chanbaraの断片 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2006 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 09 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 |
2013 | 02 | 05 | 08 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 05 | 07 | 09 |
2015 | 02 |

2011-06-23

[]機会不均等に無自覚なまま生きていたかったな 23:37 機会不均等に無自覚なまま生きていたかったな - chanbaraの断片 を含むブックマーク はてなブックマーク - 機会不均等に無自覚なまま生きていたかったな - chanbaraの断片 機会不均等に無自覚なまま生きていたかったな - chanbaraの断片 のブックマークコメント

米国では「努力しないと一生マクドナルド店員」は差別でない│NEWSポストセブン

友人が説明してくれた。「どんな仕事を得るかも、年収をいくら稼げるかも、本人の努力の結果、と考える国だからね。『一生涯、ファストフードの店員』なのは本人の責任であって、彼らを見下しても差別とは見なされないのよ。だいたい『職業に貴賤なし』なんて、アメリカじゃ誰も信じてないかも……」。

うーん、確かに、高卒より大卒大卒より大学院卒のほうが年収が高いこの国の現実を「学位偏重社会」と批判する人なんて見たことないもんな~。努力し、自己投資した者が得る当然の結果ってことなんだろう。

 このコラム、登場人物が誰一人として「機会均等」というところに思い至っていない*1ことに驚いたと同時に、ああこの人達は(ある意味幸せな状況にいるのかもな、と思った。

 そしてこの後にアメリカ在住経験のある小林至氏の意見を読むと色々と複雑な気分になる。

ホームページ移転のお知らせ - Yahoo!ジオシティーズ

少なくとも、米国は、むしろ、その人の運命選択肢が、生まれながらに、極めて限られている社会だと感じました。

そういうと、LAドジャース投手ケヴィンブラウン年俸15億円、ウォール・ストリートのトップ・アナリストボーナスが18億円など、桁違いの大金を手にする人を、引き合いに出す方もいらっしゃるしょうが現実には、大多数を占める普通(大体、大学を出た程度)の会社員給料は、2~3万ドルで、何年勤めても、ほとんど上がりません。共働きでようやく、生計が立つ、というのが普通米国人家庭です

続きを読む

*1:見えていないフリをしているのか、あるいは思い至る能力が本当にないのかは不明

2011-06-13

[]自分の主張に子どもを利用して… 22:55 自分の主張に子どもを利用して… - chanbaraの断片 を含むブックマーク はてなブックマーク - 自分の主張に子どもを利用して… - chanbaraの断片 自分の主張に子どもを利用して… - chanbaraの断片 のブックマークコメント

 子どもというか未成年者が何かを言っているのを見たとき、「子どもが主体的に自分意見を言っている」のか、「背後の大人が自分意見子どもに言わせている」のか、その辺の線引きは恣意的にならざるを得ないのかなと。まあ、自分意見に合ったものは「子どもの主体的な意見」で、自分の気にくわない意見は「大人(怪しげな運動家)が子ども自分意見を言わせている!」と認定するのが精神安定上よろしいのだろう。

 選挙住民投票とかで、自分の意に沿った結果になれば「これが民意民主主義だ」。自分の気にくわない結果になれば「おかし活動家が騒ぎ立てた云々」ってのと同じ。

 ちょっと別のことを思い出したんだけど、「子どもに何かを言わせてその言葉を楽しむ」ということをカジュアルにする*1人って結構多いけれど、あれはすげえグロテスクだなと思う。でもそういう意識を持たない人は徹底的にそのグロさに無神経で非常にカジュアルに楽しんでいらっしゃる

*1:例えば「この中で一番○○な人はどの人だと思う?」と子どもに聞いてその回答を肴に楽しむ、とか。私は子どもの頃それに動員されるのがすげえ不愉快だった

2011-06-02

[]○○の時代に××という国はなかった 22:11 ○○の時代に××という国はなかった - chanbaraの断片 を含むブックマーク はてなブックマーク - ○○の時代に××という国はなかった - chanbaraの断片 ○○の時代に××という国はなかった - chanbaraの断片 のブックマークコメント

 「第二次大戦中に中華人民共和国という国はなかったのにあの国は今でも戦争犯罪がとか言ってくる」みたいな物言いを一時期たまに見かけたんだが、その理屈に従うなら「第二次大戦中は日本国という国はありませんでしたが何か?」で終わるんじゃないのか。非常に素朴な疑問として。

 あと、同様にその理屈適用するなら、大戦中の日本に対する非戦闘員を巻き込んだ無差別爆撃とか原爆とか日本兵捕虜虐待について何も言わないのだろうか。

2006 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 09 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 |
2013 | 02 | 05 | 08 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 05 | 07 | 09 |
2015 | 02 |