いつか作ります RSSフィード

2006-04-29

Folksonomy 10:29 Folksonomy - いつか作ります を含むブックマーク はてなブックマーク - Folksonomy - いつか作ります Folksonomy - いつか作ります のブックマークコメント

http://d.hatena.ne.jp/./laiso/20060429/p1

みんなが自分に必要なタグをつければ、ある記事のタグの集合は「必要なタグ」の集合となり、タグの質は向上する。

物理学者の本棚

専門書を見て「物理」と分けるパンピーと「量子工学」と分ける学生と「なんとか派学説」と分ける専門家がいるのは別に不思議ではない。物理と言うカテゴライズは、本棚の9割が物理の本の専門家にとっては意味を為さないだろうから、彼は物理と言うコーナーを自分の本棚には設けないだろうし、脳内で「この本は物理の本」なんて整理もしないだろう。

あなたは大分類を付けたいか

自分にとって「物理」というタギングが意味を為さないのなら、物理というタギングはすべきではない。「物理」というタギングが必要だと思う人がいれば誰かがつけるだろう。必要がないなら誰もつけない。

del.icio.usで日本語記事には「japanese」とタグを振ってる人がいるが、はてブではそれを見ない。誰も必要性を感じないからだ。そして、誰も必要性を感じないタグにはそもそも存在意義など無い。はてブで日本語記事だけを拾い読みしたい!なんて需要は存在しない。

はてブには逆に英語記事にenglishと振っている人がきっと何人かいるだろう。はてブ上で英語記事のみを峻別する事には需要があり、だからこそこのタグは振られる。逆に、恐らく英語記事が大半を占めるdel.icio.usでは、englishタグを付ける人は極めて少ないはずだ。そして、englishタグを必要とする人もまた少ないのだろう。

需要に応じた供給がなされるからこそ、需要と供給は自動調整される。自分の需要に応じたタグを供給すれば、それで必要十分だ。

本棚と本のたとえ

書いてて、本棚と本のメタファーは分かりやすいと思った。他の人のタグは本屋の分類で、自分のタグ付けは自分ちの本棚の分類、みたいなイメージだろうか。それとも情報収集行動の動機をベースに、雑誌と書籍みたいに切った方がわかりやすいかな。

[idea]

多人数によって付けられるタグは、必ず大分類になっていて、小分類である事は無い。なぜなら、世の中には専門家よりも一般人の方が多いからである。

また、アルファ・ブックマーカーに過剰な注目が集まり、特定の記事に実質以上の注目が集まるのと、特定のタグが過剰に振られる事の構造は一緒。つまり惰性、思考の放棄、他者もしくは過去の自分への追従だ。

braxbrax2006/04/29 15:46 ご指摘有難うございます。調べたところ、ご指摘の通り「犯罪」とはならず、倫理的な問題だったことが分かりました。「個人使用の範囲内だろう」という前提と「現物・書籍本体は残る」ので、対処法が限られるのですね。
 しかし、携帯付属カメラの解像度が上がっていく中、雑誌中の文章を撮影した写真をそのままWeb で公開している行為も見かけるんですがね。
 単に、駅のホームの禁煙コーナーで煙草を吸っている人程度の「嫌な奴」扱いとして、書店は「注意行為」に留まるしかないようですね。

fukkenfukken2006/04/29 17:21私はこの問題については書店に同情的です。
しかし、気に食わないがしかし犯罪ではない事を、あたかも犯罪であるかのように喧伝して抑制する、という手法は気に食わない。アップロードは明白に著作権法違反ですね。
ついでに、どうでもいいですが駅の禁煙場所で煙草を吸うのは健康増進法違反です。取り締まられるのは喫煙者ではなく駅の管理責任者たる鉄道会社ですが

braxbrax2006/04/29 17:35 へぇ。そうなんですか。そういえば、駅としても管理責任というものがありますね。

新着エントリは上に追加。コメントは「はてなユーザのみ」、公開設定はパブリック (だれでも閲覧ができます)。