いつか作ります RSSフィード

2008-11-03

再反応:コメントをつけた理由と、俺の「馬鹿」の定義 01:35 再反応:コメントをつけた理由と、俺の「馬鹿」の定義 - いつか作ります を含むブックマーク はてなブックマーク - 再反応:コメントをつけた理由と、俺の「馬鹿」の定義 - いつか作ります 再反応:コメントをつけた理由と、俺の「馬鹿」の定義 - いつか作ります のブックマークコメント

TB飛ばなかったのは、多分修正再修正の連続で「ちょっとした更新」をチェックするタイミングをミスったから。一回はチェックせずポチったはずだが、自信はない。

以下はhttp://d.hatena.ne.jp/magician-of-posthuman/20081102/1225572746から。

しかし、こうして議論していた二人の観察には、共通の盲点が伴っている。挑発的に言えば、それはこの二人自身が「馬鹿」として顕在化している可能性だ。どういうことか。ここで述べている馬鹿とは、馬鹿の定義に無知になってしまっているという意味での、馬鹿である。既に述べたように、頭の良いヒトと頭の悪いヒトとを一義的に差異化することはできない。言い換えれば、馬鹿の定義は常に別様にもあり得る訳だ。全ての意味での「馬鹿」を網羅した上で、体系的に「馬鹿」を論じることは、誰にもできない。「馬鹿」を観察することには、不可避的に盲点が伴う。

ふたりとも「馬鹿」をきちんと定義して無い、という意味に取れた。いま読み返してもそういう意味にしか取れない。「『馬鹿』として顕在化している」は意味を考えれば別に怒るポイントでもないが、その前提「馬鹿の定義に無知になってしまっている」が(少なくとも私にとっては)間違いに思える。

その後の議論には正直あまり興味がない。私の論点はこの部分に尽きる。

私がその後の議論を批判した事になっているようだが、冒頭の部分以外に触れたのは「ついで」の部分だけであり、それ以前、本論部分では一切触れたつもりはない。

疑問符にいっこずつ

どこにどう答えたものか、とりあえず疑問符をひとつずつ。

それともid:fukken氏は、ある観察者が興味を持たなかったが故に派生させてしまった盲点を、別の観察者が指摘することを暴圧しようとでも言うのだろうか?

私は「『馬鹿』の多義性や『複雑性』の複雑性」について論じたければ勝手に論じればいい」ときっちり書いている。

次なる展開として記述した(タイトル略)をid:fukken氏は完全にスルーしているようだ。一体何故、スルーしたのだろう?

「ある議論に参入することと、その議論に派生した問題を指摘することとの間には、差異がある」。そして、派生した問題自体には興味が無かったのでスルーした、それだけの話だ。前述のように、私の論点は「派生」の過程、つまり「元の議論内での『盲点』の有無」にしかない。派生した議論の中でその「盲点」と主張されているところの論点がカバーされていようがいまいが、そんな事は問題にしていないし、私の知った事ではない。

新着エントリは上に追加。コメントは「はてなユーザのみ」、公開設定はパブリック (だれでも閲覧ができます)。