chanbaraの断片 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2006 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 09 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 |
2013 | 02 | 05 | 08 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 05 | 07 | 09 |
2015 | 02 |

2010-10-10

[][]「社会は変えられない。だから自分努力するしかない」という考えは基本的な認識において誤っています 01:38 「社会は変えられない。だから自分が努力するしかない」という考えは基本的な認識において誤っています - chanbaraの断片 を含むブックマーク はてなブックマーク - 「社会は変えられない。だから自分が努力するしかない」という考えは基本的な認識において誤っています - chanbaraの断片 「社会は変えられない。だから自分が努力するしかない」という考えは基本的な認識において誤っています - chanbaraの断片 のブックマークコメント

http://www.mammo.tv/interview/archives/no272.html

就職できないのは本人の能力がないからだ。努力しないからだ。やる気の問題だと、自己責任論を唱える人がいます。

自己責任論が前提にしているのは、「社会は変えられない。だから自分努力するしかない」という考えです。

これは基本的な認識において誤っています。なぜなら一定割合の人がアンダークラスに振り分けられ、貧困に陥るのは、社会がそういう仕組みになっているからです。

アンダークラスフリーター努力して這い上がり、周囲にその努力を賞賛されたとしても、その人の代わりのアルバイトが調達されてそこに入れられるだけです。構造は変わりません。それは自助努力で解決できる問題ではなく、社会の仕組みがもたらす問題だということを理解しなくてはなりません。

誰しも貧困になりたくないでしょう。だから勉強するなり、職業能力を身につけたいと考えるのは当然で、その努力はすべきです。 

けれども「自分さえ安定した生活を手に入れればいいのだ」とは考えて欲しくありません。

社会運命でも神に与えられたものでもなく、変えることができる」というのが、近代になって経済学政治学社会学などの社会科学が生まれたときの発想の核心でした。貧困の拡大を前にして、「社会は変えられない、自分努力するしかない」などという無力感にとらわれていてはいけません。

 最近は、「あなたが生きづらいのは周りや社会のせいではなくて自分のせい」「世の中に不満があるなら自分を変えろ」的な発言に、言いようのない哀しみを感じるようになっている。

2006 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 09 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 |
2013 | 02 | 05 | 08 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 05 | 07 | 09 |
2015 | 02 |