いつか作ります RSSフィード

2007-07-29

新風 10:32 新風 - いつか作ります を含むブックマーク はてなブックマーク - 新風 - いつか作ります 新風 - いつか作ります のブックマークコメント

やけに話題になってるんで公約を読んだが、数年前から見るとかなりマイルドになっている。以前は樺太・満州奪還とか言ってた記憶があるんだが。確かに現状の新風ならば支持する人が多くとも別に不思議は無い。

まあ、数年前の方が本性っぽいから、票を投じるのはやめておく。

追記:さすがに満州は記憶違いだったが、南樺太の領有権回復は記憶違いでもなんでもなく、今でも主張していた。

 主張を読んでると、やはり皇室絡みとかに極右の名残が見て取れる。「万世一系」とか「神聖にして侵すべからず」とか選挙公約で目にするとは思わなかった。

2007-07-26

QMA 08:26 QMA - いつか作ります を含むブックマーク はてなブックマーク - QMA - いつか作ります QMA - いつか作ります のブックマークコメント

何十クレジットか投下し、成績などがだいぶ安定してきた。

近況テキストプレイ。組分けはフェニックス(最高のひとつ下の組)で安定。決勝には5回中2,3回は残れる。学問が得意ジャンル、というのは何となくつまらないので雑学・ランダム2(ことばに関する問題)を極める所存。アニゲ>学問≒雑学>>芸能>スポーツ、という、まあありがちな正答率分布。決勝に残れない回は、芸能かスポーツが前半戦に来て壊滅的なスコアで予選落ちしている事が多く、これが平均順位を大きく下げている。プロ野球、Jリーグ、メジャーリーグのチーム名と本拠地くらいは一致させておこうか。野球とサッカーに集中してるのは、この2ジャンルだけを出題する、という事が可能で、しかもスポーツが得意なユーザの大半がこれを行なってくるため。ついでに学問ジャンル対策に、世界の首都一覧、世界の海の一覧なども記憶しておきたい。アニゲは声優が全然わかんないけどまあ苦手ジャンルではないし、適当に知識も増えていくだろうし問題ないだろう。TVを観ないので芸能が壊滅的。これは大きな誤算だった。有名なドラマ、CMですら回答できない。映画・海外ドラマはまだなんとかなるのだが。自分の知識レベルの偏りを否応なく認識させられる。学問ジャンルは問題記憶と知識のバランスを取ってるユーザが多いようだ。高校レベルまでそれなりに真面目に勉強していれば得意ジャンルとなる。すっかり忘れてたり、手抜きだったりするとアウト。高校生以下のユーザも多いようで、高卒以上ならば自動的に得意ジャンルの一角にできる。あー、ただしフェニまでね。ドラゴン組は次元が違う。

このゲームは、極端に苦手なジャンルがあると不利になる。苦手ジャンルが来た瞬間に予選落ちしてしまい、決勝にすらたどり着けないという事が頻繁に発生する。得意ジャンルの正答率を99%にするよりは、苦手を埋めて全ジャンル6割を目指す方が平均成績が良くなる。このルールはあまり好みではない。

Ruby 08:26 Ruby - いつか作ります を含むブックマーク はてなブックマーク - Ruby - いつか作ります Ruby - いつか作ります のブックマークコメント

修士論文のためにRubyでプログラムをチマチマと。楽しいー。

2007-07-05

記憶の再固定 22:05 記憶の再固定 - いつか作ります を含むブックマーク はてなブックマーク - 記憶の再固定 - いつか作ります 記憶の再固定 - いつか作ります のブックマークコメント

脳から読み出された記憶が、脳にまた格納されるプロセスを妨げることによって、記憶を消し去ることに成功したとのこと

記憶には獲得、固定、再生の3段階がある、というのがまあ広く知られている知識だが、2000年に、「再固定」というプロセスが発見されて話題になった。

記憶の形成を阻害する薬を与えた状態で、特定の記憶を思い出させると、その記憶が失われてしまう、という発見。薬の効いている間に思い出さなければ、記憶は残ったままになる。この薬はあくまで記憶の獲得を阻害するだけで、記憶を破壊するわけではない、にも関わらず思い出した記憶が破壊される。

ということは、記憶を「呼び出す」と、記憶は一度破壊されていて、その都度覚えなおしている、という事になる。この覚えなおすプロセスが再固定。

PTSDの治療のほか、薬物依存の治療にも役立つのではないか、と言われている、らしい。

ついうっかり治療中に家族の事を思い出したりしたら酷い事になりそうで怖い。

脳はなにかと言い訳する―人は幸せになるようにできていた!?

脳はなにかと言い訳する―人は幸せになるようにできていた!?

新着エントリは上に追加。コメントは「はてなユーザのみ」、公開設定はパブリック (だれでも閲覧ができます)。