いつか作ります RSSフィード

2006-03-25

臨界点 20:00 臨界点 - いつか作ります を含むブックマーク はてなブックマーク - 臨界点 - いつか作ります 臨界点 - いつか作ります のブックマークコメント

そういうわけでネット人格もコミュニティもどんどん細分化し、こまかく使い分けていくのが、これからのネットライフなのかもしれない

そこではてなグループというソリューション。

しかし、80人を超えている某グループなんかは「仲良しネットワーク」を構成できる人数のリミットを越えている公算が高い。いや、アクティブユーザだけ数えたらまだいけるか。

例えば、参加人員が増え、毎日100の日記が更新される状況では、全てに目を通す事は不可能。旧ユーザは「知った顔」以外をスルーするのが基本になり、かくして新入りは悪意無き先住民によってネグレクトされる事になる。

お気に入りネットワークを通じてブクマユーザを把握する 19:11 お気に入りネットワークを通じてブクマユーザを把握する - いつか作ります を含むブックマーク はてなブックマーク - お気に入りネットワークを通じてブクマユーザを把握する - いつか作ります お気に入りネットワークを通じてブクマユーザを把握する - いつか作ります のブックマークコメント

http://fragments.g.hatena.ne.jp/SweetPotato/20060325/1143256923

  • ユーザ名一覧を使い、未出のユーザリストを探せばよい
    • たとえば、1300user以上がブックマークしてる某エントリとかはこのリストに使いうる
    • ある程度の規模の「島」ならば、人気エントリを一人くらいはブクマしている公算が高い
  • 面白そうな事
    • 「島」の中心を探すとか
    • graphvizライクな形式で単純に「島」を可視化するとか

とりあえず、自分のいない「島」には物凄い興味があるので超頑張ってほしい。

物語と穴 13:20 物語と穴 - いつか作ります を含むブックマーク はてなブックマーク - 物語と穴 - いつか作ります 物語と穴 - いつか作ります のブックマークコメント

全ての物語には穴がある。

状況に一切の変化が無いハーレム漫画は物語ではなく、ある一瞬の状況を描写しているに過ぎない。

というより、変化の無いものはそもそも物語として認識されず、単一状況の描写として認識される。

変化があって初めて時間の遷移は認識され、物語と認識される。そして、変化とは上がるか下がるかである。

あずまんがは登場人物間の関係性の変化が無視しうる程度にしか変化しない。あの3年のストーリーが全て2月程度の間に起こっていた、あるいは時間描写の無い4コマ群が全て同一の一日の中で発生した事象であると考える事もまた容易である。時間の流れを否定できるという事は、あれは物語ではなく、作品全体が仲の良い高校生たちの日常の一コマを切り取った「描写」である、という見方が成立するという事である。

変化の無いものに時間の流れは無い。物語とは時間の流れであるから、変化の無いものは物語ではない。

ちなみに、他人の仮説の反証をする場合には反例を挙げるのが常識である、少なくとも理系には。

タメ口調 12:02 タメ口調 - いつか作ります を含むブックマーク はてなブックマーク - タメ口調 - いつか作ります タメ口調 - いつか作ります のブックマークコメント

そもそも、相手の方だって正常な会話が営まれれば口調など対した問題ではないだろう。自分の方が相手の口調にどの程度気を払っているかを考えれば容易に見当がつく。勿論それを他人に強制しないようにする事は必要ではあるが。

コミュニケーションを希求する人の集まりでは、むしろ相手との距離を一定間隔に保ってしまう敬語の使用は厳に慎まれるべきだとさえ思う。合コンに行ったとき、敬語を話すのはだいたい非モテだ。モテな人は「親しくなって相手との距離感をつめ、くだけた口調で話をできるようになる」という過程を、双方の暗黙的合意によって無自覚にスキップする事が多い。

語尾促音 11:56 語尾促音 - いつか作ります を含むブックマーク はてなブックマーク - 語尾促音 - いつか作ります 語尾促音 - いつか作ります のブックマークコメント

はてワンで会話するときに、ですます調だと他人行儀だけれども、初めて話す人に最初からフランクなのもどうかと思ったりするので、折衷案として語尾をのばして固い印象を柔和にしようかと工夫中

MMOでやたらみんなが語尾を延ばすのが気に食わなかったので、自分は極力語尾のばしに頼らない事に決めた。あれは多分4,5年前、ROプレイヤーだった頃の決意。

MMOで何が嫌かって、「柔和な人格」の人が多すぎる。口調を無意味に柔和にすると、キャラクターまで当り障りの無い柔和な人格に引きずられる。

超キモい。「うーん、ちょっと…^^;」とか言わず「嫌です」と断言できるキャラクターの方が個人的に好ましい。

新着エントリは上に追加。コメントは「はてなユーザのみ」、公開設定はパブリック (だれでも閲覧ができます)。