Hatena::Groupfragments

ugs::萬画宣言

【リファやトラックバックを辿って来られた方へ】このページは 断片部のコンテンツの一部です。好き勝手に書いては消ししています。内容に関するご連絡は掲示板もしくは管理者宛フォームにてお願いします。

このグループの「キーワード」(wiki)は、グループメンバーが個人で編集しているものがほとんどです。詳細はキーワード利用ガイドラインをご覧ください。

ugs::萬画宣言

漫画は手塚治虫の出現によりマンガになりました。そして、その後は劇画やコミックと、名称を変えざるを得ない「巨大で不思議な表現形式」に変貌を続けました。

一人の天才が吹き起こしたこの風を、「この"新しいメディアの風"を吹き止ませることなく、希望を込め、さらなる未来を送り込むためにも、マンガに"日本語による新しい名称"を与えてやらねばなりません。

…それが先達の意志を継ぐ、我々の務めのような気がします。

Amazon.co.jp: 石ノ森章太郎 自伝名作集(「風のように… 背を走り過ぎた虫」収録)

ご存知のように"むかし"は、マンガは漫画と書きました。風刺、笑い、滑稽などの内容を持った絵、のことです。が、この30年程の間に、そのメディアとしての名称の意味が、大きく変化いたしました。面白おかしいだけでなく、多様なテーマが表現可能になったからです。で、つまり、漫画はマンガとせざるを得なくなり、さらには劇画、コミックと推移してきた訳です。

しかし、これらの名称はそれぞれの一分野(ジャンル)を呼称するに過ぎず、長い間"日本語"による総称の必要性が言われてきました。

そこで"萬画宣言"を提唱させて頂くのです。

  1. 萬画は万画(よろずが)です。全ゆる事象を表現できるからです。
  2. 萬画は万人の嗜好に合う(愛される親しみやすい)メディアです。
  3. 萬画は一から万(無限大の意も含む)の駒による表現です。従って萬画は、無限大の可能性を持つメディアである、とも言えるでしょう。
  4. 萬画を英語風に言えば、Million Art。Millionは百万ですが、日本語の万と同じく「たくさん」の意味があるからです。
  5. 頭文字を繋げればM・Aです。M・Aは即ち"MA"NGAの意。

という訳で、とりあえずは小生のマンガのみを萬画と呼称しますが、同業者、読者など大方のご賛同が得られれば(もっとピッタリの名称をご提案頂ければ、小生がそちらに賛同します)、なんとか定着させたいものだと思っております。よろしくドーゾ。

Amazon.co.jp: 石ノ森萬画館 Shotaro world