いつか作ります RSSフィード

2006-06-20

ツールに見る日本のブログの歴史と特殊性 22:53 ツールに見る日本のブログの歴史と特殊性 - いつか作ります を含むブックマーク はてなブックマーク - ツールに見る日本のブログの歴史と特殊性 - いつか作ります ツールに見る日本のブログの歴史と特殊性 - いつか作ります のブックマークコメント

  • 90年代後半~2000年ごろ、「ホームページ」ブーム
    • ネコも杓子も自分のページを持つのがトレンディ。大多数の人間には大したコンテンツもないので、トップページにネコとか赤ん坊の写真とか自作ポエムが載ってるような「個人サイト」が大半
  • 「ホームページ」に書く事が無くなり、日記や掲示板だけが更新されるようになる
    • そもそも、伝えたい事も無いのにメディアに手を出す時点でおかしかったのだが
  1. 日記の更新が面倒になってきたサイト管理者の一部は、日記更新をプログラム的に処理できるようにし始める
    • いわゆるChangeLogメモによる日記など
  2. スキルの無いサイト運営者の中には、掲示板に日記を書き始める(≒掲示板に近況を書く)人間が出てくる
    • 掲示板はコメントをつける事も可能で、しかも記事単位にスレッドを作る事もでき都合が良かった
  3. 日記ではなく「個人ニュースサイト」「テキストサイト」化する流れ
    • サイト運営者同士はrefererで互いにコミュニケーション
      • TBの思想に通ずるものがある
  • これらの流れを受け、日記執筆専用のスクリプトが生まれる
    • HNS(Hyper Nikki System)あたりが始祖?
      • Mac Fan internet 99/3号に掲載されたようなので、この辺の時期に開発されたか
    • tDiaryって確か結構最近だよね(未確認)
      • tDiaryも「blog以前」時代からの勢力らしい
    • web日記と名のつくサービスがいくつか立ち上がる。CGIスクリプトも流行
    • はてなダイアリーのサービス開始も「blog以前」時代。はてながblogを名乗り始めたのは案外最近
  • 「web日記」はオンライン上の更新チェッカ、いわゆるアンテナに対応。仕様標準化の動きも
  • 海外から黒船「blog」が襲来。日記サイトはblogの波に飲まれる

まとめ

  • blogが輸入される以前から、似たような文化やツールは存在した
  • 日本のblogは、海外のblogが輸入される以前の文化があるからこそ、出自を同じくしない海外のblogとは大幅に異なる
    • コンテンツよりコミュニケーションに重みを置く文化
    • 非本名性
    • 「テキストサイト」「個人ニュースサイト」性
  • 日本発のサービス/プログラム/アイデアは、実は案外海外に持っていっても通用するかもしれない

主にタイムライン周りに事実誤認がきっと沢山あるので、表には書かない。情報を集めるのも面倒。

新着エントリは上に追加。コメントは「はてなユーザのみ」、公開設定はパブリック (だれでも閲覧ができます)。