いつか作ります RSSフィード

2006-03-25

物語と穴 13:20 物語と穴 - いつか作ります を含むブックマーク はてなブックマーク - 物語と穴 - いつか作ります 物語と穴 - いつか作ります のブックマークコメント

全ての物語には穴がある。

状況に一切の変化が無いハーレム漫画は物語ではなく、ある一瞬の状況を描写しているに過ぎない。

というより、変化の無いものはそもそも物語として認識されず、単一状況の描写として認識される。

変化があって初めて時間の遷移は認識され、物語と認識される。そして、変化とは上がるか下がるかである。

あずまんがは登場人物間の関係性の変化が無視しうる程度にしか変化しない。あの3年のストーリーが全て2月程度の間に起こっていた、あるいは時間描写の無い4コマ群が全て同一の一日の中で発生した事象であると考える事もまた容易である。時間の流れを否定できるという事は、あれは物語ではなく、作品全体が仲の良い高校生たちの日常の一コマを切り取った「描写」である、という見方が成立するという事である。

変化の無いものに時間の流れは無い。物語とは時間の流れであるから、変化の無いものは物語ではない。

ちなみに、他人の仮説の反証をする場合には反例を挙げるのが常識である、少なくとも理系には。

新着エントリは上に追加。コメントは「はてなユーザのみ」、公開設定はパブリック (だれでも閲覧ができます)。