いつか作ります RSSフィード

2008-02-18

[]ニコニコに育つ非匿名文化 22:03 ニコニコに育つ非匿名文化 - いつか作ります を含むブックマーク はてなブックマーク - ニコニコに育つ非匿名文化 - いつか作ります ニコニコに育つ非匿名文化 - いつか作ります のブックマークコメント

アイマス界隈やVOCALOID界隈限定で「P名」と呼ばれる個人名がうp主につけられたり、自分で名乗ったりして定着してる件。

ここで留意しておきていのは、「いさじ」や「ゼブラ」はさておき、「フーミン」、「内緒妹」、「ガチ姉」そして「ニコ姫」は、本人たちが名乗ったのではなく、作品を見た視聴者たちが名付けたこと。歌った方も聞いた方も、アカウンタビリティを放棄しているのに、作品が秀逸だった故に「正のアカウンタビリティ」を場が献上しようとしていること。

小飼氏の過去エントリのこれとも絡むのだけれど。

要するに、2chでレス番がコテハン化する(そのレスへの返答、ではなく、「そのレスを書いた人」への返答が>>47のような形で行われる)のと同じ。

「名乗る必要のある、もしくは名乗ってもらったほうが都合の良い存在」がいると、匿名コミュニティであっても自然発生的に名前が生じるんじゃなかろうか。

たとえばVOCALOIDなんかは、玉石混交の中からお気に入りを探すのに、「製作者」という軸が必要だったから、うp主に名前を付けるやり方が定着したのではないかと思っている(その個体識別子が~Pという表記なのは、多分アイマス系から持ち込まれた文化だろう)。

従って、「名前のブランド化」は当然の流れと言える。名乗るからブランド化されたのではなく、ブランド化の必要がある状態だったからこそ名前が生じたのではないか、というのが私の観測。

これ、2chで数字が捨てハン化するのと似ている*1

テクテクさんの話

以下、アイマス界隈とは関係ない話。ゲームプレイ動画中毒なのでそっち方面。

プレイ動画界隈だと、複数のシリーズをうpっている人には「名前」が生じ始める。大抵は「~の人」という形式だが(普通の人シリーズの人、PON!の人、オワタ式の人etc.)。

個人的に面白いと思うのが、「テクテク冒険記」「テクテク海底記」シリーズのテクテク氏。第一作の「冒険記」(Oblivionプレイ動画)の頃はキャラ名(NICONICO)で呼ばれる事もあったり、普通にうp主と呼ばれる事もあったり、あだ名((怪盗)アップル)で呼ばれる事もあったりと、呼称は安定してなかった。二作目の「テクテク海底記」(Bioshock動画)以降、動画シリーズタイトルの「テクテク」で呼称が一定した。

面白いのは、このシリーズのうp主が「テクテク」と自称した事も、キャラ名を「テクテク」とした事も一度も無い、という点。それどころか、うp主は第一作から別の名前(kousonen)を自分の名前としてエンディングクレジットやOPに明記している。なのに、この自称している名前は全員からガン無視されている。

要するに、自分が何か名前を名乗っていても、もっとしっくり来る名前や、もっと分かりやすい名前が存在する場合、そっちが本当の「名前」にされてしまう事がある。うーん、本人の人格を尊重とかそういうアレは無いのだろうか。kousonen氏の胸中が少し気になったりもする今日この頃。

運営の話

ちなみに、ニコニコ動画の運営は、意図的に「名前を意識させない」デザインにしているのだと思う。

例えばいつぞやの自演騒動以前。コメントは、パッと見匿名なものに見えたが、本当はアカウント番号とひも付けられた「名前付き」のものだった。動画のうp主も、動画をクリックすればニックネームが見えるので本当は匿名でもなんでもない。なのに、どこを見れば名前が分かるのかは一般のユーザには分かりにくい、そういうインターフェイスになっている。

(ニコニコが匿名志向な理由はいくつかあるだろう。個人が特定されているような環境では、自分に著作権のないコンテンツのアップロードが阻害されるから、ひろゆきが匿名文化を好きだから、2chに端を発する日本の匿名インターネット文化に合わせようとした、とか)

だから、ニコニコ動画でうp主の個人名をもっと前面に押し出すシステムを、というのは、単にシステムの変更ではない。これは運営方針自体の変更を伴うことになる。個人的には、少なくとも当分は無いのではないかと思っている。RC2からRC3、正式サービスへと呼称が変わるのに伴って変化する可能性はあるだろうが。

*1:例えば、>>47と書いているのに、実際は47番のレス内容ではなく、それを書いた人を指しているような場合、>>47は「名前」として機能している

新着エントリは上に追加。コメントは「はてなユーザのみ」、公開設定はパブリック (だれでも閲覧ができます)。