記憶の遠近法 このページをアンテナに追加

2007 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 |

2008-06-30

因みに先日話題に出た劇のヒロインはヘッドドレスにスクール水着の格好でゲバ棒を振り回す27歳派遣社員の元魔法少女だ(決め台詞は「汚い大人よ全員死ね!」)。

正直萌えとか良く分からない。

未観のひと未観のひと2008/06/30 20:40何にせよ創作の道は大変だと思いますが、がんばってください。(あと、どこかで会えたらサインください!)
あとあと、巧いことは言えないけど、「汚い大人」の「汚」ってゆう字は「活気にあふれる舞台を観て、明日からの生活をどうにかするための活力を貰ったと思う」とか言うときの「活」の字に、すこしだけ似ているね。(未観のひとの字が下手なだけだと思うけど、手書き「生活」と走り書きしたときに、汚れつちまつた悲しみを感じたりするのです。なにのぞむなくねがふなく、機会があったら舞台を拝見したく覚へ候)

azanaeruazanaeru2008/06/30 20:48実際に演じる人にとっては一種の羞恥プレイだと思う
そのプレイに萌えるのかもしれない。萌えって奥が深い
でも全く萌えそうにない。撲殺天使ドクロちゃん思い出した。

killicokillico2008/06/30 21:04あまりのインパクトに巧い草冠が思いつきませんでした。
私も是非に拝見したい。

7747742008/06/30 21:49萌えに隠れてアングラの臭いがする
家出をした少年がネットカフェに泊まるが如く!

kuuki_otokokuuki_otoko2008/07/01 00:28上の文だけ読むと誤解されそうですが普段はもう少し全うな内容で公演をしています。今回は多少悪乗りが過ぎたように思います。ただスク水については先日コメントくれた魔法少女役の自主的なチョイスです(当初は普通に魔法少女然とした服装の予定でした)。その点だけは誤解無きよう願います(笑)。「活気」や「萌え」には欠ける舞台ですが観に来て頂けると嬉しいです。因みに「アングラ」だけは多分はあります(笑)。

膿子膿子2008/07/01 08:20スク水は妥協の結果であって私が望んだわけじゃないので誤解なきよう
と、いうか次ってどうするの?

kuuki_otokokuuki_otoko2008/07/01 20:55あとでメルします(笑)。

2008-06-29

竹内銃一郎の作品には『劇薬』という劇がある。

薬になるような劇は無理でもせめて楽しい話が書けるようになりたい。

膿子膿子2008/06/29 21:52薬にはならなかったが
楽しい話だったように思う
明るい話ではなかったが
萌えはあったように思う

kuuki_otokokuuki_otoko2008/06/29 22:32残念ながら貴女には萌えられません。竹内銃一郎的に言うならばヒロインではなくヘロインに近かったように思います(笑)。

2008-06-28

そろそろ「初七日」と「御七夜」の区別が付くようになりたい。

2008-06-27

根も葉もない噂であっても根掘り葉掘り聞くことが出来るのは不思議なことだと思う。

2008-06-26

「一日駅長」と「三日坊主」は根本的に違うものなので間違わないよう注意して欲しい。

今日も酒乱今日も酒乱2008/06/26 23:46そりゃ「宿酔」と「通い妻」くらい違う!
また、「一日駅長」と「三日坊主」と聞いて、「盆に鉄道で帰省」という光景を想像しました。
#坊主と駅長が接近してそうじゃありませんか?

なお、酒は飲み過ぎると肝臓をやられるので注意だ。(腹水は肝硬変を疑う)
そういえば雲水も坊主の範疇にはいるのかな。

さらに余談だけれども、北京五輪を控えて、日本人的には、「三日とろろ」ということばは、涙なしには書けません。彼は一日中走っていたのだろうなあ。

kuuki_otokokuuki_otoko2008/06/27 20:01彼はトロフィーなど要らなかったのでしょう。坦々とした心情の吐露は痛切で美しくさえあると思います。

2008-06-25

「旧友」を「1日友」と書き間違うと何だか悲しくなる。

三シ酉乱さん三シ酉乱さん2008/06/25 23:38酉の市に西友に行くような悲しさか。
それはそうと「ナー又 飲みに行こうよう」としつこくしたら1日友に格下げになりそうです。> 酒乱ミシュラン

azanaeruazanaeru2008/06/26 03:10友という単語を聞くとそれだけで悲しくなります

kuuki_otokokuuki_otoko2008/06/26 22:12>三シ酉乱さん
人はなさけとは言いますが豪飲な誘いは体にも悪そうです(笑)。

>azanaeruさん
アッサラームの商人から原価で商品を買ってしまったのですか?

2008-06-24

「形影相ともらう」と「形影相ともなう」では一字違うだけで意味が全く逆になってしまう。

そういうわけで友達欲しい。

killicokillico2008/06/24 22:20是非とも「反違」になって下さい。

kuuki_otokokuuki_otoko2008/06/24 23:54違反だけに先ずは「交通(文通)」から始めましょう。お手紙待ってます(笑)。

2008-06-23

例えば「私の顔も三度まで」と口に出して使っても面白さは伝わらない。

ただ文字にしたところで大して面白い訳ではない。

lonly-linuslonly-linus2008/06/24 00:29アンパ○マンが使うと面白いかと思ったが
ヤツはいつも二度目でキレてぶん殴る。

kuuki_otokokuuki_otoko2008/06/24 21:51奴の頭の中には闇(あん)が詰まっています。正義の味方の心の闇(やみ)です。

割賦制度不信者割賦制度不信者2008/06/27 00:06例えば「払いの数も三度まで」と書いてみる。もう元ネタの気配が殆どないのがわかる。lonly-linusさんとkuuki_otokoさんの間に、寺山野球のバッターのように割って入ろうとしても、無理だったようだ。残念だ。
♪アンアンアン取っ手も大好きバイキンマン。ゆやゆよん。(泣き歌いながら、 去 る。ヒロシです。ヒロシです。ヒロシです。弘の顔も三度までだと言われたとです)

2008-06-22

「真綿で首を締める」(但し「真綿に針を包む」)というのは如何だろう。

2008-06-21

発泡酒は「麦洒」とでも書けば良いと思う。

2008-06-20

「彫心鏤骨」の作品(但し骨は「換骨奪胎」)というのは如何だろう。

単孔目は卵生哺乳類単孔目は卵生哺乳類2008/06/20 20:21LOL!(ろる)。粉骨砕身を強いて(露骨なパワハラ)身重の女性に脱退されるよりは良いかと。

kuuki_otokokuuki_otoko2008/06/20 22:03女性からすると骨が粉になる替わりに恨みが骨髄に徹してしまった感じでしょうか(笑)。

2008-06-19

友の詩歌は墓石の下(とものしいかははかいしのもと)。

割と詩的な回文を思いついたので特に脈絡はないが書いておこうと思う。

7747742008/06/19 22:36漢詩の進化!

lonly-linuslonly-linus2008/06/20 00:54都市に聴けるは春雨や、御旅の終いをいま偲び、手弱女去るは遥けき西と
便乗!

kuuki_otokokuuki_otoko2008/06/20 18:50わたしまけましたわ(レスポンスの早さとレベルの高さに)。

2008-06-18

「衰」と「哀」の類似は中々素敵だと思う。

衰えることは哀しい。

lonly-linuslonly-linus2008/06/19 10:35しかし「若」さと「苦」しみも隣り合わせですよ。
ああ、幼かった日々だけが幻のように。

kuuki_otokokuuki_otoko2008/06/19 19:28確かに幼き日は「幸」せな毎日でした。今は日々が「辛」いばかりです(笑)。

いつかは落木いつかは落木2008/06/19 23:59大人になると太るよね。しなる木を気にしないのは子どものうちだけ。木のぼりもしなくなる。老いるなんて考えもせず、孝もせず、本もよまず、学びもせず、木のうえに立って見はるかす、李もモモも、栄える林のなか。その子もいつかは親。

kuuki_otokokuuki_otoko2008/06/20 18:49未だ木の上に立って見るほどには至っていませんが里に立っていた頃は遠い昔になってしまいました(笑)

2008-06-17

「月に叢雲花に風」とはいうもののそれはそれで風情があると思う。

7747742008/06/17 20:32花に嵐のたとえもあるさ!

kuuki_otokokuuki_otoko2008/06/17 21:16さよならだけが人生だ!

2008-06-16

「大盤振る舞い」という言葉は元々「椀飯振る舞い」と書いていたようだ。

椀飯程度で大盤振る舞いとは片腹痛い。

killicokillico2008/06/16 20:12寧ろ、腹が空きそうな気がします。

kuuki_otokokuuki_otoko2008/06/16 20:32要を得たコメントで腹に落ちました(笑)。

振舞太郎振舞太郎2008/06/16 20:40腹蔵無い御意見をありがとうございました。

kuuki_otokokuuki_otoko2008/06/16 20:48気の利いたコメントを頂いて上手く返せているかいつもハラハラしています(笑)。

2008-06-15

「七重の膝を八重に折る」と足がしびれて「七転八倒」してしまいそうな気がする。

2008-06-14

「屋上屋を架す」という言葉は別にペントハウスのことを指してる訳じゃない。

azanaeruazanaeru2008/06/14 20:51山岡士郎ですね、わかります。

debedebedebedebe2008/06/15 06:58「成田屋!」「成駒屋!」「播磨屋!」「中村屋!」「屋上屋!」

kuuki_otokokuuki_otoko2008/06/15 16:25>azanaeruさん
未だに山岡士郎がペントハウスに住んでいるという話が信じられません。空中楼閣の類ではないのでしょうか(笑)。

>debedebeさん
何とも重畳なコメントで半畳を入れる隙がありません(笑)。

2008-06-13

「一朝一夕」に「一鳥一石」という漢字を宛てても雰囲気は伝わる気がする。

2008-06-12

因みに「竜巻X脚」で検索したら一件もヒットしなかった。

世の中ままならないものだ。

2008-06-11

「据え膳食わねど高楊枝」で検索したら案外沢山ヒットした。

自分の凡庸さが少し嫌になる。

2008-06-10

同意はえられないかも知れないが「股肱の臣」って言葉は何かエロいと思う。

股肱から遠く離れた者股肱から遠く離れた者2008/06/11 00:30ここーであえて「先日来の話の続き」っぽい領域に戻してしまうが、「傾向」を「傾勾」と書き間違えても通りそうな気もする。が、文部の卿や、その元で国語の事を勾当するひとたち(とくに「股肱の臣」レベルのエロいひとたち)からの同意はえられないかも知れないとも思う。
ちなみに、”エ」と「ロと「ー」と「、」(読点)を適当に配置したら「国」となる”と気付いてココーロ(心)が「、、、」(動転)している。

kuuki_otokokuuki_otoko2008/06/11 21:40同意をえられるか実際「尋」ねてみたいところです。

2008-06-09

昨日の続きっぽいが「稲妻」を「稲麦」と書き間違えるというのは如何だろう。

むぎをむぎを2008/06/09 21:35重箱の隅をつついてるなあと知りつつも、「金麦」という商品およびそのCMを見るたびに、麦酒なり発泡酒なりはふつう冷やして飲むだろうから湯桶読み(やその逆)の類いは避けるだろうという発想から、そりゃキンバクだろうぶつぶつ、と言いたくなりつつ、ああこういう反応も全部計算のうちなんだろうなあ檀れいをああいうふうに使って音的にはBittersweet Sambaだしなあまだまだ俺も甘いなあ苦い麦の汁でも飲めってことだなあ戦略どおりだなあと思わざるを得ないわけですが、しかしバッカスが麦角で酔うなんてこともあるのかなあなどという考えが雷鳴のごとく轟いたのでツマらんと知りながらちょっとしたコメントです。倒幕じゃあ倒幕じゃあ! 倒幕まで何ウィーク? そして、父と麦。

kuuki_otokokuuki_otoko2008/06/09 23:09その発想はなかったです。でもそう考えると「熱燗」が湯桶読みなのが納得出来ます(笑)。

ランちゃんランちゃん2008/06/10 00:00フバクならぬ不惑を10年越えて生きられなかった寺山某のほうが昨今の作家よりもよっぽどニュウ・ウエイヴなんじゃないかという気もしますが、そういう問題発言はおいといて、「父と麦」(←元ネタは果樹園の歌と血と麦だなきっと)といえば、川上未映子先生の「乳と卵」がこれまた湯桶読みですね。ホットミルク?
粋なコメントもできないので、そろそろ寝ます。朝まで爆睡じゃあ!(笑)

kuuki_otokokuuki_otoko2008/06/10 21:36ビールの話だけに「酒場まで何マイル」だった訳でしょうか。因みに熟睡(うまい)こと言えてない自信があります(笑)。

2008-06-08

脱穀」を「脱殻」と書き間違えても意味は通じる気がする。

2008-06-07

昨日の日記を書いてから気付いたが目の上のこぶといえども眼中にはない訳だ。

2008-06-06

目の上のこぶが目に余るほどだと目を背けたくなる。

2008-06-05

学習指導要領に従うと小学一年生は「金科玉条」を「金か玉じょう」としか書けないようだ。

特に深い意味はないが一応お知らせしておく。

debedebedebedebe2008/06/25 03:05文部科学省の公表資料である学年別漢字配当表の話ですね。
調べましたら「金」と「玉」は表において隣り合ってはいるのですが、残念ながら順番は「……休玉金空……」と反対のようです。
特に深い意味はないですが一応お知らせしておきます。

kuuki_otokokuuki_otoko2008/06/25 21:54順番が逆になっていれば子ども達の学習意欲も格段に増していたでしょうに残念なことです(特に深い意味はないですが)。

2008-06-04

のべつまくなく出る幕なしというのは如何だろう。

くま君くま君2008/06/05 00:12隈無く探してしまいそうです。
ある意味、雲を掴むような話かも。
[幻の出演者に与する発言][あと今日は久米さんの出番はありません][[そして今日は][あいうえお的な配慮を汲むことを要求するようなコメント]][[[森の中で熊さんが今日は!]てきな!!]←どこかで見た芸風ふう]

kuuki_otokokuuki_otoko2008/06/05 00:27のべつまくなくまくしたてられるとは思いませんでした(笑)。

2008-06-03

ほぼ確実なことを「九分九厘」というが良く良く考えてみると9.9%に過ぎない。

2008-06-02

「綾羅錦繍」の字面も装飾過多で素敵だと思う。

2008-06-01

「豪華絢爛」という言葉は字面からして豪華絢爛なボリュームがあると思う。