いつか作ります RSSフィード

2006-04-29

[]携帯カメラ2.0 11:43 携帯カメラ2.0 - いつか作ります を含むブックマーク はてなブックマーク - 携帯カメラ2.0 - いつか作ります 携帯カメラ2.0 - いつか作ります のブックマークコメント

Lifesliceのエントリ書いてから思いついた案

  • 常時ネットに繋げる事を前提とした、連続撮影型の撮影デバイスを作成する
    • 撮影行為が見た目に見苦しくないような装置にする
  • 撮影禁止エリア情報を無線ネットワークに乗せて飛ばせるようにする
  • 禁止エリアおよび電波の届かないエリアでは、撮影デバイスを動作不能にする
    • 撮影不能プロテクトの解除は、最低でも携帯のスピーカーを殺す事よりも困難にしておく必要がある

問題点は、守る方の側が一方的にコストを払う必要がある点。アンバランス解消のため、防衛側の装置は安く抑えて撮影装置の価格を上げる必要がある。となると普及のためには撮影側にはGPS機能やフォトログ機能などの付加価値が必須になるか。

何らかの方法でカメラ動作禁止空間を生み出せるようにする、という仕組み自体は既に強い需要があるので、大き目の電器メーカーとかが言い出せば乗る人は結構いる気がする。

拡張して、音声、動画などに対しても、どれの記録を許可してどれを不許可とする、みたいな情報が流せると汎用的かもしれない。

解消できる現状の問題点

撮影を嫌うのには、撮影される事自体が問題の場合(書店etc.)と、撮影行為が目障りな場合(レストランetc.)がある。

前者に対しては撮影禁止ゾーンを適宜指定できる事で対応できる。後者に関しては撮影行為が気にならない形で行なわれるようにする事で対応できる。

撮影者にとっては少なくとも、後者の観点から今まで撮影を控えてきたものが撮影できるようになる、というメリットがある。それ以上の可能性はデバイスに実装される付加価値しだい。

braxbrax2006/04/29 15:46 ご指摘有難うございます。調べたところ、ご指摘の通り「犯罪」とはならず、倫理的な問題だったことが分かりました。「個人使用の範囲内だろう」という前提と「現物・書籍本体は残る」ので、対処法が限られるのですね。
 しかし、携帯付属カメラの解像度が上がっていく中、雑誌中の文章を撮影した写真をそのままWeb で公開している行為も見かけるんですがね。
 単に、駅のホームの禁煙コーナーで煙草を吸っている人程度の「嫌な奴」扱いとして、書店は「注意行為」に留まるしかないようですね。

fukkenfukken2006/04/29 17:21私はこの問題については書店に同情的です。
しかし、気に食わないがしかし犯罪ではない事を、あたかも犯罪であるかのように喧伝して抑制する、という手法は気に食わない。アップロードは明白に著作権法違反ですね。
ついでに、どうでもいいですが駅の禁煙場所で煙草を吸うのは健康増進法違反です。取り締まられるのは喫煙者ではなく駅の管理責任者たる鉄道会社ですが

braxbrax2006/04/29 17:35 へぇ。そうなんですか。そういえば、駅としても管理責任というものがありますね。

新着エントリは上に追加。コメントは「はてなユーザのみ」、公開設定はパブリック (だれでも閲覧ができます)。