いつか作ります RSSフィード

2008-08-16

コモンズ公式提供素材について 13:23 コモンズ公式提供素材について - いつか作ります を含むブックマーク はてなブックマーク - コモンズ公式提供素材について - いつか作ります コモンズ公式提供素材について - いつか作ります のブックマークコメント

運営からの提供素材という事は、暗黙のうちに運営が想定している「使い方」を提示している、と考える事ができる。

というわけで妄想してみた。

ロゴ

コンシューマー向けの事業をしている企業人であれば分かると思うが、大きな企業であればあるほどロゴの使用許諾にはうるさい。

赤の他人には許可されず、社内であっても使っていい文脈とか、余白の大きさ、背景のコントラストによる色バリエーションなどが厳密に定義されている事が多い*1。なんでかというと、ロゴはその会社のイメージそのものだから。いっぱんに、デザイン戦略、イメージ戦略を考える上で真っ先に取り掛かる最優先事項が、ロゴの使い方を決めること。

で、そんな中、ニコニコは自分とこのフラッグシップ・サービスのロゴを(ライセンス条項付きとはいえ)誰でも使って良いよ、と公開したわけだ。当然、どういう意図か考えたくなる。

  • ひとつの見方は、単にブランドイメージと言うものへの認識が全社的に薄い、という可能性。
  • もうひとつの可能性は、「ニコニコのブランドイメージはユーザー全体で作り上げる」という思想の表明であるという可能性。

思いつきで挙げてみたけど、まあ前者だろうな。後者だったら格好いいのだが。

メガネ

どう考えても素人クオリティの、運営ブロマイド。素材としても使いにくいし、なんだこれ。

  • ニワンゴ/ドワンゴで素材全部を提供する気はない、という放置運営意思の表明
    • i.e.もっと「使える」画像が手元に無かったから上げていない、というだけ
      • 使える画像は持っている人が上げればいいのであって、別に全体的なカバレッジを自社でサポートする気もないし、要望に答えて素材を追加する気もない、という事だろう
    • 音楽素材は運営から上がっているが、これは「着メロ会社」として手持ちのリソースを割いたに過ぎない。絵描きが画を上げるのと同様、音楽屋だから音楽を上げた、というだけだろう
      • つまり、作品提供に関しては「参加者」のひとりに過ぎない、と言うスタンスだと推定できる
  • 素人クオリティの糞素材でも歓迎する、という意思の表明
    • 少なくとも、メガネの写真以上のクオリティであれば、上げて文句を言われることはないと
      • 実際、地下鉄構内の写真(ケータイ撮り!)とかの、箸にも棒にもかからない素材が既にガンガン上がっている
    • 質の高い素材が集まる場、ではなく、質はごった煮状態でいい、という運営スタンスなのではないかと推定できる

JASRAC素材

JASRAC楽曲のmidiが運営から上がっている。これも

  • JASRAC管理楽曲であっても上げる事が可能
  • しかし、CDのような音源を上げることは出来ない

というガイドラインの役目を暗に果たしている、と言えるかもしれない。

(補足:一部報道で「ポニョも公式配布」とか書いてあったが、ジブリの許諾は取っていないだろう。midiであれば、JASRACの許可さえあれば作成/配布が可能である。これは「演奏してみた」も同様)

http://fragments.g.hatena.ne.jp/fukken/20080705/1215241437

*1:だからこそ、googleの「ロゴを季節によって改変する」というデザイン戦略が画期的だったわけだ。あれは要するに「うちはIBMやMicrosoft、Yahoo!のようにブランドイメージを押し付けるような企業様ではなく、こんな事ができる遊び心ある企業だ」というブランドイメージ構築戦略である

新着エントリは上に追加。コメントは「はてなユーザのみ」、公開設定はパブリック (だれでも閲覧ができます)。