いつか作ります RSSフィード

2006-05-30

タグの何が便利か 02:25 タグの何が便利か - いつか作ります を含むブックマーク はてなブックマーク - タグの何が便利か - いつか作ります タグの何が便利か - いつか作ります のブックマークコメント

http://fragments.g.hatena.ne.jp/mutronix/20060530/p2

タグの何が便利か。他者との連携を考えない、単独ユーザの視点でも利点はある。

記述が制約され、検索しやすい

自由記述というのはいっけん便利に見えるが、自分がなんと言う記述でメモをつけたのかが思い出せないため、結局検索が出来ない。適度な制約条件があると、過去の自分の思考範囲をある程度限定できるため、検索性が向上する。

たとえば、[これはひどい]を使っていると、「酷い」「ひどい」「最悪」「サイアク」のどれで感想を書いたかを思い出す必要がなくなる、とか。

「工作に使うものは全部工具箱へ」「文房具は全部引出しの一番上へ」というルール付けと同じ。

入力がしやすい

はてなの場合、自動補完が効く。IEのフォームの自動補完機能と比べ、遥かにスマート。マウス操作の場合、クリックで入力する事もできる。この補完機能があるために、自分はいぬの人のgreasemonkeyで登録をする事が少ない。

作業により記憶定着性が上がる

心理学の話になるが、物にタグをつけ、何らかの分類なり属性付けなりを施す、という作業それ自体が、脳への記憶の定着を促す。メモを取ると、メモを見返さなくとも思い出せるようになる、ってのと同じ。

おまけ:ものへの評価基準問題

究極に極まったラーメンを食うと、それまでのラーメンにつけた評価を付け直したくなる問題。

ラーメンに、自分なりの値段をつける、というスコアリングが個人的に有効。それに対しいくらまでなら出しても惜しくないか。

自分は書評に、値段分の価値があるかを書く事が多い(文庫落ちしたら買ってもいい、ブクオフで300円くらいなら、ハードカバー新刊でも速攻で買うべしetc.)。

まだ学生の身の上なので、金銭感覚はドラスティックに変化しているが、社会人になってしまって以降はそうそう変化しないだろう。

そもそも、スコアに上限を設けるという発想が学校で植え付けられた型に縛られている。

タギングにおいてどういう概念に相当するかは思いついたら書く。

誰だろう 18:49 誰だろう - いつか作ります を含むブックマーク はてなブックマーク - 誰だろう - いつか作ります 誰だろう - いつか作ります のブックマークコメント

お前結局誰やねんwwwwwww

http://fragments.g.hatena.ne.jp/debedebe/20060530/1148915172

  • 最初に考えたのは「梓 桃子」さん
    • 苗字を一人称にする人は珍しいが、珍獣というほど少なくも無い
      • が、複数の一人称(「梓」「桃子」)を用いるというのは相当珍しい
  • 本文1行目はシステムによる自動生成くさい
    • 従って、サブジェクトが「桃子」からになっていれば、一人称が桃子でシステムへの登録名が梓(おそらく苗字)なんだろう、となるんだが
  • 梓さんが、桃子と遊んでくれる人を探している可能性も否定できない
    • この場合、桃子はペットなどの動物だという可能性が高い
    • あるいは、MMORPGやチャットのアバターもあり得るか

資源節約 18:41 資源節約 - いつか作ります を含むブックマーク はてなブックマーク - 資源節約 - いつか作ります 資源節約 - いつか作ります のブックマークコメント

  • 1画面以上長い文章を「長文ウザイ」という人
  • 1画面以上長い文章を「長文ウザイ」といいたいのにウザイという感情を持ったことを言いたくないので、通信費節約のためにとかいう謎理論を使ってやめさせようとする人(およそ15年前)
断片部 - y0mu-tr0n2x (『世界の終わり』) - ちょっと思いつき

一画面以上の長さの文章を書いたのに、要約を置かない人が一番悪質。

通信費よりも、人間様が読解に要する脳の処理時間の方が高くつく。

debedebedebedebe2006/05/30 20:44取り上げていただいてありがとうございます。
このメールはlove@to-i-ki.ccから届く広告メール(だと思う)なのですが、
毎回毎回同じ人から3回ずつ届くという、やや工夫を凝らしたところがあるのです。
ここだけでそのすべてを説明するのは難しいので、いずれキーワードとして作ります。というか今から作ります。

fukkenfukken2006/05/30 21:53いや、自動作成された広告メールだろうという程度は想像できるのですが、せっかくなのでちょっとしたパズル気分で遊んでみました

新着エントリは上に追加。コメントは「はてなユーザのみ」、公開設定はパブリック (だれでも閲覧ができます)。