Hatena::Groupfragments

fun::web2.0

【リファやトラックバックを辿って来られた方へ】このページは 断片部のコンテンツの一部です。好き勝手に書いては消ししています。内容に関するご連絡は掲示板もしくは管理者宛フォームにてお願いします。

このグループの「キーワード」(wiki)は、グループメンバーが個人で編集しているものがほとんどです。詳細はキーワード利用ガイドラインをご覧ください。

fun::web2.0

キーワード作成の意義

buzzword、マジックワードと化したweb2.0。その定義をざっくりまとめるとともに、共通の認識として使う事が出来そうな有用な定義をまとめる。

…と思ったけどリンク集作った時点で満足してしまいそうな予感。著作権とか面倒だし。

O'Reilly "What Is Web 2.0"

web2.0関連で最も有名なリソース

その他

  • Web 2.0 - Wikipedia, the free encyclopedia
  • Web 2.0 Conference 2005
  • It's A Whole New Web
  • Web 2.0 Workgroup - A network of Web 2.0 resources
    • http://www.web20workgroup.com/
    • web2.0関連の議論の中心となっている(らしい)
    • とりあえずここを追えば最新のトレンドについていける(らしい)
  • R・Ozzieメモ:「インターネットサービスの破壊力」 - ZDNet Japan
  • IT用語事典~Web 2.0特集:Web2.0とは 意味・解説 - IT用語辞典バイナリ
  • ウェブ進化論 -本当の大変化はこれから始まる-
    • ISBN:4480062858
    • 筆者は「はてな」取締役でもあるid:umedamochio

web2.0っぽいデザイン 14:00

http://mentalized.net/journal/2005/10/10/building_your_very_own_web20_layout/

  • はじめに
    • HTMLは構造化してシンプルに。セマンティックに。
  • スタイル
    • 背景は白。
    • 本文はArialで灰色。
    • 見出しは大きくし、ちょっと文字間を広げる。
    • 本文のフォントサイズはデフォルトで。
  • もうちょっと魅力を
    • ナビゲーションバーは水平方向にアイテムを並べ、背景色を付ける。
    • ナビゲーションバーのアイテム間には間隔を置く。
    • リンクバーは緑がイケてるんじゃない?
    • マウスオーバーで反転色にしろ。
    • 勿論webセーフカラーを使う。
  • 仕上げ
    • トップの説明書きは味気ない、文字を大きくして、ついでに選択個所みたく色を反転させよう。
    • 背景はグラデーション、これなくしてweb2.0は名乗れない。
    • フッターでCreative Commonsライセンスを表明。バナーも貼る。
    • varid XHTMLなバナーは慎む。それはweb1.0時代の遺物だ。
  • まだ?
    • タグクラウドも忘れずに。