いつか作ります RSSフィード

2006-10-26

記者タイプと編集者タイプ 13:02 記者タイプと編集者タイプ - いつか作ります を含むブックマーク はてなブックマーク - 記者タイプと編集者タイプ - いつか作ります 記者タイプと編集者タイプ - いつか作ります のブックマークコメント

より、「世界の中心」問題の情報流通経路の推定。

日時サイト累計アクセス数情報源
10/13ホッテントリ327?N/A
10/14痕跡症候群1092マンガ☆ライフ
10/16NOKUTEE227痕跡症候群
10/17ぁゃιぃ(*゚ー゚)NEWS2758NOKUTEE
10/17カトゆー家断絶1898ぁゃιぃ(*゚ー゚)NEWS
10/18everything is gone1440ぁゃιぃ(*゚ー゚)NEWS
10/19つかれた324(不明)
10/19ゲーマーホリック211(不明)
10/23朝目新聞13282(不明)

(10/26:カトゆーの情報ソースが確認されたので追加)

なお、マンガ☆ライフははてブ経由。

不明なポイントが多いが、ホッテントリ→痕跡症候群→NOKUTEE→ぁゃιぃ(*゚ー゚)NEWS、と流れ、以降は「ぁゃιぃ(*゚ー゚)NEWS」中心に情報が伝播した可能性が高い。

ブログの記事は「はてブホッテントリ→小規模個人ニュースサイト→大規模個人ニュースサイト」と流れると推定できる。大手サイトの多くは対象範囲が広すぎ、一次情報源に直接当たることは非効率となる。だから多数の個人ニュースサイトをフィルターとして使って、情報の総量を落としているのだろう。大手サイトに時間的遅れがあるのは、この人力フィルタリングに時間がかかっているからだと推定される。

大手個人ニュースサイトの条件は、最新情報を最速で漏れなく取得することではなく、多少の漏れや遅れは諦めてでも、なるべく広い情報源をカバーする事である。「特ダネ」を自分で探す能力ではなく、誰が「特ダネ」を拾ってくるかを見極める能力が必要とされる。

とすると、大手サイトと中堅/小規模サイトの関係は、編集者と記者に似ているのかも知れない。

「記者」はあるブログにアクセスしてきたとき、他のエントリをチェックしたり、あるいはそのブログを巡回先に入れる事が多い。タレコミ屋と顔見知りになったり、名刺で顔を売っておくイメージ。優れた一次情報源をキープし、ネタを掘り出すのが彼らの仕事だ。

「編集者」や一般読者はそんな行動には出ない。彼らは紹介されたエントリだけを見て帰っていく。一般読者は自分で情報を探さず、新聞に載るのを待つだろうし、編集者自身がそんな事を自分でしていては時間が足りなくなる。

どちらに向いているかは単に適正と嗜好の問題なのだろう。「編集者」タイプの方が最終的にアクセス数を稼げる可能性が高いが、最新情報に精通しているのは「記者」の方だ。カトゆーの人とぁゃιぃの人は4日遅れで情報に接していた。この遅れが我慢ならない人は、大手個人ニュースサイト管理人になるのは諦めたほうがいいかもしれない。逆に、「自分の知らないところで面白い事があるかもしれない!」とか考えてしまう人は、自分で最新情報を探したりしないで、人が集めてきた情報を効率的に捌くほうを目指すべきだ。

fukkenfukken2006/10/26 18:39わざわざありがとうございます。別の行だったから見落としたのかな。
あとで消しておきます

新着エントリは上に追加。コメントは「はてなユーザのみ」、公開設定はパブリック (だれでも閲覧ができます)。