chanbaraの断片 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2006 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 09 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 |
2013 | 02 | 05 | 08 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 05 | 07 | 09 |
2015 | 02 |

2009-07-17

[]自称中立 23:09 自称中立 - chanbaraの断片 を含むブックマーク はてなブックマーク - 自称中立 - chanbaraの断片 自称中立 - chanbaraの断片 のブックマークコメント

 「私は特定のイデオロギーを持たない中立な人間です」「そんな中立な私から見たらどっちもどっちだと思います」という思考様式は、学校教育の中で培われたものなのかもしれない。

 教員学校内で児童管理を省力化するために「一方的ないじめであっても機械的に喧嘩両成敗という裁定をする」「一方的にいじめた側も一方的にいじめられた側もどっちも悪い」という理屈*1を使うんだけど、児童の側はそれをマジメに受け取って、その理屈をきちんと無意識レベルにおいてまで身につけた結果が冒頭の思考様式につながっているとすれば、戦後教育というものはなかなか優秀だし効果をあげ続けているなと思う。

 だってこういう理屈無意識レベルに身につけた人間がその口で戦後教育批判までしちゃうことだってあるんだから。

関連:

http://fragments.g.hatena.ne.jp/chanbara/20090406/1239027385

*1:「理屈」ですらないじゃん、なんて言ってはいけません!教員は忙しいのです!教員にとって面倒な問題が起こらないことが一番大事なことなんです!

2006 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 09 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 |
2013 | 02 | 05 | 08 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 05 | 07 | 09 |
2015 | 02 |