いつか作ります RSSフィード

2006-10-23

JCASTのモヒカン族記事における質問法 13:44 JCASTのモヒカン族記事における質問法 - いつか作ります を含むブックマーク はてなブックマーク - JCASTのモヒカン族記事における質問法 - いつか作ります JCASTのモヒカン族記事における質問法 - いつか作ります のブックマークコメント

例として挙げられてるYahoo!でのやりとりはしごく真っ当

質問に曖昧性があるときは、先に何を聞いているのかはっきりさせる方が親切。的外れな回答をしてしまうと相手が余計に混乱する。

また、何を回答すればいいのかも問題だ。「ドリルを買いに来た人が欲しいのはドリルではなく穴である」ではないが、この人が本当に知りたいのは、「ドメインとは何か」ではなく、「『ヤフー!ドメイン』で何ができるか」のはずだ。その意味で、

今現に具体的に、『どうすればいいのか分からずに困っている』とか、『こんなことやってみたいんだけど』

を聞くのは正しい。ドメインとは何かを説明するのは調べながらなら簡単だが(というか「ググれ」で済む問題)、それだと説明が膨大になりすぎる。自然、的を外す確率も上がるし、質問者はよく分からん説明を延々と読む事になる。

(どうでもいいが、何に使うか良く分からないものを買わせるヤフーのセールス力は流石だ)

と、このように相手の事を考えて適切な回答をできるように真摯な対応をしているのに、親切面して余計に混乱させかねない回答を寄越す不親切な「空気を読める人」に迫害されると言うのは、モヒカン族にありがちな光景ではあるが。

真空地帯

ネットでは、状況をわざわざ書かないと筆者がどういう状態なのかが伝わらない。要するに、「空気を読め」と言われても、ネット上にはその読むべき空気が無さすぎて話にならないのだ。特に単発質問ではこの傾向が顕著だ。状況も分からないし、相手の理解度も分からないし、目的も分からない。そもそも「空気を読む」のが不可能に近いというか不可能だ。勝手に推測する事は出来るが。

(だからこそ、サポートセンターでの電話サポート30分よりも、訪問サービス5分の方が問題解決能力が高い)

ブログ上であっても、空気(議論の流れ、その人の普段の主張etc.)を読むには過去ログ全部読め、という事になってしまうので、結局新参(ムラの外の人)を排除する事になってしまう。

モヒカンとの付き合い方

この質問サイトに質問を書く程度の知識はおありのようですから、あなたはもう『無理にでも勉強しなきゃ始まらない』レベルの初心者ではありません。もし、今現に具体的に、『どうすればいいのか分からずに困っている』とか、『こんなことやってみたいんだけど』とかあったら、補足してみてください

は、純粋に

  • あなたは、あなたが主張するような「『無理にでも勉強しなきゃ始まらない』レベルの初心者」ではない
  • 質問にこれこれこのような情報が不足している

という2つの事実解釈を主張する文だ。「お前少しは分かってるんだろ?初心者ぶって質問するなよ」とかいうニュアンスを読み取るのは勝手だが。

原典

新着エントリは上に追加。コメントは「はてなユーザのみ」、公開設定はパブリック (だれでも閲覧ができます)。