Midnight e-Rhetoric-al Parade

あわせて読みたい
 | 

2008-07-15

01:25 2008-07-15 - Midnight e-Rhetoric-al Parade を含むブックマーク

http://anond.hatelabo.jp/20080715220620

まだ中島らもが生きていた頃「最後の晩餐」という番組があって、

まあいろいろな企画を3人のおっさん(らも、浜村淳キダ・タロー)と若手ひとり(Over Driveのメガネ→アメザリの平井)が挑戦するという趣向だったんだけど、


ある回が「加藤鷹に4人が代わる代わるインタビューする」というものだった。

そのインタビューでの質問の一つで、キダ・タローが、

キダ 「外に出したら、妊娠しませんわね」

鷹  「――、しませんね」

という件があって、そのあとキダ☆タローが、それは少子化につながるだろう、

としきりに心配してみせた記憶があるんだが、

僕が高校生の時分には「外に出してもあんま意味ないんだぜ~」というのはほぼ常識だったので、

おいおい公共の電波でいい加減なことを言うなよ、と思った。


AVに限らず、性的なメディアは、誰かが倫理的に違和感を感じたとしても、

人間の本質に「性」が一部を占める(そしておそらく消え失せない)限り必要なものだと思うんだけど、

最近のあれって妙に「リアリティ」や「過激さの限界」を追求している印象を受ける。

いろいろな趣向を凝らしてるのはわかるんだけど、

でも「それっていらなくね?」と思うようなものも多い気がする*1

それこそ、僕はああいうのは「ファンタジー」の次元で成立していればいいと思うし、

モザイクの向こうではインチキしているくらいがちょうどよいとすら思う*2


主題がはっきりしてないけど、要するに、

避妊くらいちゃんとした方法でしておきたいものですね。

*3

*1:「中だし」とか。

*2:まあ画面の外でスキンを外す「パチン」という音がしたりすると安心というか、ニヤリとするんだけど。

*3トラバあんまり意味ありませんでしたね。

 |