いつか作ります RSSフィード

2006-10-21

[]はてブコメント表示とか[B!]とか[↑B]とか[**users]はgreasemonkeyで提供すればいいのに 00:23 はてブコメント表示とか[B!]とか[↑B]とか[**users]はgreasemonkeyで提供すればいいのに - いつか作ります を含むブックマーク はてなブックマーク - はてブコメント表示とか[B!]とか[↑B]とか[**users]はgreasemonkeyで提供すればいいのに - いつか作ります はてブコメント表示とか[B!]とか[↑B]とか[**users]はgreasemonkeyで提供すればいいのに - いつか作ります のブックマークコメント

マ・クベにみる芸術に接する2つの態度 22:32 マ・クベにみる芸術に接する2つの態度 - いつか作ります を含むブックマーク はてなブックマーク - マ・クベにみる芸術に接する2つの態度 - いつか作ります マ・クベにみる芸術に接する2つの態度 - いつか作ります のブックマークコメント

断片部 - kg's frag - あの壷は「いい」壷だ

http://fragments.g.hatena.ne.jp/keijis/20061021/p2

(マ、壷を弾く)

マ「いい音色だろ」

部下「は・・・いいものなのですか?」

マ「北宋だな」

というやり取りが事前にある。

いい壷かどうかは、骨董的価値と音色(材質、形状など)で決めているのかも知れない。壷を弾くのは中島誠之助も良くやっているので、ありがちな鑑定/鑑賞法なのだろう。彼は「いいものなのですか?」という問いに直接的に答えていないし、部下が北宋という単語でその良さを理解したような描写も無い。「あれはいいものだ」は、このやり取りへの遅れた回答を兼ねているとみる事もできる。

理由を言わなかったのは、この部下に骨董(芸術)の価値は分からない、という推測があったからだろう。諦観とも取れるし、他者の理解を求めないマニアの性、とも読める。押し付けがましくないこの態度を、興味の無い人に薀蓄を垂れるよりは好ましい、と思う人もいるだろう。

左脳的態度と右脳的態度

芸術品を見て、素敵だと思って良いという判断を下すのは感性的、右脳的、女性的とされる。

いっぽう、「北宋だから→良いもの」というように、情報によって評価を下す姿勢は理知的、左脳的、男性的である、とされる(最も、女性も特にブランド物に対しては「シャネルだから→良い」のような、情報に基づく価値判断をよく行なうのだが)。

マは、何故この壷に「いいもの」という評価を下したのだろうか。「北宋の壷である」から「いいものである」のだろうか。それとも、北宋だろうがなんだろうが良いものは良い、という審美眼の持ち主だったのだろうか。

彼の愛機はギャンである。ギャンは騎士のような独特のフォルムで知られる。彼は、純粋に見た目が美しいからギャンを選んだのだろうか。それとも、「騎士だから→格好良い」という情報理解を前提にギャンを選んだのだろうか。

新着エントリは上に追加。コメントは「はてなユーザのみ」、公開設定はパブリック (だれでも閲覧ができます)。