェンドのようなもの(あえてデクリメントと呼ばない^_^)である件を提示して、おたんこナスなマイ見解をこの欄にプラスするのを終えたいと思う。

ちなみに太宰作品については「青空文庫」(図書カード:No.1564)に多くを負っている。したがって表記は新字新仮名。負いすぎて負いすぎて、正直、プラスマイナスは差し引き正の字が書けるくらい負と思う。ふふフフフ負負負負負。。。。。。。。。。

killicokillico2008/07/13 22:52「土足」という言葉が鶴亀算に思えてきました。

kuuki_otokokuuki_otoko2008/07/14 20:10最近はガソリンが激しく高いのでエアコンを抑え気味にしています。「自動車が停止するごとに車内の熱気堪えがたし。」(谷崎潤一郎『過酸化マンガン水の夢』より引用)。因みに私の車は土禁じゃないので鶴亀算はし放題です。私事をもって本日のお返事とさせて貰います。

2008-07-12

「支配人」と「支配者」は思ったよりも違う。

月刊『日経ホテル建築』月刊『日経ホテル建築』2008/07/13 01:14配線室と配膳室の違いは戦前から認識されていたと思う。

kuuki_otokokuuki_otoko2008/07/13 19:07文法違反を配慮せず「,」ではなく「-」で結びたくなります(笑)。

2008-07-11

例によって深い意味は無いが「侍惚け(さむらいぼうけ)」というのは如何だろう。

「虐侍(しいたげざむらい)」でも一向に構わない。

椎茸の仕送り椎茸の仕送り2008/07/11 21:25どうも仕上がり(しあがり)具合が雑だなと思ったら生粋の職人ではなく士上り(さむらいあがり)だった、というのを思いつきました。が、仕上がりの悪いのはむしろ私のコメントだったようです。
強引に侍を士に置き換えたまま続けますが、北海道には標津と士別があるので素敵です。例によって深い意味はありません。

kuuki_otokokuuki_otoko2008/07/12 23:34極めて個人的な見解ですがサム・ライミ作品みたいな感じでしょうか(笑)。

2008-07-10

「ささめく」と「さざめく」では一字違うだけで意味が大きく変わる。

濁点がある方が騒々しいので分かりやすくはあると思う。

2008-07-09

長い着物を着てだらしのないさまを「ぞべらぞべら」というようだ。

母親の心がわかっておそろしいのか。

2008-07-08

「危言危行」という四字熟語を「奇言奇行」と書くと意味が逆になる気がする。

大言可行大言可行2008/07/08 22:17何というか「俺この戦争が終ったら大歩危小歩危に行くんだ」みたいな。(※うまいボケになっていない件)
あと、「大きなこと言うね、やっていいよ」と返されても困る。by 「fra(断)壇の寄稿子」(めざせ奇巧)

 追
 「記憶の遠近法」はWeb奇書と思う

kuuki_otokokuuki_otoko2008/07/09 20:18死亡フラグという名のボケツでしょうか(笑)。私も巧言を修行しようと思います。

2008-07-07

「油断」と「断水」は類義語でも何でもないので注意して欲しい。

ダンダン2008/07/07 20:41いっぽう主油司と主水司は関連がある。ただしこれらの役職と玉田圭司との間には断じて何もない、と思うので気になる人は調べたらよかろう。

kuuki_otokokuuki_otoko2008/07/07 22:38念仏の鉄や棺桶の錠との関係が気になるところです(笑)。

2008-07-06

「二字熟語」や「三字熟語」が四字熟語であることについて考えていたら休日が終わってしまった。

2008-07-05

はてなYシャツ」とか「はてなX脚」とかで検索したのだがヒットしなかった。

はてなTシャツは割と欲しい。

わははわはは2008/07/05 22:07はてなのサービスに「はてなW杯」とかいうの無かったっけ、と思った。あと「第二次大戦の独軍Uボートを改修したPスボート」というのを思いついたけど "U P" (You! Pee! =「てめえ、しょんべん」) と言われてアップアップになりそうなので、このへんで降参(giving up)です。

azanaeruazanaeru2008/07/05 23:29そこは「id;azanaeruさんとペアルックで着るからはてなTシャツ欲しい!」て書かなきゃ!

膿子膿子2008/07/06 02:11話は変わりますが「さよならを教えて」ありがとうございました
これからも空気男と仲良くしてやってください

kuuki_otokokuuki_otoko2008/07/06 15:12>わははさん
あっぷあっぷと溺れたらUボートでも掴んでしまいそうです(藁)。
>azanaeruさん
私の友人という設定の妄想でしょうか(笑)。焼いてくれて有難うございます。
>膿子さん
私の母親か何かという設定の妄想でしょうか(笑)。ゲームの存在を教えてくれて有難うございます。

2008-07-04

書物に記されてさえいれば「死語」であっても「活字」となる。

2008-07-03

「思案投首」って四字熟語は何か怖い。

2008-07-02

所で「言を食む」という表現は素敵だと思う。

本来の意味は別にして言葉を食べて生きていきたい。

2008-07-01

紅葉狩り」と「言葉狩り」は似て非なるものなので注意して欲しい。