chanbaraの断片 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2006 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 09 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 |
2013 | 02 | 05 | 08 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 05 | 07 | 09 |
2015 | 02 |

2009-07-17

[]自称中立 23:09 自称中立 - chanbaraの断片 を含むブックマーク はてなブックマーク - 自称中立 - chanbaraの断片 自称中立 - chanbaraの断片 のブックマークコメント

 「私は特定のイデオロギーを持たない中立な人間です」「そんな中立な私から見たらどっちもどっちだと思います」という思考様式は、学校教育の中で培われたものなのかもしれない。

 教員学校内で児童管理を省力化するために「一方的ないじめであっても機械的に喧嘩両成敗という裁定をする」「一方的にいじめた側も一方的にいじめられた側もどっちも悪い」という理屈*1を使うんだけど、児童の側はそれをマジメに受け取って、その理屈をきちんと無意識レベルにおいてまで身につけた結果が冒頭の思考様式につながっているとすれば、戦後教育というものはなかなか優秀だし効果をあげ続けているなと思う。

 だってこういう理屈無意識レベルに身につけた人間がその口で戦後教育批判までしちゃうことだってあるんだから。

関連:

http://fragments.g.hatena.ne.jp/chanbara/20090406/1239027385

*1:「理屈」ですらないじゃん、なんて言ってはいけません!教員は忙しいのです!教員にとって面倒な問題が起こらないことが一番大事なことなんです!

2009-07-11

[]TVを見ないと情報弱者になるという例 11:37 TVを見ないと情報弱者になるという例 - chanbaraの断片 を含むブックマーク はてなブックマーク - TVを見ないと情報弱者になるという例 - chanbaraの断片 TVを見ないと情報弱者になるという例 - chanbaraの断片 のブックマークコメント

 波田陽区とか世界のナベアツとか、そういう芸能人がいるらしいとかこんな持ちネタがあるらしいとかそういうことはネットで何人もの人が繰り返し書いていて、私もそういう記述は目にするので文字情報としては知っているし、写真もどっかで2~3回は目にしたことはあるんだけど、TV等で彼らが動いているのを見たことがなく、当然ネタをやっている動画も見たことがない。

 小島よしおもそうなんだけど、彼の場合はたまたまついていたTVをどっかで目にしたときに(おそらく盆だか年末だかに帰省した時)ネタをやっているのを見たことはある。

 なんでこんなことを書いているのかというと、今まで読んだことのない人のブログを面白そうだなと思ったときは時間が許せば過去ログをまとめ読みするんだが、それをする度に上記のようなことを思い浮かべるからだ。

2009-07-09

[]特権コピペ 22:07 特権コピペ - chanbaraの断片 を含むブックマーク はてなブックマーク - 特権コピペ - chanbaraの断片 特権コピペ - chanbaraの断片 のブックマークコメント

 例えば、子持ち既婚者*1が受けることのできる手当とか行政サービスを集めてそこに演出(笑)を加えて「在日特権コピペ」みたいに仕上げて、対象と場所をちゃんと選定して煽ればバカが噴き上がりそうだな。

 なんてことを思った。

*1:別に属性は何でもいいけど

2009-07-05

[]「上から目線」「日本が好きなだけ」等のワンフレーズで勝った気になる人たち 12:57 「上から目線」「日本が好きなだけ」等のワンフレーズで勝った気になる人たち - chanbaraの断片 を含むブックマーク はてなブックマーク - 「上から目線」「日本が好きなだけ」等のワンフレーズで勝った気になる人たち - chanbaraの断片 「上から目線」「日本が好きなだけ」等のワンフレーズで勝った気になる人たち - chanbaraの断片 のブックマークコメント

http://ttchopper.blog.ocn.ne.jp/leviathan/2006/03/2_5534.html

 自説に対する批判や反論が出たときに、その中身には答えずにひたすら「日本のためにやっている」などの言葉を連呼して印象操作を行うって手法があるけれど、あれ結構有効というかそれで操作されちゃう人って意外に多いみたいね。

 デマを基にヘイトスピーチやって、最後にとってつけたように「日本が好き」という言葉を続けて、それで効果的に印象操作がなされてしまう、というのにも似たような構造が見える。

 で、こういうことをやっている人ってのは、気にくわないヤツの悪口を言いたいとか罵倒したいとかそういう欲求がまずあって、そのためのテクニックとしてこういう手法を使っているんだと私は思っている。でも実は、こういう理屈にすらなってない物言いを当人は本気の善意で信じ切っていて、その上で100%本気でこういう発言をしている人ってのも、もしかしたらかなりの数いるんじゃなかろうか。ただ自分の思ったことを反射的に言い捨てることだけが目的ならそういう行動をするのも理解できるんだけれど、そうではない場合でも「なぜ自分はそう思ったのか」という説明をすっとばしてただワンフレーズを投げつける、それで自分は何かを言ったつもりになっている、って感じで。

 支離滅裂な、理屈にすらなっていない、あるいは根拠の無いデマを基にした罵倒を投げつけた後に、ただ機械的に「日本のためにやっている」「日本が好きなだけ」という言葉をくっつける。それだけでかなり効果的に相手を悪く印象づけることができるみたいですよ。『この罵倒の文脈で「日本のためにやっている」「日本が好きなだけ」という言葉をくっつけるのは妥当かどうか』なんてことすら考えなくてもいいの。

 例えばこんな感じ↓

Perfumeって堀江由衣バニラソルトの二番煎じだろパクり乙w私は日本が好きなだけで日本のために言っているだけですよ」

 それに関連して、「上から目線」という言葉もそういった言葉の一種*1なのかな、なんてことを最近よく思う。

 自分が優位に立ったような気分に浸れる、気にくわないヤツの印象を悪くすることができる、などなど、ものすごく便利な言葉だなと思う。コスト*2パフォーマンスとしては最高の部類に入るんじゃなかろうか。

 他人の発言に対して「上から目線」という言葉を使う際に、なにをもって自分は他人の発言を「上から目線」だと思ったのか、ということを説明しなくても済んでしまう場合が多い*3。それぐらい適用範囲が広い万能ワードだと思う。なんか気にくわないことを言っているのがいるけど自分の考えを言語化できない!って時にはもってこいの言葉

「特定のイデオロギーに偏っている」「極端ですね」「空気読め」「日本が好きなだけ」「私は日本人として当たり前のことを言っている」などの言葉と比べてどうだろう。

 あと、他者に対して「上から目線」な場所に立ちたい、という欲求を実現するためのツールとして「上から目線」という言葉が使われているのをしばしば目にする。とても興味深い現象だ。別のところで「卑屈を装った傲慢」という言葉を見たが、それの一種と言うこともできるだろうか。

関連:

http://www.cp.cmc.osaka-u.ac.jp/~kikuchi/weblog/index.php?UID=1250314323

*1:しかもかなり強力な

*2自分の頭で考えること、言葉を発すること、言葉を発したことにより自分が負担するリスク、など

*3文革的な吊し上げに使うにはとても便利な言葉じゃなかろうか、と書いていて思った。決めつけにはもってこいの言葉

2006 | 10 | 11 | 12 |
2007 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2008 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2009 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2010 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 | 09 | 10 | 11 | 12 |
2011 | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 09 | 11 | 12 |
2012 | 01 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 |
2013 | 02 | 05 | 08 | 11 | 12 |
2014 | 01 | 02 | 05 | 07 | 09 |
2015 | 02 |