Hatena::Groupfragments

snj::狂ってみせるテクニック

【リファやトラックバックを辿って来られた方へ】このページは 断片部のコンテンツの一部です。好き勝手に書いては消ししています。内容に関するご連絡は掲示板もしくは管理者宛フォームにてお願いします。

このグループの「キーワード」(wiki)は、グループメンバーが個人で編集しているものがほとんどです。詳細はキーワード利用ガイドラインをご覧ください。

snj::狂ってみせるテクニック

attr::グループ編集」このキーワードはグループユーザーに編集を許可しています

意図的に狂っているテキストに関する考察。書きかけ。

考察

彼らは"天然"で狂っているか?

否、エンターテイメントとしての狂ったテキストを書く人が狂っているわけではない。彼らは意図して狂ってみせている。

狂ったテキストの要素とは何か?

  • ツッコミが存在しないこと
  • ツッコミを必要としないこと
  • ツッコミをしながら次の段階にボケていること

「ボケ」ることが段差を生じさせることだと仮定する。「ツッコミ」とはその段差を「常識」によって明らかにし、笑いを誘う手法である。

狂っテキストはわざわざ「ツッコミ」による常識のリセットを行わない手法だといえる。

理解しがたい常識

ツッコミを入れずにボケ続けることによって、段差の上に更なる段差を重ねていき、しまいには観客を置いていき、目の前にはデコボコのよくわからないオブジェが横たわっている。しかし、演者にとってそれは「当然」のものであり、彼らの「常識」である。

「これの何がおかしいの?」

このデコボコの理解しがたさを評して「狂っている」という評価がくだされる。

確信犯

狂ったテキストを書く人間は皆確信犯である。本当に狂った人間が文章を書いてもウォッチされて気味悪がられるだけだ。

いかに確信犯的にボケていることを悟らせないか、も狂っテキストのテクニックである。