いつか作ります RSSフィード

2008-11-07

[][]コミュニティ・マイリスト・ランキング 09:34 コミュニティ・マイリスト・ランキング - いつか作ります を含むブックマーク はてなブックマーク - コミュニティ・マイリスト・ランキング - いつか作ります コミュニティ・マイリスト・ランキング - いつか作ります のブックマークコメント

ランキングが「総合」一極化している問題と、ニコニコミュニティの存在意義が無い事の対策。

同じ「ニコニコミュニティ」に所属している人間内でのマイリストランキングを、コミュニティランキングとして出したらどうだろう。

カテゴリーごとのランキングだと、ランキングを渡り歩くユーザーによってジャンルランキングが蹂躙される。その結果、「音楽」で常に初音ミクが上位に来たり、「料理」でハイポーションが常に上位に来たり、「ニコニコ動画講座」でギリギリ絵の「描いてみた」が常に上位に来るような現象が発生する。

「投票権」をコミュニティ単位で分けてしまえば、ランキングを渡り歩くような重度のニコ厨による影響がいくぶん落ちる。ランキングの参照はユーザー全体に開放して構わない。この方式なら、ランキングから「外野」がいくら流入しようと、ランキングの順位に影響を及ぼさないからだ。「ランキング入りしたから→再生数伸びて→再度ランクイン」という循環は発生しない(多少はあるが、かなり小さくなる)。

ユーザーではなくマイリスト単位でニコニコミュニティに所属するようにしてもいいかもしれない。マイリスト使い分けによって「投票」するコミュニティを分けられる。多分面倒で誰もやらないだろうが。

あるいは、カテゴリー・タグに対応した公式コミュニティを新造し、それ単位でランキングを切ってもいい。個人的には現在のカテゴリ分け方式は限界に来ていると思うので、いっそ捨てたほうがいいと思うが。

はてブの「ニコニコ動画」タグを読んでて思いついた。

「知り合いの見ている動画には興味があるはずだ!」とかいうコミュニティ論者っぽい主張も考えたが、コミュニティだろうと、リアル知り合いとニコニコ内で絡むなんて現状じゃ滅多に無いだろjk。

今回のコンセプトは「ランキング参照ユーザーとランキング生成ユーザーを切り離す」「マイリストを軸とするコミュニティ」「ニコニコミュニティの活性化」の3点。切り離しは必然、2番目はコンセプト提示、3番目は単なるもったいない精神の発露。

集計系が負荷で死にそうだ、というのが現実問題の懸念点。それと、参加を促すため、コミュニティ所属メンバーが(はてブコメントのように)通常の動画コメントとは違うレイヤーで自己主張できるようにすべきだと思われる。これだけだと参加誘引力が弱く、工作の場にしかならない。

それと、コミュニティは現在「作品毎」「作者毎」くらいの粒度で分割されているので、「カテゴリ毎」「ジャンルタグ毎」程度の粒度で切り分ける前提の本案と相性が悪い。「テクテクがマイリスト入りさせた!」「あのikaが認めた!」「あてっくすが動いた…だと…!」とかいう感じで興味を引っ張るならアリな気もするが。

マイリストの位置づけは色々ごちゃごちゃ考えているが、まとまりそうにないのでとりあえず棚上げして、現在のマイリストの使われ方に即した形態にした。ニコニコミュニティの位置づけは良く分からないので勝手に変えた。

マイリストだけじゃなくコミュニティも色々考えているが、この考えを含めどれも両立しないアイデア。だから、またそのうち本稿と矛盾する記事を書くであろう事を先に断っておく。

言ってる事ちがくね

以前「ランキングを複数に分けるのはイクナイ」と主張した(http://fragments.g.hatena.ne.jp/fukken/20080730/1217427316)。

宗旨替えの理由は、

  • ライトユーザーの伸びが予想以上に多く、ランキングが固定化し始めた
    • 例えば、同じシリーズが毎回延々と上位を占めるとか
  • ユーザー数が伸びて分割に耐えられる程度の規模になっている
  • 口ばっかで金を落とさないヲタクよりも、「一般化」してライト相手に稼いだ方が効率がよさそうだ
    • そのためには、東方アレンジばっか聞いて乗馬マシンばっか見てる層を「切り離す」必要がある
  • 「同じネタにみんなで集まって同じ事をする」事のデメリットが大きくなってきた
    • 「このネタに集まっとけば再生数稼げるんじゃね?」的な意識
    • そこまで意識しなくとも、同質化が進み目新しさがなくなりつつある
      • 外部コンテンツを持ち込む作品より、ニコニコ内部で再生産されたコンテンツから派生する作品が増えたのが一因
        • インブリードばっかは良くない、たまには新しい血が必要だ

辺り。

新着エントリは上に追加。コメントは「はてなユーザのみ」、公開設定はパブリック (だれでも閲覧ができます)。