chanbaraの断片 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2006 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 09 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 |
2013 | 02 | 05 | 08 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 05 | 07 | 09 |
2015 | 02 |

2009-07-11

[]TVを見ないと情報弱者になるという例 11:37 TVを見ないと情報弱者になるという例 - chanbaraの断片 を含むブックマーク はてなブックマーク - TVを見ないと情報弱者になるという例 - chanbaraの断片 TVを見ないと情報弱者になるという例 - chanbaraの断片 のブックマークコメント

 波田陽区とか世界のナベアツとか、そういう芸能人がいるらしいとかこんな持ちネタがあるらしいとかそういうことはネットで何人もの人が繰り返し書いていて、私もそういう記述は目にするので文字情報としては知っているし、写真もどっかで2~3回は目にしたことはあるんだけど、TV等で彼らが動いているのを見たことがなく、当然ネタをやっている動画も見たことがない。

 小島よしおもそうなんだけど、彼の場合はたまたまついていたTVをどっかで目にしたときに(おそらく盆だか年末だかに帰省した時)ネタをやっているのを見たことはある。

 なんでこんなことを書いているのかというと、今まで読んだことのない人のブログを面白そうだなと思ったときは時間が許せば過去ログをまとめ読みするんだが、それをする度に上記のようなことを思い浮かべるからだ。

2009-06-18

[][]今日クローズアップ現代 19:55 今日のクローズアップ現代 - chanbaraの断片 を含むブックマーク はてなブックマーク - 今日のクローズアップ現代 - chanbaraの断片 今日のクローズアップ現代 - chanbaraの断片 のブックマークコメント

 久々に見ている。

http://www.nhk.or.jp/gendai/

http://www.nhk.or.jp/gendai/kiroku2009/0906-3.html#thu

6月18日(木)放送予定

“10歳の壁”を乗り越えろ

考える力をどう育てるか~

学力低下」問題をうけて去年、学習指導要領が改訂。算数・理科は前倒しで今年から新しいカリキュラムへの移行が始まった。授業時間も増えたが、それ以上に学習内容が全体に増加、前倒しされる。そうした中、教育現場で注目されているのが「小4の壁」という現象だ。この20年間、授業時間が削減され、学習内容も易しくなっているにも関わらず、勉強についていけなくなる児童が、9歳から10歳、つまり小学4年前後に急激に増えているのだ。原因の一つと考えられるのが「考える力」の低下。算数の場合計算は得意でも、文章題になるとできないケースが目立つ。背景として、ドリル依存した学習スタイルや、家庭での会話の減少によるコミュニケーション能力の遅れなどが指摘されている。各地で模索されている対策も紹介しつつ、「考える力」をどう育てればいいのかを考える。

(NO.2753)

スタジオゲスト佐藤 学さん

    (東京大学教授

この

考える力」の低下。算数の場合計算は得意でも、文章題になるとできないケースが目立つ。背景として、ドリル依存した学習スタイルや、家庭での会話の減少によるコミュニケーション能力の遅れなどが指摘されている。

って、なんか1980年代にも聞いたような話だなあと思った。

※2010/03/04追記 その1

そろそろ周回遅れの教育議論は止めにしよう - Munchener Brucke

私が中高生だった頃、まさに詰め込み教育受験地獄批判花盛りで、知識偏重の教育の弊害が盛んに叫ばれた。官僚不祥事やら、日本国際競争力低下まで、何でもこれらの問題だとされ、教育改革が急務だとされていた。

ところが今度は、80年代にさんざん議論されたことは無視され、再び教科書が厚くなったというどうでもいい部分が強調され、今度は、知識量偏重の教育を復活させるベクトルが働いた。

全く進歩しない議論を30年間やってきた総括をしないと、また空虚教育議論を繰り返すだけである。

ただなぜか「ゆとり教育批判」の中で、エリート教育=「詰め込み復活」みたいな議論が多い。20年前の議論の方が理に適っていた

※2010/03/04追記 その2

昔の議論を忘れちゃったんだろうか、という疑問について私が書いたエントリ

指標や順位が上がれば日本は復活する - chanbaraの断片 - 断片部

2009-04-09

[]NHKスペシャル観た 00:29 NHKスペシャル観た - chanbaraの断片 を含むブックマーク はてなブックマーク - NHKスペシャル観た - chanbaraの断片 NHKスペシャル観た - chanbaraの断片 のブックマークコメント

シリーズ JAPANデビュー 第1回 アジアの“一等国”」を観た。

http://www.nhk.or.jp/special/onair/090405.html

 これを観ている時、

http://d.hatena.ne.jp/Tez/20060810/p1

このエントリのことを思い出した。

 台湾における同化政策の中で育った「日本人に近づけば近づくほど日本人になれない」人たちの葛藤というか、親日とか反日とかそういうもので単純に割り切れないぐちゃぐちゃしたものが、映し出されているなと思った。

TambreyTambrey2016/04/28 21:32Oh, I’m sure! I was just running tests on search engine optimization. Lots of people get online and start by searching on pm0;va22ires,․ period. How do we connect with those individuals as fast as possible? That’s the puzzle!

2008-02-28

[][]今日クローズアップ現代 21:26 今日のクローズアップ現代 - chanbaraの断片 を含むブックマーク はてなブックマーク - 今日のクローズアップ現代 - chanbaraの断片 今日のクローズアップ現代 - chanbaraの断片 のブックマークコメント

 海外富裕層日本でたくさん消費をしてますよー。という冒頭。

 バブルの頃は日本人海外でこういうことをしていたんだろうな海外の人の目にはこんな風に映っていたのかもしれないなあ、なんてことを思った。「たくさん買い物するぞーおー」って言ってた人や値段の高い料理を食いながら「おいしいでーす」とカメラに向かって言う人、かつての金満日本人(って言い方はおかしいか。金満日本人は昔も今も金満日本人だし)のイメージとかぶるよなあ。

 ある程度以上の年齢の人ならそう思うよね?

2007-08-21

[][]こないだの土曜深夜 23:11 こないだの土曜深夜 - chanbaraの断片 を含むブックマーク はてなブックマーク - こないだの土曜深夜 - chanbaraの断片 こないだの土曜深夜 - chanbaraの断片 のブックマークコメント

 NHK-BSで、日本の降伏を扱った番組フランス製作)をやっていたので見たのだが、最後のほうで、敗戦の責任国民になすりつけようとするマスコミがいたということが軽くナレーションで触れられていた。曰く、戦争で大変な時に国民利己主義に徹し云々と。

 今も昔もいるんだなあ、こういう奴、と思った。あと、民主主義にも個人主義にも毒されていない戦前中世代も利己主義に徹していたそうなので、頭の悪いボケ老人がほざいている寝言はやっぱり寝言なんだなあと思った。

2006-10-23

[]媚 08:42 媚 - chanbaraの断片 を含むブックマーク はてなブックマーク - 媚 - chanbaraの断片 媚 - chanbaraの断片 のブックマークコメント

 朝6時半くらいのめざましテレビでやっている四字熟語を使って政局を語るコーナーの媚自民党っぷりがアレなんだけど、あれを「媚自民」って誰も言わないのがすごいな。自称「中立で公正で特定のイデオロギーに毒されていない」人たちは一体何をしているのだろう?

 個人的には早く創価学会にも媚びて権力の犬っぷりをみせてほしい。

2006 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 09 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 |
2013 | 02 | 05 | 08 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 05 | 07 | 09 |
2015 | 02 |