いつか作ります RSSフィード

2006-07-21

[][]睡眠時間を2,3時間に抑えるテクニック Uberman's Sleep Schedule 15:52 睡眠時間を2,3時間に抑えるテクニック Uberman's Sleep Schedule - いつか作ります を含むブックマーク はてなブックマーク - 睡眠時間を2,3時間に抑えるテクニック Uberman's Sleep Schedule - いつか作ります 睡眠時間を2,3時間に抑えるテクニック Uberman's Sleep Schedule - いつか作ります のブックマークコメント

概要

Uberman's Sleep Schedule(以下、USS)ではおよそ4時間ごとに20-30分の小睡眠を取る。もっとも分かりやすいメリットは総睡眠時間の減少。1回30分としても、1日あたりの睡眠時間は3時間となる。20分ならば2時間/日。

成長期の未成年や病気を抱えた人は健康上の理由から控える事。

医学的バックグラウンド

睡眠は深さの段階ごとにノンレム睡眠、レム睡眠を含む5段階に分ける事ができる(レム睡眠は5段階目)。こころと体の休息に必要なのはレム睡眠で、他は大して休息に寄与しない。通常は1段階目から進んでいって5段階目に達し、その後周期的に5つの段階を回る。USSが週間として根付くと、眠った直後に脳が他の段階をすっ飛ばしてレム睡眠状態になる。

通常の睡眠ではレム睡眠は1.5時間/日程度だが、USSなら2時間以上がレム睡眠。

多眠兆候のある歴史上の人物

レオナルド・ダ・ヴィンチ、エジソン、バックミンスター・フラー、ニコラ・テスラ、ナポレオン、ベンジャミン・フランクリン、チャーチル*1、ジェファーソンなどが短時間の昼寝を含む睡眠習慣を持っていたと言われる。ダ・ヴィンチは2時間ごとに15分の睡眠を取っていた。

導入:移行期間の用意

まず移行期間として、2-3週間ほど、スケジュールが完璧に自由になる期間を用意する。この間は眠気が継続し、ゾンビの如く役立たずになるので、その辺のことも考える。ただし、暇すぎると眠気に負けて元通りになってしまいがちなので、やる事を抱え込んでおいた方がいいという側面もある。

移行期間中

光を適切に調整し、目覚めるべき時間に光が差すようにするなどの方法で体が睡眠に適応しやすくなる。

オレンジジュースやりんごジュースを飲みまくり、野菜をしっかり食べると移行しやすい。ジャンクフードなどを食べてると移行が困難になる。

3-10日くらいは一日中眠くて思考もロクにできず本当に苦しいが、10日目あたりから、30分経つと自動的に目がすっきり覚めるようになってくる。

その他の利点

  • 通常の睡眠習慣よりもエネルギッシュに活動できる。総レム睡眠時間が伸びるためか
  • 睡眠不全を改善できる
  • 規則正しい睡眠。慣れると目覚まし時計すら不要になる

欠点

  • 5時間かそこら起きっ放しだと、超眠くなる。睡眠時間の融通が利かなくなる。社会的にアレ
  • 食欲が増進するため、太る可能性がある
  • 長期的な心理的、身体的影響が不明。6ヶ月続けて大丈夫だった実例はいるようだが

参考リンク

*1:烏龍茶とは関係ない方

2006-07-16

[][]タンブラーにチートシートを挟む 00:10 タンブラーにチートシートを挟む - いつか作ります を含むブックマーク はてなブックマーク - タンブラーにチートシートを挟む - いつか作ります タンブラーにチートシートを挟む - いつか作ります のブックマークコメント

スターバックスのタンブラーは、自分の好きな紙を挟んでデザインを好きなように変更できる。

ちょっとしたリファレンスやマニュアルのようなもの(チートシートと呼ばれる。たとえばはてな記法一覧とか)をこれに挟んでおくと、机の上で行方不明になったりせず、便利。

CSSチートシートを挟んでwebデザイナーである自分をアピールしたり、viのチートシートを挟んで「まあ、指が覚えてるから見ないんだけどね」とgeekを気取るのにも有効。

お洒落な元素の周期表を挟んでいる知り合いを見て思いついた。

参考リンク

obacanobacan2006/10/09 16:06一時間=60分=7,200秒
ちょっとまってこれ実はひどいよ!

fukkenfukken2006/10/09 23:48吹いた
3,600秒ですね、死んできます

新着エントリは上に追加。コメントは「はてなユーザのみ」、公開設定はパブリック (だれでも閲覧ができます)。